a0181553_18343968.jpg


ご訪問ありがとうございます。


星条旗の揺れる国から、お隣の国へ、滝を見に行きました。
オフシーズンといえども、モノトーンが魅せる偉大な自然の造形は圧巻。
シロとクロの世界でしか見えない厳しさとか、繊細さとか、豊かさとか、美しさとか、そういうものをひしひしと感じました。

a0181553_18343989.jpg

陸路で国境を超えるのは初めての経験でした。
行きと帰りで異なる道を通りましたが、帰りの橋には思わず 「おぉ~‼」。
吊橋は見慣れているはずなのですけれども、なんだかカッコよかったです。

a0181553_18344063.jpg


少し前に、長旅より戻ってまいりました。
この上なく贅沢な時間を過ごし、いろんなモノ、コトを感じ、吸収した1か月間でした。

贅沢というのは、なにもリッチな生活をしていたということではなく、
ただ気の向くまま音楽を、聴きたいだけ聴き(いえほんと、物凄い量!)、景色や花や鳥を愛で、
時にはほんのちょっぴり冒険もしつつ、
自分一人ならこんな食事が理想、というようなものを毎日つくったり、
滞在先のおうちのあちこちを気の向くまま満足いくまでお掃除して回ったり、
洗濯やアイロンをこの上なく丁寧にしたり、といった、
本当にごく日常の、どこででも実現できそうな、それでいて私の理想でもある 「おうち時間」 を徹底的に愛でるという生活。
行って心底解ったのは、やっぱり私、こういうのが好きなんだな、ってこと。
こういうのがすべてというわけじゃないにしても、
生活のベースに、おうち時間を味わい愛でるという行為を置いておきたい。
そんな毎日に自分が着たいと思う服、
特別じゃない、けれども小さなキラキラでいっぱいの日常を心ゆくまで愛で、心底満たされるような服を作りたい。
それはなにも 「ゆったりしている」 とか 「着回しがきく」 というテイストである必要はなく、
ただそこにさりげない自分らしさがあって、
それ以上でもそれ以下でもなく、
主張もしないけど着ていてつい鏡を見たくなる、笑ってみたくなる、
お友達を午後のおやつの時間にちょびっと誘いたくなる、そんな感じ。
だから、日常着といえども、きちんとした大人女性らしい印象は保ちたいし、
なにも迷うことなんてなくて、それでいいんだ、って思いました。

まだ戻ってきたばかりで、しかも、帰国後数日滞在した東京もなかなか刺激的で、
頭の中の整理がつかない状態ですが、
それでも、少しずつ、この1か月間を思い返し、咀嚼し、整理し、
今すべきことに忠実に集中して、日々の小さな、幸せや、喜びや、豊かさや愛を感じ切るのみです。
長いお休みを、本当にありがとうございました。
心から深く、感謝申し上げます。

きのうまでに頂戴したメッセージは、4月お仕立てご依頼のお客さまへの一部ご返信を除き、
本日朝までにすべてお返事をお送りいたしました。
もし 「届いていない」 方がいらっしゃいましたら、お手数をおかけし恐縮ですが
再度 message form よりご連絡くださいましたら幸いです。

4月お仕立てにてご依頼をいただいておりますみなさま、
サンプルのご準備が整った順に発送させていただいております。
今月中にはすべて完了する予定です。恐れ入りますが少しお時間くださいませ。
なお、4月のご依頼品には、ささやかな 「お土産」 を同梱させていただく予定でございます♪
そんなに大したモノじゃないので期待はしないでくださいね、でも、ちょこっと留めるのにカワイイと思うのですよ(*´艸`*)


↓Facebookも更新中♪よろしくお願いいたします。



きょうも最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。


お帰りの前に・・・
こちら↓も click! していただけたら、とてもうれしいです。いつもありがとうございます☆

にほんブログ村
(別ウインドウで開きます)



[PR]
# by mimi_bonheur | 2017-03-28 19:34 | mimiのこと




a0181553_06553237.jpg


ご訪問ありがとうございます。


楽で涼しいノースリーブで、身体のラインを拾わないストンとしたシルエット。
だけれどもナチュラル一辺倒というのではなく、
控えめなスタイリッシュさとかモード感みたいなのはどうしても持たせたくて。
そんなノースリのOPが欲しい、と思いつつ、引いたパターンです。

パターン上寸法はゆとりがあるのですけれども、着用すると 「すっきり "I" シルエット」 に落ち着きます。


a0181553_07031171.jpg

ご依頼のお品です。
ノースリーブの上身頃にベルト切替+タックスカートがついた、着丈長めのワンピースです。
今回はね、やはり、何と言っても生地♪

a0181553_06553387.jpg

写真で正確にご紹介できないのがほんと、もどかしい。
一般的なダンガリーは経糸に白、緯糸に色糸がつかわれているのだけれども、
このダンガリーは経糸に黒がつかわれていて。
なのでね。
コットンのダンガリーでありながら、
アオとクロの微妙な陰影が光や生地表面の歪みの加減で現れて、何とも言えない表情を見せてくれるのです。
シロがクロに変わるだけで、こんなに生地の印象が変わるなんてね。
カッコよくてお洒落な雰囲気のある、素敵な生地です。

今回のご依頼主さま。
以前「十年一着」 の思いをお話しくださいましてね。
頑なに10年着るぞ!みたいなストイックな感じではなく、
その気持ちを柔らかく抱きつつ自然体で服を選び、着て、手入れをするという、
純粋に愛着を持って服とご自身を愛でる印象がその言葉に重なり合って 「素敵だなぁ」って、思ったものです。
このドゥーブルに袖を通され、
「また私の十年一着が増え」たとのご感想をいただいて、
そのことを思い出し、とても嬉しく感じました。


自分の服はね、空き時間で、急ぎ足でつくったりすることがとても多いのだけれども、
それでも 「これ、気に入らない」 という仕上がりになることって、ここ2年くらいほんと、ないのです。
きっと長く長く自分の中で本当に欲しい色味とか素材とか、これでもかというくらいいっぱい想像して、
完成後来ている自分とか、メンテナンスをどう感じるかとか、
つくりたいけど、つくったとして私、それ、愛着持って着続ける? という視点で見続けているからなのだと思います。
自分の服は気持ちが入ってるとか縫製がどうとかということはあまり関係なくて、
あくまで「デザインと着心地と見え方」のみで善し悪しを感じるという非常にシンプルな客観的判断ができます。
なかなか、身内でもね、完全にドライに冷静に 「ハンドメイド服を精査する」 なんてできないから、
これ、けっこう重要だなと思うのです。自分が一番、気遣いなしで正直に感じてくれますから。
シビアすぎて萎えそうになることもありますが…笑。



a0181553_06553399.jpg


フロント側・上身頃です。
首周りのあき具合は、私がつくるものの中では狭めです。
この辺はこちらの方がわかりやすいかも。別生地仕立てですが、ボディ着用です。
前釦あきの仕様です。
比翼仕立てに似た感じの、釦が隠れる前立てがポイントです。

a0181553_06553338.jpg

釦は黒系のシェルにしました。
第1釦をあけて、キラリと釦を覗かせるのも◎。
軽快でこなれた雰囲気が出ます。


a0181553_06553333.jpg

ウエスト位置に下スカートとの切替がございます。
ベルト部分は締め付けなどなく、ストレートにストンと繋がるイメージです。

a0181553_06553261.jpg

スカートにはタックを寄せております。


a0181553_06553378.jpg

バックスタイルです。


a0181553_06553236.jpg

少し前にお送りしましたが、お気に召していただけたご様子を伺ってとても嬉しかったです。
今回の1着も、たくさんお楽しみいただけましたら幸いです。
このたびのご用命、ありがとうございました。


↓Facebookも更新中♪よろしくお願いいたします。



きょうも最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。


お帰りの前に・・・
こちら↓も click! していただけたら、とてもうれしいです。いつもありがとうございます☆

にほんブログ村
(別ウインドウで開きます)



[PR]
# by mimi_bonheur | 2017-03-14 01:00 |  ├ ワンピースとチュニック


a0181553_06120497.jpg



ご訪問ありがとうございます。



リバティ・2016SSのポーターズ・キルトで、アメリをお仕立てしました。
春夏の太陽のきらめきのようで、その光の協奏に吸い込まれるように虜になってしまったこの柄。
以前、こちらのスカートもお仕立てしました。
縫っていてもね、目の前のキラキラが囁きかけてくれているようで、なんだか楽しいのです。

a0181553_06120486.jpg



ポーターズ・キルトのアメリ。こんな仕上がりになりました。 

a0181553_06120343.jpg

肩先をちょこっと隠す程度の小さなフレンチスリーブの、ミモレ丈ワンピースです。
ご希望により、ウエスト布にモスグリン系無地のコットンサテンを合わせております。

a0181553_06120361.jpg


瞬く黄色を優しく引き締めるようなイメージというのかしら。
あまり単純なコントラストじゃないだけに迷いましたが、バランス良く纏まったのではと思います。


フロント側・上身頃。

a0181553_06120500.jpg


ほんの少し横に広いラウンドネック。
お首やデコルテを綺麗に見せてくれるあき具合です。
お袖は裁ち出しのちっちゃなフレンチスリーブ、というか、ほぼノースリーブなのですけれども、
肩先が隠れるか隠れないか。
このあたり、大人女子には重要だなぁと思うのです。


a0181553_06120369.jpg


多分この先、こういう 「ちょこっとフレンチ」系は増えていきます。
何より、私が着ていて安心ですもの(笑)


ウエストベルトには幅広のゴムを緩く通しています。
締め付けすぎず、身体から少し浮くくらいの緩さなので、ほんのりシェイプした女性らしいラインを
無理なく引き出してくれます。

ベルト下のスカートはタックを寄せた軽いフレアラインです。

a0181553_06120429.jpg


バックスタイルです。

a0181553_06120424.jpg


衿ぐりにループ留めの釦あきがございます。

a0181553_06120485.jpg


少し前にお送りしましたが、お気に召していただけたご様子を伺い、とても嬉しかったです。
新たなチャレンジの1着とのことで、
ウエスト布の切替のご希望など細部までイメージする仕様をお伝えくださり、
一緒におつくりできる楽しさはもちろん、
まだ見ぬものへのワクワク感、想像力など、気持ちのよい緊張感と高揚感を楽しませていただきました。
ご家族揃ってのお出かけなど、キラキラなひとときのお供に、一緒にお楽しみいただけましたら幸いです。
このたびのご用命、ありがとうございました。



↓Facebookも更新中♪よろしくお願いいたします。



きょうも最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。


お帰りの前に・・・
こちら↓も click! していただけたら、とてもうれしいです。いつもありがとうございます☆

にほんブログ村
(別ウインドウで開きます)



[PR]
# by mimi_bonheur | 2017-03-11 07:40 |  ├ ワンピースとチュニック

ワイドパンツ black


a0181553_03514826.jpg


ご訪問ありがとうございます。



出発前に自分の服を縫おうと、生地も準備していたし、
縫いたいアイテムだって決まっていたし、
時間がない! というわけでも決してなかったのだけれども、なぜだかね。
ちっとも気持ちが乗らなくて進まなくって。

で、結局この 「楽ちんパンツ」だけでもと、つくって連れてきたというわけです。


何度かご紹介している「ワイドパンツ」です。
こんなのとか。
ポケット付きも。
素材や丈により、さまざまな表情を見せてくれるシンプルなパンツです。
片足の裾周りが1m近くあるのですけれども、ウエスト周りのタック処理により、
そのことを感じさせないくらいすっきりとお召しになっていただけます。

今回の私の1着は、デフォルト(股下60cm)+3cm、ウエストゴムは幅広にし、少し緩めにしました。
腰履きになるような感じというのかしら。
ベルト上端がジャストウエストよりちょっぴり下になるくらいで履くと、床から13cmくらい上になります。


a0181553_03514912.jpg

シャツをインして着用したいと前からちょっぴり思っておりましたので、思いつきで太幅に。

a0181553_03514969.jpg


ちなみに、シャツは何年か前につくったお気に入りのマック・エヴォイです。
衿の裁断が上下逆で、じょうろ逆さまの水浸し状態だし、
ヘビロテしているので色もやや褪せてる気がするし…なのだけれども、これが一番お気に入りなのです。
こちらはデフォルト通りです。
ご参考までに…着丈63.5cm、胸囲97cm、肩幅40.5cm、袖丈63.5cmです。

パンツの生地は、以前 妹のフレアパンツ  をつくったのと同じ、ウール混のストレッチリネン。
洗いざらしの表情もまたリュクスなこなれ感満載の、素敵な生地です。
生地そのものにさりげない味わいがあるので、カタチはシンプルで充分なのです。


a0181553_03514880.jpg


で、これじゃあさすがに寒いので、きょうはこの上にVネックのセーターを着ることに。

a0181553_03514926.jpg

なんの変哲もなさすぎてスミマセン。
でもね、こういう、奇を衒うわけでもないフツーにオーソドックスな感じが、なんだか落ち着くのです。
袖口も、寒くても折り返して軽快な感じに。

a0181553_03514987.jpg

手首が出ていると、PC作業もですが、何かと邪魔にならないですしね。

身長168cm、普段はLサイズを着用しております。
ちなみにセーターはユニクロさんのファインメリノのVネック・Mサイズ。
薄手のVネックのウールで、ちょっぴりタイトで、でも着丈も袖丈もきっちりあって…という条件で
探していた中の久々のヒットでした。インにこのシャツを着るのにちょうどよい、ネックのあき具合です。
しかも超お手頃。じゃぶじゃぶ洗えて普段使いにはこの上なく。素晴らしい。



↓Facebookも更新中♪よろしくお願いいたします。



きょうも最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。


お帰りの前に・・・
こちら↓も click! していただけたら、とてもうれしいです。いつもありがとうございます☆

にほんブログ村
(別ウインドウで開きます)



[PR]
# by mimi_bonheur | 2017-03-10 04:37 |  ├ ボトムス



a0181553_06145473.jpg


ご訪問ありがとうございます。



この生地では以前、自分用に同スカートをつくっておりましてね。
着用も、こちらに。
半年後くらいかしら、生地を再入手できましてね。
今回、ご希望をいただいて、もう一度おつくりできたというわけです。


a0181553_06145324.jpg


この青。
個人的に、とっても好きです。
ロイヤルブルー系なのだけれども、刺すようなきつさというのかしら、そういった印象がなくて、
鮮やかでクリアでインパクトも程よくありながらも、優しい青なのです。
写真だとなかなか伝わりづらいのだけれども、さっき再掲したリンク先の私の着用の写真が
お色目としては一番正確かなと思います。


ウエストゴムの楽ちん仕様だけれども、
すっきりキレイな腰回りとフレアラインでレディな雰囲気はしっかり押さえたスカートです。
タックの幅や中縫いの長さを変え、すっきり綺麗に、スマートな印象におさまるよう調整しております。

a0181553_06145340.jpg

フロント側・前中心の重なり合うようなタックがさりげないポイント。

a0181553_06145360.jpg

ウエストゴムは太幅のものを使用しております。
シャツなどのトップスをインしても野暮ったくなく、スッキリもキープしてくれます。
ウエストラインにベルト上端がくるくらいの、ほんのちょっぴり腰履きっぽいイメージで
お召しになっていただくと、すっきりとおさまります。

a0181553_06145468.jpg

ウエストゴムはサイズにより少し緩めの設定にしておりますが、
ゴム通し口をあけておりますので、お好みに合わせて調整可能です。

a0181553_06145412.jpg

バックスタイルです。

a0181553_06145437.jpg

あまり変わり映えしませんが、中心のタックは中縫いしたボックスタックです。

滑りのよい、紺のキュプラの裏地をおつけしました。

a0181553_06145409.jpg

少し前にお送りしましたが、お気に召していただけたご様子を伺い、とても嬉しかったです。
こちらのスカートも「ほっそり見え」するアイテムですが、お色目のトーンや素材感も相まって
より素敵に、スタイリッシュに着こなしていただけるのでは…と思います。
たくさんお楽しみいただけましたら幸いです。
このたびのご用命、ありがとうございました。



↓Facebookも更新中♪よろしくお願いいたします。



きょうも最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。


お帰りの前に・・・
こちら↓も click! していただけたら、とてもうれしいです。いつもありがとうございます☆

にほんブログ村
(別ウインドウで開きます)



[PR]
# by mimi_bonheur | 2017-03-09 06:54 |  ├ ボトムス