a0181553_20272031.jpg


優しくあったかい気持ちになりそうなOPに仕上がりました(*´艸`*)


ご訪問ありがとうございます。


フレンチリネンツイル・オールドローズで、上前身頃の緩いフリフリが大人可愛いワンピースをつくりました。
少し前にご紹介した ↓ブラックブラウンのOP↓ のお色違いです。
これ↑ね。
新機能らしいので、試してみました(笑)どうかしら。

この生地、お色の展開も豊富です。
オールドローズはまさに 「オトナのピンク」。
しっかりピンクなのだけれども、少しシックに傾いていて深く渋いのね。
可愛らしくなり過ぎず、ほどよくエレガントで上品なお色味だと思います。

a0181553_20272070.jpg


こんな感じに仕上がりました。

a0181553_20284629.jpg

ローウエスト切替のノースリーブワンピ。
ご依頼のお品です。
上前身頃にバイアス裁ち切りのゆるフリルを5本、縦にあしらっております。
ギャザーを寄せてる最中は不安になるくらいフリフリしていない状態なのだけれども、
お洗濯するとフリフリ・アゲインするのです。カワイイなぁ、フリル。

a0181553_20272059.jpg

衿ぐり・袖ぐりは共布のバイアスで包んでおります。

a0181553_20272097.jpg

ウエストより下がった位置に上下身頃の切替がございます。
下スカートにはギャザーを寄せて。

a0181553_20272034.jpg

少し前にお送りしましたが、お気に召していただけたご様子を伺い、とても嬉しかったです。
優しく女性らしい、エレガントな大人ピンク、とてもお似合いになると思います。
たくさんお楽しみいただけましたら幸いです。
このたびのご用命、ありがとうございました。


↓Facebook、はじめました♪どうぞよろしくお願いします。



きょうも最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。

お帰りの前に・・・
こちら↓も click! していただけたら、とてもうれしいです。いつもありがとうございます☆

にほんブログ村
(別ウインドウで開きます)



[PR]
# by mimi_bonheur | 2016-09-30 20:52 |  ├ ワンピースとチュニック

a0181553_22010619.jpg

正統派クレリック仕様です。
とっても爽やか(*´艸`*)


ご訪問ありがとうございます。


サックスブルー×オフホワイトのシンプルなロンドンストライプが素敵な、ポリウレタン混紡のコットン地。
衿と袖口を白無地のポプリンで切り替えて、クレリックシャツにいたしました。
身頃はストレッチ性があり、動きに合わせて少し伸びますので、着心地も◎。
衿とカフスの白が際立つ、可愛らしいシャツに仕上がりました。

a0181553_22010091.jpg

ご依頼のお品です。
リバティでお仕立てすることが圧倒的に多いこのシャツ。
クレリック仕様は今回お初でございました。
なので、おつくりする仕様をお話していく段階で、もうウキウキ。
この生地に白衿、ぜったい、カワイイ♪ ってね。

a0181553_22010023.jpg

お衿が丸いと全体にソフトで女性らしい印象に仕上がりますね。
袖口のカフスも。

a0181553_22010039.jpg

ストライプのピッチは3mmくらい。
シャツ地のロンドンストライプとしては一般的な幅です。
裾は両脇に向かって緩やかな上向きカーブを描くシャツテイル。
裾を出してもサマになります。
セーターのヘムからちらりとシャツテイルが覗くのも、かわいらしいですよね。


おひとりおひとりのご希望に合わせて、
可能な範囲内にはなりますが着丈・袖丈などを1着ごとに調整してお仕立てするハンドメイドのシャツ。
なので、お好みの丈感でバランス良くお召しになっていただけます。
シンプルでベーシックなアイテムだからこそ、身体に合ったものを。
ジャストサイズのものをお召しになっていただくだけで着痩せして見えますし、サマになるのですよ。


釦は正統派の四つ穴シェルにいたしました。

a0181553_22010027.jpg



少し前にお送りしましたが、お気に召していただけたご様子を伺い、とても嬉しかったです。
長く楽しみにお待ちくださいましたこと、心より感謝いたしております。
これまでと一味違う、爽やかで可愛らしい1着、たくさんお楽しみいただけましたら嬉しいです。
このたびのご用命、ありがとうございました。



↓Facebook、はじめました♪どうぞよろしくお願いします。




きょうも最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。

お帰りの前に・・・
こちら↓も click! していただけたら、とてもうれしいです。いつもありがとうございます☆

にほんブログ村
(別ウインドウで開きます)



[PR]
# by mimi_bonheur | 2016-09-26 22:34 |  ├ トップス

a0181553_01503996.jpg


ご訪問ありがとうございます。


お気に入りのカフェで開催されている、フランス菓子のお教室。
以前 「木の実のタルト」 を習ってから 「私にもつくれるんだ~わ~い♪」 的な感動が忘れられなくて、
好きなお菓子のレッスンがあるときは参加してみようと思っていたのです。

美味しいお菓子をつくれる女性への憧れ。
のんびり屋で面倒臭がりという、女子として 「どうなの?」 的なところを、
お菓子を無心につくることで、少しでも変えられるんじゃないかな、という、半ば実験的な試みです。
先日 「面倒だな」 を断捨離しました ので、もう 「面倒さん」 はさようならしています。
あとは材料と道具と時間が揃えばいいわけで。

そんなわけでね。
参加してまいりました。


この無花果のタルト、本当に美味しいのです。
芳醇な香りの無花果とヘーゼルナッツクリームのしっかりとした素朴な風味がお口の中でマリアージュすると、
本当にふわりと幸せが舞い降りて、頭の中がハッピーで満たされるの。
シナモンのシュトロイゼル(赤い無花果の横の、ぼこぼこしたそぼろみたいな彼ら)は、
その芳醇なワインの香りと風味にモードな印象のアクセントを加えてくれる感じで、
あぁ~大人で良かったなぁ~って思っちゃう。

a0181553_01503905.jpg

先生がデモンストレーションで焼いてくださったもの。レッスンの途中でいただきました。
焼き上がりからあまり時間が経っていなかったので、まだあったかい。
これまで(当たり前なのだけれども)冷めたものしか食べたことなかったから、その柔らかい美味しさに感動しました。
えー焼き上がりって、こんなに美味しいのー⁉ って。
考えてみれば、カヌレだってそう。焼きたてはこの上なく美味しいですしね。
冷めた状態でも、ワインの芳醇かつ深くこっくりした風味が際立つ大人のお味で、充分美味しいのだけれども、
焼きたてはまた格別でした。


で、肝心のレッスン。
サブレ生地の器の中にヘーゼルナッツクリームを絞り入れて、
無花果の赤ワイン煮と、シナモン風味のシュトロイゼルを乗せて、焼く。
(と、綴りながら舌を噛みそうになる。笑)

平たく言ってしまえばそんな流れなのですけれども、これがね。
いえ、ほんとにね。
難しいのです。
手捌きとかタイミングとか速さとか見極めとか、そういったテクニカルな部分がやっぱり不慣れなので、
今回も、失敗はするわ、進めるの遅いわ、どの粉がどれだか分からなくなるわ・・・ って感じだったのだけれども、
それでもなんとか、美味しそうに焼きあがりました♪

a0181553_01503965.jpg


限られた無花果のシーズンしか食べられず、
カフェのショーケースに並んでいたら超ラッキーみたいなお菓子。
その、無花果のタルトよ。
これ、私がつくったのよ。
私にもつくれたのよ。
信じられないけど、お手製なのよ。やっほー♪
サブレ生地で大胆な失敗をしでかしてしまっていただけに、
少なくとも見た目にはさほど影響を感じられない焼き上がりに大興奮してしまいました。


このタルトはこのあと、ワイン煮の無花果を1個のせて、トップの写真の状態に。
ホールのまま持ち帰って、おうちで美味しくいただきました♪
もう無花果は入手が難しい時期だけど、見付けられたら、シーズン中にもう1回つくろ♪


親切に優しくご指導くださった先生と、
今回もいっぱい優しくフォローしてくださったお仲間サンたちに、心から感謝です。
お陰さまで、美味しいケーキになりました♪
ありがとうございました。


↓Facebook、はじめました♪どうぞよろしくお願いします。



きょうも最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。

お帰りの前に・・・
こちら↓も click! していただけたら、とてもうれしいです。いつもありがとうございます☆

にほんブログ村
(別ウインドウで開きます)



[PR]
# by mimi_bonheur | 2016-09-24 21:56 | そのほかのこと

a0181553_20544115.jpg


ご訪問ありがとうございます。


ベージュとグレーを合わせて、ぐっと薄くしたようなお色目の綿麻スラブ・ナチュラルビンテージで、
ナンシーちゃんを仕立てました。

a0181553_21051392.jpg

スラブ糸で織られた綾織の綿麻生地です。
糸そのものに細い部分と太い部分があり、織り上げたときにその太い部分が筋となって現れることで
生地に表情が生まれております。
ナチュラルな印象もありつつ、アイロンをあてると程よく綺麗なハリ感と織目の素朴な美しさが際立って
気取り過ぎない、ちょっぴり抜け感も漂う大人女性のきれい目ワードローブにちょうど良い塩梅になるのです。
洗いざらしの状態だと、ナチュラルな皺が程よく入ってヴィンテージっぽいお洒落な雰囲気に。
ガウチョ系パンツなどを仕立てても、素敵なのですよ。


a0181553_20543284.jpg

肩まで届くような大きな衿が大人可愛いショート丈ジャケット。
ご依頼のお品です。
お首から少し離れた位置で立ち上がるように囲む形状のお衿は、
少し個性的でもあり、印象的でもあり。
クラシカルな雰囲気も醸し出してくれます。

a0181553_20543342.jpg

肩が落ちたような着用感のドロップショルダースリーブです。
肩~脇周りにゆとりがございますため、動きをさまたげづらく、楽な着心地です。

a0181553_20543352.jpg

袖口は伸ばしても、お好みの丈に折り返しても◎
最大で8cmくらいまで折り返して調整していただけます。

a0181553_20543269.jpg

釦はつるんとした表面の、こげ茶系マーブルにしました。
けっこうお気に入りの、この釦。
前回使ったあとに 「買い足さなくちゃ」 って思っていたのをすっかり忘れていて、
慌てて不足分を準備しました。
こういう 「うっかり」 もね、『面倒の断捨離』 で改善していきたいなと思う。

a0181553_20543380.jpg

この↗の写真だと、生地表面のスラブなヴィンテージ感が分かりやすいですね。
単色の無地ですが表情があり、退屈な印象にならないです。


ジャケットなど、外出時の着脱の機会が多いアイテムは、
裏側の縫い代はいつもバイアスで包んで端処理いたしております。
今回もね。

a0181553_20543228.jpg

バイアスのお色、グレー系にするか、ブラウン系にするか迷ったのだけれども、
釦がこげ茶なので、ブラウン系に統一することに。
優しいモカ色のバイアスをつかいました。

a0181553_20544156.jpg




少し前にお送りしましたが、お気に召していただけたご様子を伺い、とても嬉しかったです。
季節を問わずお召しになっていただける、合わせやすく洗練された雰囲気の1着に仕上がったと思います。
たくさんお楽しみいただけましたら幸いです。
このたびのご用命、ありがとうございました。



このあと、少し投稿予定です☆

↓Facebook、はじめました♪どうぞよろしくお願いします。



きょうも最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。


お帰りの前に・・・
こちら↓も click! していただけたら、とてもうれしいです。いつもありがとうございます☆

にほんブログ村
(別ウインドウで開きます)



[PR]
# by mimi_bonheur | 2016-09-22 21:50 |  ├ ジャケットとコート

a0181553_23245407.jpg

ご訪問ありがとうございます。


妙にバタバタしてしまった、9月・第2週。
少し前の話です。
要領の悪さとか非効率さとか、いろいろ猛省すべき点がいっぱいで。
で、アタマをリセットしたくて、お気に入りのカフェに行きました。
この日はマスターがいらっしゃったので、久々にマスターの淹れてくださるコーヒーを戴くことに。
焼きたてカヌレをお供にね。


私はグルメじゃないし、スイーツに詳しくもないし、
もともと「美味しいもの食べ歩き」とか、どちらかというと苦手です。
それは自分が方向音痴だったり、覚えてもすぐ忘れやすいタチだったり、みたいなこともあるのだけれども、
「あ、これは美味しい♪」 って思って、自分の中で満足しちゃったら、それ以上を探そうとはあまり思わなくなっちゃう。

そんな、スイーツ・カフェ系にわりと淡白な性分なのだけれども、
いつものカヌレとマスターのコーヒーは、丁寧さをしっかり感じられる美味しさ。
なんだか安心するのです。
ジャンルは違えども、つくり手として、丁寧さと、そこにかかる時間の経過を感じるとき。

当たり前のことを当たり前にしっかりきっちり抜かりなく、丁寧に行うってことが
日々のおはりごとでもっとも重要、と思っています。
それは 「妥協を許さない」 とか 「プライド」 とかいった堅苦しいものではなくて、
満足いく仕上がりにしたいというただそれだけの、純粋な思い。
ほんと、それだけです。
こだわりの云々とか、プレミアムな云々とか、あまりそんなこと、考えたことないし、
考える必要もないのかな、と。
自分が好きで、いいなと思えて、あーこれ私も欲しい~♪と嬉しくなっちゃう、
そんなシンプルな感情の繰り返しのひとつひとつを、笑顔で進められればいい。


アタマをリセットして、おはりごとの記録をまとめて、
「よしっ」 って、切り変えて。
せいぜい小一時間のことですが、自宅で息抜きをするよりもずっと、効率よくリフレッシュできます。


で、先週1週間は、比較的順調に物事を進められたように思うのだけれども、
先日の満月の夜に振り返ってみて、やっぱり、いくつか整理しなくちゃって思うモノ、コトがあることを再認識し、
「やろう」 って、決めました。
正確に言ってしまえば 「やらなきゃいけないって薄々思ってたけど 『今は面倒だし時間も気持ちも余裕ないし』 と
後回しにし続けてきたこと、なのだけれども。
そんな 「『面倒だし』『急がないし』って思う気持ち」 そのものも、断捨離することにしました。
面倒だと感じた時点で 「なぜそう思うの?」 と自問して、結果、単純に今怠けたいだけの理由だったら
即行動に移すことに。
たとえ縫い縫いの最中であっても、理由を付けずに 「思ったときに動く」。
今はそんな気分じゃなくても 「とりあえずお水を飲んで、立つ」 。

満月の夜から実行しています。
まずは生地と型紙の整理。これらは前々から思っていたことだったから、さほどためらいもなく即完了。
なんだ、面倒がっていたけど、やり始めたらすぐじゃん。改めて反省です。
「お昼ご飯、面倒だから適当に」 をやめて、常備菜を3種、器に盛って。
ふと目についた「アイロン2枚・・・あとでいっか」 を、すぐにアイロンがけ。
洗濯物、畳んでいる途中に 「あ、マスカラ買うの忘れてた、ついでにウォーキング行こうと思ってたんだった」と思い出し、
途中でしたがそのまま着替えて出かけて(笑)
これらが効率的なのか非効率的なのか、分からないけれど、
結果的に 「後回し」 にされていたであろう時間は空くわけだし、現実に、自室はいつも生地を広げられる状態に片付いてる。
所定の場所に、あるべきものがある。
(なんて言うと、一体いままでどんなかったん?って感じですが・・・笑)
ちょっとした行動の改善で、次の作業がスムーズに始められたり、やる気スイッチが入りやすくなったりするものなんだな~って
少しずつ、感じ始めています。
「面倒だからあとで」 と考えること自体が非効率の根源となっていることは認識できているので、
とりあえず、その根源を断ち切ることが大事、と思って、今は引き続き実行するのみです。
続けてみて 「なんか違うな」 と思うなら、またその時に顧みて、軌道修正するなり新たな行動に出るなりすればいい。

月齢をちょっぴり意識するようになってから、そんな小さな葛藤や変化が生まれて、
丁寧に過ごそうと思えるようになりました。
もともとのんびり屋だし、飽きっぽく大雑把な性格なのですが、それでも良いサイクルで自省・自戒・決心ができていて
悪くないな、と思います。


十五夜の翌日の満月、綺麗でした。
雲が絶えず流れていて、月の表情や光の広がりがどの瞬間も違っていて、飽きることがなかった。
眺めていたら、30分くらいずーっと窓開けたまま、過ぎていました。

a0181553_23245458.jpg



↓Facebook、はじめました♪どうぞよろしくお願いします。



きょうも最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。

お帰りの前に・・・
こちら↓も click! していただけたら、とてもうれしいです。いつもありがとうございます☆

にほんブログ村
(別ウインドウで開きます)



[PR]
# by mimi_bonheur | 2016-09-21 23:46 | そのほかのこと