カテゴリ: ├ ワンピースとチュニック( 115 )



a0181553_00195490.jpg




mimiです。
いつもお越しくださりありがとうございます。


久し振りにつくりました。
だいぶ前につくったパターンです。
デザインは今見ても結構好きだし、以前はほんと、よくつくっていたのですけれども、
なんと言いますか・・・手間がかかるのです(笑)
ピンタックに、スキッパーネックの前立てに、ギャザーも肩と袖口に入って。

a0181553_00344337.jpg

今なら 「柄合わせしやすく」 とか 「効率よく配置できるように」 とか 「丈の調整がしやすいように」 とか
そういった視点を持ちつつパターンづくりをするのですけれども、
このパターンは素晴らしいほど効率とか用尺の節約とか一切考慮されていない。
昔つくったパターンは、サイズ展開とか何着も製作とか考えていない分、そんな、ある意味自由なものが多いです。
今回も、プリント生地で前の柄合わせが果たしてできるのか、裁断時かなりドキドキでしたが、
予定尺内で、仮裁断によるロスが普段より多いにもかかわらず、柄の合う場所で前立て布が取れました~♪
運が味方してくれたようです^^ 感謝、感謝☆


前後身頃に密なピンタックデザインが入る、前あきタイプのチュニックです。
着丈を少し延伸し、長袖丈にアレンジいたしました。

a0181553_00344372.jpg

裾の両端が上方にラウンドするシャツテイルの仕様で、長めの丈ですが軽やかに見せてくれます。

a0181553_00344385.jpg

バックスタイル。

a0181553_00344363.jpg

優しいブルーグレー系のペイズリー柄ローンでお仕立てしました。

a0181553_00195539.jpg

密な小花柄に、柔らかい印象の可愛らしいペイズリー。
「格」 のような微妙な固さというのかな、伝統柄特有の重厚感みたいなものを感じさせない、
ナチュラルでソフトな、緩いペイズリーです。
全体に、しっとり落ち着いた涼やかなお色味で構成されているので、
見た目に軽やかで、風の通るような清々しさを感じます。


a0181553_00195661.jpg

フロントスタイルです。
お首元にV字の切り込みが入ったようなデザインの前立てです。
前立ての両側にはピンタック。
ウエストあたりでフェードアウトします。

a0181553_00195535.jpg

脇に一番近いタックの下端から共布の紐が伸びており、
後ろで結ぶことで脇が軽くシェイプされ、
裾に向かって自然にふんわり広がる女性らしいシルエットに整えてくれます。

釦はオフホワイトのシェルに。

a0181553_00195591.jpg

肩に少しギャザーを寄せております。

a0181553_00195531.jpg

袖口はギャザー+あき+カフスの仕様です。

a0181553_00195605.jpg

バックスタイルです。

a0181553_00195620.jpg

中心をあけて左右にピンタックが入ります。

a0181553_00195698.jpg

前側から紐を持ってきて、後ろ中心で軽く結んで。

a0181553_00195668.jpg


少し前にお送りしましたが、お気に召していただけたご様子を伺い、とても嬉しかったです。
「吠えそうなくらい(笑)惚れまくってます」 と・・・(*´艸`*)
イベントで私のブースにお越しくださっていた、お顔馴染みのお客さまでしてね。
お召しになったイメージなど想像しつつ、いつも楽しく縫い縫いさせていただいております。
本当にありがとうございます。

今回のチュニックは羽織りものとしてご旅行にお持ちくださる予定とのことで、
私も一緒に旅をさせていただけるかのようなテンションで、終始進めておりました。
ご旅行後も是非、1枚で、また、羽織り物として、たくさんお楽しみいただけましたら幸いです。
このたびのご用命、ありがとうございました。


↓Facebookも更新中♪よろしくお願いいたします。



きょうも最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。

お帰りの前に・・・
こちら↓も click! していただけたら、とてもうれしいです。いつもありがとうございます☆

にほんブログ村
(別ウインドウで開きます)



[PR]
by mimi_bonheur | 2017-07-29 15:48 |  ├ ワンピースとチュニック

Vネックワンピース navy



a0181553_22454601.jpg


mimiです。
いつもお越しくださりありがとうございます。


お袖の流れるようなフリルが素敵な、深Vネックのワンピース。
希少コットンのペルヴィアン・ピマでつくりました。
少し変わった織りの生地に載せられているプリントは、
たった2色でしかないというのが俄かに信じられないくらい。
薄いブルーグレー系の生地に、ほんと、紺とスミクロみたいな色だけでプリントされているのですよ。

a0181553_22454881.jpg

過去に、お色違いの同生地で同OPをお仕立てしました。

今回は、特に渋さとクールさが光る、落ち着いた大人の仕上がりになりました。

a0181553_22454751.jpg

ご依頼のお品です。
普段、柄の入ったお洋服はお召しにならないお馴染みさまなのですけれども、
これくらいならどうかしら? と思ってご提案に加えた生地だったので、
ご興味をお持ちくださって、最終的にお選びいただけて、とっても嬉しかったのです。

a0181553_22454616.jpg

深いV字あきの衿ぐりに、ひらひらお袖がついたような形のワンピースです。
お袖は身頃と一続きになっており、前側・肩に近い箇所のみ、部分的にギャザーを寄せております。

a0181553_22454663.jpg

このお袖の脇部分、広くあいております。
タンクトップなどと一緒に、レイヤードスタイルでお楽しみいただく仕様です。
前はフレアが多く入るので、後ろ側の方が分かりやすいかな。

a0181553_22454764.jpg

脇のあき・一番底の部分はこんな感じ。

a0181553_22454713.jpg

バスト下に切替があり、スカートにギャザーを寄せております。

a0181553_22454633.jpg

バックスタイルです。

a0181553_22454864.jpg

後ろ側の切替はウエスト位置くらいです。
前側同様、ギャザーを寄せて。

a0181553_22454702.jpg

少し前にお送りしましたが、とてもお気に召していただけて、本当に嬉しかったです。
「お気に入りのお洋服がまた1着増えました」 と。
いつも本当にありがとうございます。
キレイ目にも、カジュアルにもコーディネートしていただける1着になったと思います。
夏場のみならず、長袖のインナーやカーディガン、ジャケット等と合わせて、
長いシーズンお楽しみいただけましたら幸いです。
このたびのご用命、ありがとうございました。


↓Facebookも更新中♪よろしくお願いいたします。



きょうも最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。


お帰りの前に・・・
こちら↓も click! していただけたら、とてもうれしいです。いつもありがとうございます☆

にほんブログ村
(別ウインドウで開きます)



[PR]
by mimi_bonheur | 2017-07-26 21:00 |  ├ ワンピースとチュニック



a0181553_00062143.jpg


mimiです。
いつもお越しくださりありがとうございます。


夏になると、ちょっぴり大胆で個性的なプリント柄が恋しくなります。
今回のこの生地も、そんな私の 「夏ゴコロ」 をくすぐってくれましてね。
グリーンとブルーがあったのだけれども、少しクラシカルな印象も漂うブルーをお招きしたのです。

a0181553_00062222.jpg

先染のボーダー柄に大きな水玉柄が乗せられた、凝った印象の生地です。
表面にうっすら光沢がございましてね。
いえもうほんとにね、一目惚れ(笑)
やや想定外だったのが、想像以上に繊細 & 生地端が鬼のようにほつれやすい。
慌てて針を変え、極力そぉ~っと動かして生地端を死守いたしました(笑)

クラシカルに 「モード」 がガツンと融合したような、素敵な仕上がりになりました。

a0181553_00062036.jpg

ご依頼のお品です。
生地表面の光沢や、滲み出るようなリュクス感が写真では伝わりづらいのだけれども、
唯一無二感満載の、本当に素敵な仕上がりなのです。

上身頃、開衿・ノースリーブのワンピースです。

a0181553_00071680.jpg

前身頃に計4本のダーツが入っており、すっきり女性らしいラインに見せてくれます。
クラシカルなデザインなのだけれども 「いま」 を地で行くワンピースです。
そう感じさせる最大のポイントはお衿かなと、個人的には思います。
少し前、70年代からの開衿の製図を時系列に引いていて、初めて気付いたのだけれども、
時代により、同じ開衿でも角度や幅や長さの取り方が微妙に違うのね。
流行が巡り巡って 「これ、今着られそうじゃない!?」 って若干ウキウキしつつ袖を通してみる。
けれども着てみると 「あぁなんだかやっぱ、昭和だね」 とガックリしちゃう。
「昔」 と 「いま」 の微妙な違いって、なんだかよく分からなかったのだけれども、
開衿という1テーマでも表れちゃう時代感、あぁなるほど、「古い」と「レトロ」の違いって、こういう感じなのかぁと。

a0181553_00062145.jpg

釦、迷いましたが最終的に共布に。
このブルー系生地には、同系濃色のブルーがやはり一番合うように感じたのです。
シェル釦、ばっちり合いそうなのにね。合わせてみると 「・・・。」 なのね。ほんと、釦ってオモシロイ。

a0181553_00062196.jpg

ウエスト位置に上下身頃の切替がございます。
下スカートにはギャザーを。

a0181553_00062318.jpg

バックスタイルです。

a0181553_00062223.jpg

肩回り・ヨーク切替がございます。

a0181553_00062261.jpg

ウエスト・後ろ側のみゴムが通っております。
ほどよく緩めに、綺麗な女性らしいラインをキープしてくれます。

a0181553_00062133.jpg

透けやすい生地なので、キュプラの裏地をお付けしました。

a0181553_00062307.jpg

少し前にお送りしましたが、お気に召していただけたご様子を伺い、ホッといたしました。
涼しげで都会的な印象の、とても素敵な仕上がりで、私もお仕立てできて嬉しかったです。
川辺や海辺の、キラキラ光る水面との美しい調和が目に浮かぶようです。
この夏、涼しくお洒落に、楽しい時間をお過ごしいただけましたら幸いです。
このたびのご用命、ありがとうございました。


↓Facebookも更新中♪よろしくお願いいたします。



きょうも最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。


お帰りの前に・・・
こちら↓も click! していただけたら、とてもうれしいです。いつもありがとうございます☆

にほんブログ村
(別ウインドウで開きます)



[PR]
by mimi_bonheur | 2017-07-21 19:54 |  ├ ワンピースとチュニック


a0181553_21144426.jpg


mimiです。
いつもお越しくださりありがとうございます。


初の 「半袖」 ヴァージョンでございます。
ブラック×ホワイトの小さなギンガムチェックに、シルバーラメのストライプがキラリと光る
小粋な生地でつくりました。

a0181553_21144568.jpg

ご依頼のお品です。
お袖が付く・付かないというのは、見た目のイメージ以上にパターンが変わります。
単に 「袖を取ればノースリーブ」 というわけにはいかないのですね。
・・・な~んて偉そうなこと、言っておりますが、
私自身、おはりごと初心者の頃は 「単に袖取ればいいんじゃない?」 と思っておりましたしね^^;
このOPのパターンも 「上身頃に袖が付いただけ」 ではなく、
身頃のパターン自体が微妙に変わっております。
どこがどう変わっているのか、それにより仕上がりにどんな変化が生じるのか、にフォーカスすると、
型紙の見え方が変わってくるように思いますし、
私自身、そういった秀逸な技術と感覚を身に付けたいと、背筋が自然と伸びるような気がするのです。

a0181553_21144570.jpg

開衿タイプのお衿が付いたワンピースです。
上前身頃にはダーツが4本入っており、スタイルよく見せてくれます。
お袖はこんな感じ。クラシカルですっとした印象を崩さない、少し細身のお袖です。

a0181553_21144430.jpg

釦。
迷いましたが、薔薇のフィリグリーワークが入ったメタル調をセレクトしました。
渋銀系がいいなぁ~と思ってはいたのですけれども、小粋で可愛らしい雰囲気に合わせたかったのでね。

a0181553_21144459.jpg

ウエストで上下身頃が切り替わります。
下スカートにはギャザーを。

a0181553_21144470.jpg

バックスタイルです。

a0181553_21144386.jpg

ウエスト位置にゴムが通っております。
ほどよくウエストがシェイプされたラインを自然に作ってくれております。
ほっそり見せてはくれますが、伸縮性のあるゴムを緩めに通しておりますので、締め付け感はございません。

a0181553_21144309.jpg

肩回りはヨーク仕様です。

a0181553_21144329.jpg



最後に、キラキラな生地を~(*´艸`*)

a0181553_21144335.jpg


キラキラ感、何となく伝わりますでしょうか?
2mm四方くらいの小さなギンガムチェックに、20mm間隔くらいでシルバーのラメ糸が織り込まれています。
このラメがね、動くたび控えめにキラキラしてとっても素敵なのです。
子ども服でも使われるような何の変哲もないプチギンガムが、
シルバーラインでこんなにも女性らしく可憐に小粋に変身しちゃうなんてね。

生地自体は、エステル・綿の混紡です。
さらりとした表面で、皺にもなりづらい、お手入れ楽ちんな嬉しい素材です♪


少し前にお送りしましたが、お気に召して頂けたご様子を伺い、とても嬉しかったです。
キレイ目・小粋な女性らしい仕上がりで、気取り過ぎない華やかさもございますので、
日常使いとしてはもちろん、ちょっとしたご旅行やお出かけにも良いのではないかなと思います。
たくさんお楽しみいただけましたら幸いです。
このたびのご用命、ありがとうございました。


--------------------------------


お知らせです。

8月お仕立て分のオーダー受付は 7/8(土)19時ごろの開始 を予定しております。
お引き受けできる数は少なめです。
詳細は当該記事にてご確認くださいますようお願いいたします。



↓Facebookも更新中♪よろしくお願いいたします。




きょうも最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。


お帰りの前に・・・
こちら↓も click! していただけたら、とてもうれしいです。いつもありがとうございます☆

にほんブログ村
(別ウインドウで開きます)




[PR]
by mimi_bonheur | 2017-07-06 22:07 |  ├ ワンピースとチュニック


a0181553_00505320.jpg


mimiです。
いつもお越しくださりありがとうございます。


リバティエターナル柄のスイム・ダンクレア。
モスグリーン系のグランドカラーに、向日葵や紫陽花、ヒナギクなどの花々が
繊細に緻密に、大胆に描かれております。
落ち着いたお色味ながら存在感もインパクトもあり、品良く見せてくれる素敵な柄です。

a0181553_00505468.jpg

そんなリバティで、
たっぷりスカートがふわりと広がるレディなワンピースをつくりました。

a0181553_00505347.jpg

小さなフレンチスリーブ+ローウエスト切替の、大人女性のためのワンピース。
ご依頼のお品です。
ともすると子どもっぽい印象になってしまいがちなアイテムですが、
ゆとりを調整し、上半身を比較的コンパクトに収めることで、それらを解消しています。

a0181553_00505395.jpg

最近は 「ソフトスクエアネック・アレンジ」 でのお仕立てが圧倒的に多いです。
ありがとうございます。
この形、お顔をすっきり、デコルテを印象的に見せてくれるのですね。
角を丸くしただけなのだけれども。
いえ、正直申し上げますと、、、 単純に私自身が
「スクエアネックの『かど』の縫製があんまり好きじゃない」 なんていう
超個人的な理由から生まれた形状なのだけれども(笑)
スミマセン、ほんと。
でもね、お洋服をおつくりになる方ならご理解いただけるかしら、
スクエアネックの「かど」の 「際ギリギリまで鋏を入れる」のって、
めっちゃ勇気いりますよね??
けっこう頑張って1.5mm手前くらいまで切っても、裏返すと微妙に引きつってたりして、
「えーーー もうムリーーー これ以上どうしろと?」 って、なりませんか?
慣れればね、コツも分かってまいりますし、
事実、いまは私自身も昔ほどの苦手意識はございませんが、
それでもできればリスクは避けたい。必ず綺麗に仕上がる方法を選びたいですものね。。。(笑)
丸くしてしまえばそんな失敗はありません。
ゆっくりカーブを縫い進めていけば、無理なく衿ぐり、できちゃいます(*´艸`*)
もし 「スクエアネックの角が苦手~」 という方がいらっしゃいましたら、
角を丸くアレンジするの、オススメです♪

ちょこっとお話が逸れましたが、お袖は身頃裁ち出しの小さなフレンチ仕様。
共布バイアスで端を包んでおります。

a0181553_00505281.jpg

肩先が 「ぴょん」 と立つのが好きではないので、
僅かにいせ込みをして、肩まわりに沿うような形状にしております。

釦は共布でつくりました。

a0181553_00505242.jpg

ウエストより少し低い位置に上下身頃の切替がございます。
スカート部分は前後中央で生地を接いで、たっぷりギャザーを寄せております。
共布のリボン、ご希望に合わせて太幅にいたしました。

a0181553_01364960.jpg

リボンは脇のループに通して、お好みで。
時にはリボンを外して、ナチュラル&リラックスなスタイルでお楽しみいただくのも良いと思います。

a0181553_00505551.jpg

バックスタイルです。

a0181553_00505527.jpg

切替などのない、シンプルなスタイルです。
ご希望により、キュプラの裏地をお付けしました。

a0181553_00505433.jpg


少し前にお送りしましたが、お気に召していただけたご様子を伺い、とても嬉しかったです。
生地都合により長くお待ちいただくこととなってしまい、本当に申し訳なかったのですが、
寛大にご理解・ご容赦いただけたおかげで、満足いく仕上がりにすることができました。
楽しみにお待ちくださいましたこと、心より感謝いたしております。
シックで落ち着いたお色目ですから、さまざまな場所で長くお召しになっていただけると思います。
たくさんお楽しみいただけましたら幸いです。
このたびのご用命、ありがとうございました。


↓Facebookも更新中♪よろしくお願いいたします。



きょうも最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。


お帰りの前に・・・
こちら↓も click! していただけたら、とてもうれしいです。いつもありがとうございます☆

にほんブログ村
(別ウインドウで開きます)



[PR]
by mimi_bonheur | 2017-06-27 18:36 |  ├ ワンピースとチュニック


a0181553_12160013.jpg


mimiです。
いつもお越しくださりありがとうございます。


黒のリバティ・パフで、クラシカルな形のノースリーブワンピースをつくりました。

a0181553_12160048.jpg

花弁のような、雲のような・・・デフォルメされた 「もくもく柄」 が全体に。
昨秋、自分用のOPを1着、つくったのだけれども、この柄。品が良く、シックだけど程よく華やかで、
思いのほか重宝しているヘビロテOPとなっております。
こちらのOPね。

この生地、夕涼みにしても綺麗だろうなぁと前々から思っていたのだけれども、
実際にお仕立てできて、とっても嬉しい。

a0181553_12160069.jpg

オープンネック・ノースリーブのミモレ丈ワンピース、ご依頼のお品です。
王道クラシカルを貫きつつも、程よい塩梅で 「いま」 が取り入れられた、とても使い勝手の良いデザイン。
私自身も何着か持っている、お気に入りでございます。
今回の1着は、シックなモノトーンということもあり、とっても落ち着きのあるオトナな仕上がり。
レースのカーデや少しラメの入ったストールを合わせたりすると、ちょっとしたお席にも対応できそうです。

a0181553_12155996.jpg

フロント・上部。
分かりづらいですが、ダーツが4本入っておりまして、ボディをすっきり見せてくれます。

a0181553_12160105.jpg

開衿はお顔の下に鋭角のV字あきができますので、お顔をすっきりみせてくれるのですよ。
釦は、少し華やぎをプラスしたいなぁと思って、こちらに。

a0181553_12160197.jpg

黒の樹脂製のキラキラ釦♪
あまり光りすぎるのは抵抗あるけれど、これいくらいだと、共布くるみ釦よりも華やかで、ちょっぴり嬉しい。
ご依頼主さまもお話しくださったのだけれども、
釦で服の印象って、思いのほか変わってしまうのです。
どんなにいい生地でも、釦によって残念な印象に見えてしまったり。
一般にいう 「いい釦」 は、もちろんよい素材ゆえの 「良さ」 が溢れていて、
お値段も比例している、まぁそれは当たり前なのだけれども、
求める性能やデザイン性という観点を加味すると 「良さ」 と 「好み」 と 「価格」 は必ずしも比例してなくて、
お手頃でもお洒落な釦とか、印象的で素敵な釦っていっぱいあったりするのです。
今回の釦も、ガラスだととてもお高いだろうし、なにより重くて薄地には使いづらい。
樹脂製だからこそ叶う、日常をほんのり彩るキラキラ感なのです。

ウエスト位置に上下身頃の切替がございます。

a0181553_12160151.jpg

下スカートにはギャザーを寄せております。

バックスタイルです。

a0181553_12160113.jpg

肩回りにヨーク切替がございます。

a0181553_12160012.jpg

後ろ側のみ、ウエスト位置にゴムが通っております。

a0181553_12160058.jpg

このゴムがね、ほどよくウエストラインを整えてくれて、スタイルよく見せてくれるのです。
動きを妨げず、締め付け過ぎず、着心地が良いのですよ。


少し前にお送りしましたが、お気に召していただけたご様子を伺い、とても嬉しかったです。
日々ご自身を大切にされ、ご自身を褒め愛でていらっしゃる、素敵なお馴染みさま。
自分を褒めるということの大切さを、いつも改めて気付かせてくださいます。
どんなに小さなことでも 「今日も私、よく頑張った♪」 って、
お風呂に浸かっているときなんかにちょこっと愛でるだけで、
とってもビールが美味しくなるし、とっても気持ちよく眠りにつけるし、翌朝気持ちよく起きられる。
朝、鏡に映る自分の顔がすっきり晴れやかで、朝のお支度も心なしか楽しかったりする。
ほんの少しのことだけど、自分を愛でるって、そんなパワーがあるように思うのです。

お洋服もそう。
お気に入りに身を包むと嬉しくて、ほんのり笑顔になる。
その喜びや安らぎは、自分の周りの人にも伝わります。
よく 「誰かを幸せにするには、自分が幸せじゃないと」 って聞くけれど、
きっと、こういうことの延長線上にあるんじゃないかな。

今回のOPも、素敵な笑顔との出会いをたくさん運んでくれると思います。
お手入れも楽なリバティのワンピース。
暑い季節も涼やかに、たくさんお楽しみいただけましたら嬉しいです。
このたびのご用命、ありがとうございました。


↓Facebookも更新中♪よろしくお願いいたします。



きょうも最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。


お帰りの前に・・・
こちら↓も click! していただけたら、とてもうれしいです。いつもありがとうございます☆

にほんブログ村
(別ウインドウで開きます)



[PR]
by mimi_bonheur | 2017-05-22 13:36 |  ├ ワンピースとチュニック



a0181553_00203472.jpg


mimiです。
いつもお越しくださりありがとうございます。


レーヨン混紡のリネンプリントで、アメリを仕立てました。
落ち着きある配色の中に、強烈に感じるピュアさ、透明感。不思議な魅力の漂う生地だなぁと思います。

a0181553_00203153.jpg

見た目の印象以上に多くのお色を使って、丁寧にプリントされている生地です。
肌触りや質感も秀逸。
重量感のあるとろみ、というのかな、チープ感のない、しっかりとした印象を感じさせてくれます。
レーヨンという素材は、私が扱った限りでは水に通すと横方向に縮むのだけれども、
縮む、イコール、横に伸縮する(=ストレッチ素材みたいなイメージ、厳密には違うけど)のです。
なので、しっかり水通ししたあとに裁断・縫製すると 「なんちゃって横ストレッチ」 みたいな仕上がりになって、
着心地も楽なのですね。
今回のカペラもそんな感じ。伸縮性が謳われている生地ではございませんが、生地特性上、ちょびっと横に伸びます。


それにしても、インディゴブルー。いい色です。

a0181553_00203594.jpg

肩先をほんのちょこっと覆うような着用感の、ほぼノースリなワンピース。
ご依頼のお品です。
一般的なフレンチ袖まではいかないけれど、肩先が隠れるだけで感じることのできる、言いようのない絶大な安心感(笑)
歳を重ねると、何だろう、いくらすっきり見えると言われても 「ノースリ1枚でお出かけ」 する勇気が減ってくるのですね。
それが、肩先が隠れるだけで、
なんだか 「え、決して若くはないけれどワタクシ、腕、出ししてもいいんじゃない?」 って感じの
ちっちゃな後押しをしてくれるような気が、・・・しませんか!? 私だけなのかしら⁉

少しお話逸れましたが、そんな感じでつくった、ちっちゃなフレンチ袖のOPなのでございます。
日常お召しになる間もストレスフリーで綺麗に見せてくれ、
かつ、ちょっとしたお出掛けにも十分対応してくれるきちんと感と品を併せ持ったOPではないかなと思います。

a0181553_00203442.jpg

少し横に長いラウンドネックが、お首からお顔にかけてすっきりと見せてくれます。
一般的なフレンチスリーブにありがちな 「いかり肩に見える」 感じが出ないよう工夫しています。


ウエストには幅広のゴムを緩く通しております。
このゴムのおかげで、程よくウエスト周りのボリュームが抑えられ、すっきりスタイルよく見せてくれます。

a0181553_00542042.jpg

写真には撮っておりませんが、ゴム通し口を内側にあけておりますので、
お好みにより調整が可能です。

ウエスト切替の下・スカート部分にはタックが入っております。
ミモレ丈程度の、ほんのりフレアなラインを描いてくれます。

a0181553_00203136.jpg

バックスタイルです。

a0181553_00203190.jpg

後ろ衿ぐり中心にループ留め仕様のあきがございます。

a0181553_00203195.jpg

今回は共布のくるみ釦にしました。
なかなかね、この独特の雰囲気に合う釦がなくてね。共布がしっくりきてくれて良かったです♪

a0181553_00203120.jpg


少し前にお送りしましたが、お気に召していただけたご様子を伺い、とても嬉しかったです。
実は、このアメリをリリース後、一番最初にお気に召してくださったお馴染みさま。
今回で3着目でございます。本当にありがとうございます。
このOPに合う羽織り物を早速準備してくださったのだそうです。ありがとうございます。
このところの暑さもあり、羽織り物とともに、すぐにお召しになっていただけそうですね。
お友達との気軽なランチからちょっとしたお出掛けまで、長いシーズン、幅広く活躍してくれると思います。
たくさんお楽しみいただけましたら幸いです。
このたびのご用命、ありがとうございました。


↓Facebookも更新中♪よろしくお願いいたします。



きょうも最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。


お帰りの前に・・・
こちら↓も click! していただけたら、とてもうれしいです。いつもありがとうございます☆

にほんブログ村
(別ウインドウで開きます)



[PR]
by mimi_bonheur | 2017-05-17 14:59 |  ├ ワンピースとチュニック


a0181553_00282026.jpg


mimiです。
いつもお越しくださりありがとうございます。


2016AW柄のボスフォラスで、胸元フリルが可愛いシャツワンピースをつくりました。
流行に左右されない、オーソドックスなカタチのシャツワンピ。
今回は無地切替のスパイスをちょっぴり効かせてみました。

a0181553_00282089.jpg

ご依頼のお品です。
紺無地で、衿・袖口・リボン・釦を切り替える。
たったそれだけなのだけれども、印象はがらりと変わります。
大きめではっきりとした柄、そこに柄の一部のお色味による引き締めがピリリと効いて。
これはほんと、ヨシコに着せてみて 「わお~♪」 って、感激しちゃいましたよ。

ボスフォラスは昨秋冬の人気柄です。
個性的でどこかレトロな、心惹かれる色柄のバランスに思わず大人買いしてしまいましてね。
その後すぐにどこのお店でも完売になって、ちょっとびっくりだったのだけれども。
大胆で少し躊躇してしまいそうな柄なのだけれども、これね、驚くほど品の良いオーラを放ってくれるのですよ。

a0181553_00561831.jpg

前身頃・上部に裁ち切りのフリルとピンタックが施されております。

a0181553_01192052.jpg

スタンドカラーの釦をあけると、軽やかな雰囲気に。
紺無地の切替が効いております。

a0181553_00282030.jpg

少し寄ってみました。
3本フリルの隣に4本の細いピンタックが入っております。

釦は、衿などに使用した紺無地製のくるみ釦に。

a0181553_00282029.jpg

ウエストのリボンも同じ、紺の無地です。

a0181553_01234568.jpg

脇のループに通す仕様です。お好みに合わせて取り外しもできます。

a0181553_01234539.jpg

お袖はやや細身で、すっきり見せてくれます。
袖口にタックが入った、あき+カフスの仕様。
カフスの切替も効いています。

a0181553_01063942.jpg

バックスタイル。

a0181553_00282154.jpg

分かりづらいのですけれども、肩回りヨーク切替がございます。

a0181553_00282185.jpg


少し前にお送りしましたが、お気に召していただけたご様子を伺い、とても嬉しかったです。
お手持ちのOPにはない、あたらしい雰囲気の1着なのだそうです。
ご希望を頂き、無地の切替アレンジを一緒に検討させていただけてワクワクいたしましたし、
お気に入りをまたひとつ、おつくりすることができて、本当に嬉しく感謝いたしております。
たくさんお楽しみいただけましたら幸いです。
このたびのご用命、ありがとうございました。

↓Facebookも更新中♪よろしくお願いいたします。



きょうも最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。


お帰りの前に・・・
こちら↓も click! していただけたら、とてもうれしいです。いつもありがとうございます☆

にほんブログ村
(別ウインドウで開きます)



[PR]
by mimi_bonheur | 2017-05-11 17:43 |  ├ ワンピースとチュニック


a0181553_12515283.jpg


mimiです。
いつもお越しくださりありがとうございます。


星条旗の揺れるお国から連れて帰ってきた、トリコロールのヨット柄の、こちらの生地。
ご提案しましたら、お気に召していただけましてね(*´艸`*)
早速OPにお仕立てできて。
ルンルンだったことは言うまでもありません(笑)

a0181553_12515267.jpg

流行に左右されない、オーソドックスなデザインのノースリーブワンピース。
ご依頼のお品です。
クラシカルで懐かしい雰囲気でありながら、
春夏に映える白地×ありそうでないヨットプリントが小粋で素敵なのです。

a0181553_12515146.jpg

上身頃・前あきの仕様です。
分かりづらいですがダーツが4本入っており、楽な着心地を確保しつつすっきり綺麗に見せてくれます。

開衿タイプのお衿で、きりりと。
お首元がV字にあきますので、すっきり見えます。

a0181553_12515117.jpg

お袖のないOPです。
共布によるパイピング始末をしております。

a0181553_12515175.jpg

釦はシンプルなネイビーをセレクトしました。

a0181553_12515353.jpg

意外にも。釦に迷いました~!!!
白地だし、ヨットだし、釦はシェルでしょ、と全く迷いなく想定していたのですけれども、
これがですね。
ものすごく、浮いて見えるのですね。
グレー系のシェルも、白のシェルも、ナチュラルカラーのシェルも。
共布だと、これまた締まりのない印象に映るという。えーまさかのまさかの、です。
やっぱり最後に合わせてみるまで釦は油断できないなぁ~って、改めて思いました。

バックスタイルです。

a0181553_12515252.jpg

肩回りヨーク切替がございます。

a0181553_12515386.jpg

後ろ側のみ、ウエストにゴムが緩めに入っております。
程よくラインを整えてくれて、スタイルよく見せてくれます。

a0181553_12515201.jpg

白なので、裏地をお付けしました。

a0181553_12515238.jpg

今回の白は純白に近いので、最初はオフホワイトの裏地をお付けしていたのですけれども、
仮付けしたのち念のため透かして見ると 「あれ、めちゃ透けてる・・・」。
ミルクホワイトの裏地に変更いたしました(笑)
僅かに赤味のある薄いクリーム色です。
これでもね、完全に透けないわけじゃないのだけれども、
ほんの少し色が付くだけで、ダイレクト感がなくなるのですよね。とっても不思議。


少し前にお送りしましたが、
「またお気に入りが増えて気持ちが豊かになった」 と仰っていただけて、とても嬉しかったです。
ご多忙な日々かと存じますが、クローゼットで目にするたび、また、袖を通すたび、
ふんわり笑顔になっていただけたら・・・と思っております。
たくさんお楽しみいただけましたら幸いです。
このたびのご用命、ありがとうございました。


↓Facebookも更新中♪よろしくお願いいたします。



きょうも最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。


お帰りの前に・・・
こちら↓も click! していただけたら、とてもうれしいです。いつもありがとうございます☆

にほんブログ村
(別ウインドウで開きます)



[PR]
by mimi_bonheur | 2017-04-22 13:55 |  ├ ワンピースとチュニック




a0181553_06553237.jpg


ご訪問ありがとうございます。


楽で涼しいノースリーブで、身体のラインを拾わないストンとしたシルエット。
だけれどもナチュラル一辺倒というのではなく、
控えめなスタイリッシュさとかモード感みたいなのはどうしても持たせたくて。
そんなノースリのOPが欲しい、と思いつつ、引いたパターンです。

パターン上寸法はゆとりがあるのですけれども、着用すると 「すっきり "I" シルエット」 に落ち着きます。


a0181553_07031171.jpg

ご依頼のお品です。
ノースリーブの上身頃にベルト切替+タックスカートがついた、着丈長めのワンピースです。
今回はね、やはり、何と言っても生地♪

a0181553_06553387.jpg

写真で正確にご紹介できないのがほんと、もどかしい。
一般的なダンガリーは経糸に白、緯糸に色糸がつかわれているのだけれども、
このダンガリーは経糸に黒がつかわれていて。
なのでね。
コットンのダンガリーでありながら、
アオとクロの微妙な陰影が光や生地表面の歪みの加減で現れて、何とも言えない表情を見せてくれるのです。
シロがクロに変わるだけで、こんなに生地の印象が変わるなんてね。
カッコよくてお洒落な雰囲気のある、素敵な生地です。

今回のご依頼主さま。
以前「十年一着」 の思いをお話しくださいましてね。
頑なに10年着るぞ!みたいなストイックな感じではなく、
その気持ちを柔らかく抱きつつ自然体で服を選び、着て、手入れをするという、
純粋に愛着を持って服とご自身を愛でる印象がその言葉に重なり合って 「素敵だなぁ」って、思ったものです。
このドゥーブルに袖を通され、
「また私の十年一着が増え」たとのご感想をいただいて、
そのことを思い出し、とても嬉しく感じました。


自分の服はね、空き時間で、急ぎ足でつくったりすることがとても多いのだけれども、
それでも 「これ、気に入らない」 という仕上がりになることって、ここ2年くらいほんと、ないのです。
きっと長く長く自分の中で本当に欲しい色味とか素材とか、これでもかというくらいいっぱい想像して、
完成後来ている自分とか、メンテナンスをどう感じるかとか、
つくりたいけど、つくったとして私、それ、愛着持って着続ける? という視点で見続けているからなのだと思います。
自分の服は気持ちが入ってるとか縫製がどうとかということはあまり関係なくて、
あくまで「デザインと着心地と見え方」のみで善し悪しを感じるという非常にシンプルな客観的判断ができます。
なかなか、身内でもね、完全にドライに冷静に 「ハンドメイド服を精査する」 なんてできないから、
これ、けっこう重要だなと思うのです。自分が一番、気遣いなしで正直に感じてくれますから。
シビアすぎて萎えそうになることもありますが…笑。



a0181553_06553399.jpg


フロント側・上身頃です。
首周りのあき具合は、私がつくるものの中では狭めです。
この辺はこちらの方がわかりやすいかも。別生地仕立てですが、ボディ着用です。
前釦あきの仕様です。
比翼仕立てに似た感じの、釦が隠れる前立てがポイントです。

a0181553_06553338.jpg

釦は黒系のシェルにしました。
第1釦をあけて、キラリと釦を覗かせるのも◎。
軽快でこなれた雰囲気が出ます。


a0181553_06553333.jpg

ウエスト位置に下スカートとの切替がございます。
ベルト部分は締め付けなどなく、ストレートにストンと繋がるイメージです。

a0181553_06553261.jpg

スカートにはタックを寄せております。


a0181553_06553378.jpg

バックスタイルです。


a0181553_06553236.jpg

少し前にお送りしましたが、お気に召していただけたご様子を伺ってとても嬉しかったです。
今回の1着も、たくさんお楽しみいただけましたら幸いです。
このたびのご用命、ありがとうございました。


↓Facebookも更新中♪よろしくお願いいたします。



きょうも最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。


お帰りの前に・・・
こちら↓も click! していただけたら、とてもうれしいです。いつもありがとうございます☆

にほんブログ村
(別ウインドウで開きます)



[PR]
by mimi_bonheur | 2017-03-14 01:00 |  ├ ワンピースとチュニック