カテゴリ: ├ トップス( 67 )


a0181553_06231414.jpg


mimiです。
いつもお越しくださりありがとうございます。


可愛くなり過ぎない、シンプルな丸衿シャツ。
柄生地でのお仕立てが圧倒的に多いのですけれども、今回は無地です。

a0181553_06231316.jpg

ワッシャー加工が施された刷毛目チェックのようなコットン。
薄手でさらりとしており、大きく主張しないのだけれども雰囲気がある、お気に入りの生地です。
一巻近くあったのだけれども、今回のシャツで終了です。
ありがとうございます。

薄いグレーはさまざまなお色目と合わせやすく、夏の軽い羽織り物としても重宝しそう。
暑苦しさを感じさせない、涼しげでスマートな印象が漂います。

a0181553_06231449.jpg

ハンサムな丸衿シャツって、案外少ないのです。
甘さを抑えた丸衿は、さりげなく女性らしさを出しつつスタイリッシュに纏まってくれます。

a0181553_06231399.jpg

釦はブラック系のシェルをセレクト。
光を受けて、玉虫色にキラリとします。

a0181553_06231321.jpg

お袖はやや細身の、スタイリッシュなつくりです。
袖口は剣ボ口+ダブル釦カフス。
剣ボ口、これまで多分200近く作っていると思うのだけれども、
いまだに丸いルレット(へらルレット?)で折り印付けて折り込んでます(笑)
厚紙のアイロン定規より正確かつ楽なのです、その方が。

a0181553_06231574.jpg

バックスタイルです。

a0181553_06231557.jpg

ヨーク切替などのない、すっきりシンプルなスタイルです。
裾は両脇に向かってラウンドを描くシャツテイル。
軽やかでお洒落なアレンジがしやすいです。

今回の生地は、厚みはさほどでもないのですけれども、
織目が比較的詰まっており、縫い代を潰しても嵩が出やすかったので、
折伏せ縫いで縫い合わせをいたしております。
袖付けのみ袋縫いです。

a0181553_06231469.jpg


少し前にお送りしましたが、お気に召していただけたご様子を伺い、とても嬉しかったです。
これまで何着もご用命くださっているお馴染みさま。
「御仕立て頂いたものは 丁寧でいつまでも大切にしていたいと 思います」 と。
そのように感じつつ、いつも変わらずお洒落を楽しんでいただけて、
本当に嬉しいし幸せだなぁと思います。

シンプルな淡色の無地のシャツ、何かと重宝すると思います。
たくさんお楽しみいただけましたら幸いです。
このたびのご用命、ありがとうございました。


↓Facebookも更新中♪よろしくお願いいたします。



きょうも最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。


お帰りの前に・・・
こちら↓も click! していただけたら、とてもうれしいです。いつもありがとうございます☆

にほんブログ村
(別ウインドウで開きます)



[PR]
by mimi_bonheur | 2017-08-15 15:40 |  ├ トップス


a0181553_04431983.jpg


mimiです。
いつもお越しくださりありがとうございます。


ブラックレースに黒のコーマローンを合わせて、夏のブラウスをつくりました。
ちょっぴりガーリーなテイストも漂う、オトナの半袖ブラウスです。

a0181553_04432006.jpg

春夏になると、レース地が恋しくなります。
レース地のトップスは、必ずと言っていいほど毎年どこかのブランドさんで見かけますし、
今年の春先にも、とあるラグジュアリーブランドさんでプチサークルレースのセットアップをお見掛けして
「やん、カワイイ」 とその場から動けなくなり、店員さんに試着を強く薦められちゃったくらい。
何とかその場は我慢したけど、感化されて後日カラーレースの生地を買っちゃったり。。。笑

白のレースは間違いなく、清楚さ、美しさ、可憐さにおいて王道を征くと思うし、
イメージに違わず実際に着てみてもその通りだと思う。
それが、黒のレースになると、凛とした女性らしさというのかしら、
白のレースにはない力強さとか、芯の強さとか、官能的な美しさというか、
そういう魅力が現れてくるような気がするのですね。

a0181553_04431873.jpg

今回の黒レース、素材はコットンです。
6mmくらいの小さなサークルレースの中に、大小の水玉が規則正しく浮かんでいるような、そんな柄。
生地にほぼ万遍なく糸が通っているので、皺がほとんど分からない。
これ、暑い夏にはとっても嬉しい♪
刺繍だらけのレース地はそんな、メンテナンスが楽なところも魅力のひとつです。

a0181553_04431975.jpg

ご依頼のお品です。
ご依頼主さまのご身長を考慮し、着丈のほか、袖丈と袖口リボンの長さも微調整いたしております。
パターン上可能な範囲内にはなりますが、丈感は極力意識しています。
せっかく生地を裁つところから始めるんですもの。とことん 「ぴったり感」 には拘りたい。

少し横に広めのラウンドネック、身頃はシンプルです。
お袖は少し長めの半袖くらい。袖口のリボン結びがポイントです。

a0181553_04431942.jpg

衿ぐり見返しと袖口あき&リボンには、黒のコーマローンを使用しました。
今回のレース地はベースがローンですし、刺繍の厚みからしてもリボンを共布で取れなくはないのだけれども、
多分、無地の方がすっきりスマートに見え、かつ、可愛らしいと思うのです。

バックスタイルです。

a0181553_04432087.jpg

タックやギャザーなどのない、シンプルなスタイルです。


少し前にお送りしましたが、お気に召していただけたご様子を伺い、とても嬉しかったです。
お子さまの大切なコンクールの日にお召しになってくださるのだそうです。
特別な日にお供をさせていただけるのって、本当に嬉しい。
今回のお馴染みさまに限らず、
「旅行に」「同窓会に」「パーティーに」「コンサートに」「お出かけに」とご着用の場をお知らせいただくたび、
みなさまの笑顔にダイレクトに寄り添える 「おはりごと」 という仕事って、素敵だなぁ、幸せだなぁと感じ、心が震えます。
いつも本当にありがとうございます。
忙しい毎日も、いろんな出来事でいっぱいいっぱいなときも、
お気に入りの1着に身を包むご自身と目を合わせると、なんだかホッとする。口角が上がる。
そんなお洋服のつくり手でありたいなと思うのです。

お忙しい日々で大変なことも・・・と思いますが、
お元気で、笑顔でお過ごしになれますよう、いつもお祈りしております。
きょうもあしたもあさっても、キラキラ溢れる素敵な1日でありますように。
このたびのご用命、ありがとうございました。


↓Facebookも更新中♪よろしくお願いいたします。



きょうも最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。


お帰りの前に・・・
こちら↓も click! していただけたら、とてもうれしいです。いつもありがとうございます☆

にほんブログ村
(別ウインドウで開きます)



[PR]
by mimi_bonheur | 2017-07-20 16:12 |  ├ トップス


a0181553_21102685.jpg


mimiです。
いつもお越しくださりありがとうございます。


赤味を抑えたマスタードのグランドカラーに白抜きの花々が散りばめられた、
控えめな可愛らしさが印象的なコットンブロードで、
シンプルなシャツをつくりました。

a0181553_21102796.jpg

写真ではやや赤味を感じますが、実際は赤味はなく、
僅かに黄緑み傾いてるかな? みたいな印象の、クールなマスタードです。
大きなお花は白抜きで、小さなお花にはほんのり薄い色付けがされていて、
愛らしいのだけれども甘すぎない、そんな雰囲気に纏まっています。

a0181553_21102873.jpg

ご依頼のお品です。
シャツのお仕立てはローン地が多いので、袋縫いですべて仕上げることが多いのですけれども、
今回はブロード。ということで、折伏せ縫いでお仕立てしました。
袋縫いが不可能というわけでもないのですが、縫い代が重なり合う部分はどうしても厚く固くなりがちなので、
同じアイテムでも、生地により縫製を変えております。

a0181553_21102868.jpg

切替などのない、シンプルな丸衿のシャツです。

a0181553_21102731.jpg

裾は両サイドに向かって上方にラウンドするシャツテイル。
裾を出してお召しになっても重たい印象になりづらいです。
上にセーターやカーデをお召しになって、ラウンドした裾をちょこっと覗かせるのも可愛らしいです。

a0181553_21102772.jpg

袖口は剣ボ口+ダブル釦カフスの仕様です。

a0181553_21102890.jpg

釦は白のシェルをセレクトしました。

a0181553_21102731.jpg


少し前にお送りしましたが、お袖の長さも丁度良いなど、
お気に召していただけたご様子を伺い、とても嬉しかったです。
前回ご依頼の折にしてくださった地元のお祭りのお話や、お送りくださったお写真を思い出しつつ、
今回も楽しく進めさせていただけましたこと、とても感謝いたしております。
たくさんお楽しみいただけましたら幸いです。
このたびのご用命、ありがとうございました。

↓Facebookも更新中♪よろしくお願いいたします。



きょうも最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。


お帰りの前に・・・
こちら↓も click! していただけたら、とてもうれしいです。いつもありがとうございます☆

にほんブログ村
(別ウインドウで開きます)



[PR]
by mimi_bonheur | 2017-07-18 22:07 |  ├ トップス


a0181553_21165928.jpg


mimiです。
いつもお越しくださりありがとうございます。


前身頃にヨーク切替が入った、やさしい印象のブラウス。
リバティのスリーピング・ローズでお仕立てしました。
かつてミナ・ペルホネンの皆川さんがデザインされたもので、人気があるのでしょう、今年ついに定番柄になりました。

a0181553_21165918.jpg

薔薇がお行儀よく整然と、無数に並べられています。
かわいい柄、なのだけれども子どもっぽくなく、
落ち着いた色調とコントラストで纏められた様子はむしろ、大人のための花柄だな~って感じるのですよ。


a0181553_21165990.jpg

背高族の私が着ても 「いかり肩」 に見えず、女性らしい印象を自然に見せてくれます。
以前にもスリーピング・ローズではお仕立てさせていただいておりましてね。

ご覧になっていただいて、同じものを・・・とご希望いただけるのは、素直に嬉しいです。
けれども、まったく同じにはしたくはない。やっぱりどのお洋服も唯一無二にしたいのです。
たとえ小さな差であっても、ね。

a0181553_21165963.jpg

このブラウス、うしろ釦あきの仕様なのですけれども、
今回は透明のアクリル釦を並べてみました。
表面はツルンとしていて、裏側に彫り模様が入っています。微妙にキラキラ光って涼やかなのです。


a0181553_21170197.jpg

前はヨーク+ギャザー入り身頃の仕様です。
ボリュームが出過ぎないよう、ギャザー分量は少なめです。

肩にもギャザー。
「もりっ」とならないように、内側の縫い代を少し固定しております。
小さなことですが、するとしないとでは、意外なくらい大きな差が出るのです。

a0181553_21170013.jpg

袖口にも控えめにギャザーを寄せております。

a0181553_21170055.jpg

バックスタイルです。
うしろあき仕様ですが、衿ぐりは頭が通過する程度のあき具合です。
一番上の釦を外せば被って楽にお召しになっていただけます。

a0181553_21170053.jpg


少し前にお送りしましたがお気に召していただけたご様子を伺い、とても嬉しかったです。
「スリムに見えました」 とも、喜んでくださいました(*´艸`*)
大切な、心に残るイベントや、ご友人との集いなどに、
いつもお召しになってくださり、本当にありがとうございます。
今回のブラウスも、たくさんお楽しみいただけましたら幸いです。
このたびのご用命、ありがとうございました。


↓Facebookも更新中♪よろしくお願いいたします。



きょうも最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。


お帰りの前に・・・
こちら↓も click! していただけたら、とてもうれしいです。いつもありがとうございます☆

にほんブログ村
(別ウインドウで開きます)



[PR]
by mimi_bonheur | 2017-06-17 17:46 |  ├ トップス


a0181553_23431354.jpg


mimiです。
いつもお越しくださりありがとうございます。


4月末の大型連休突入から怒涛のように時間が過ぎていき、気付けば6月です。
PCの壁紙にカレンダーをDLしているのですけれども、4月のままだったことにさっき気付きました(笑)
けっこう頻繁に開いているのに 「お花見している『みきゃん』」に何の違和感も感じなかったという。
お仕立てに関する記録を専用の手帳に記しているのですが、
プライベートな予定が終日入っているわけでもないのに、おはりごとの記録が皆無、なんていう日もあって。
この日、何してたんだ? と思い返しても実感がない。
疲れて寝ちゃったとか、ぼーっと相撲見ちゃってたとかいう以外にも、
家事とかちょこちょこした用事とか、そういうのもあったのだろうけれども。少々反省です。

時間は有限。
だからこそ、いま本当に 「そうすること」 が必要なのか、本当に 「それ」 を心底やりたいと思っているのか、
優先すべきことは何かにもっとフォーカスして、時間を有意義に使っていかなくてはね。
ひとまず、ひとつ歳を重ねる今月は、時間の使い方にこだわってみようと思います。


お衿とカフスを白無地で切り替えたクレリック仕様のシャツ。
今回は薄いグレーと白のストライプ生地でお仕立てしました。

a0181553_23431381.jpg


このクレリックタイプ。
前に、サックスカラーのロンドンストライプでもお仕立てしたことがございます。

仕様は同じなのだけれども、今回の1着はとても優しい印象。
青みを抑えた薄いグレーに細い白のストライプが入った綿ローン仕立てです。

a0181553_23431378.jpg


ソフトで女性らしい、どこまでもふんわり優しいシャツに仕上がりました。
この生地ね、もともと薄グレーベースでソフトな印象ではあるのだけれども、
もしお衿とカフスを切り替えることなく仕立てたら、
こんなに優しく清楚な雰囲気の仕上がりにはならなかったんじゃないかしらと思うのです。

a0181553_23431374.jpg


クレリックシャツとの出会いって、もう20年も前になるのですよね。
学生生活が始まったころ、地下街やデパートなどショーウインドウのあちこちで
「お衿の白いシャツ」 を見かけて、なんてオトナでステキなの~と、目を輝かせてた。
でね。
一番最初のバイト代で、憧れて見続けていたショーウインドウのクレリックシャツを購入したのです。
コーデでディスプレイされていた紺のパンツとセットで。
高かったけど、嬉しかったなぁ。
お化粧して、パーマもかけちゃって、
ちょっとオトナなシャツを着て、
それまで履いたこともないオトナなテーパードにつま先とんがったパンプス履いて、
鏡や窓などに映るたびにポーカーフェイスでチラ見しては、
急にオトナびた(ように見える)自分に、ココロの中で大コーフンしたりね(笑)
きっとみなさま、お若い頃に同じような経験、1度はきっとされていますよね^^
私にとっては、クレリックシャツはそんな憧れの 「オトナの女性」 の象徴でした。
「あれからもう20年かぁ・・・」
と、10年単位でモノゴトを振り返る年齢になったことにもオドロキで、若干微妙ではありますが・・・^^;
まぁね。笑いジワが増えての20年なら、良しとすべきなのでしょうね。


裾は脇に向かって緩くカーブを描くシャツテイルです。

a0181553_23431250.jpg



ボトムスから出してお召しになっても、重たい印象にならず素敵ですし、
カーデやセーター、ベストの裾からちらりと覗かせてもかわいらしいです。

袖口は剣ボ口+ダブル釦カフスの仕様です。
カフスはお衿と同じ、白無地のタイプライターです。

a0181553_23431262.jpg




釦は正統派のシェルをセレクトしました。

a0181553_23431227.jpg



少し前にお送りしましたが、
「ピッタリすぎる程ぴったりで びっくりしました」 とのご感想を伺い、とても嬉しくホッといたしました。
以前お仕立てさせていただいたスカートとの相性も、とても良いと思います。
お直しなどが入り、いつもより長くお待たせをしてしまい本当に申し訳なかったのですが、
寛大にご容赦くださりお待ちいただけましたこと、心より感謝いたしております。
たくさんお楽しみいただけましたら嬉しいです。
このたびのご用命、ありがとうございました。


↓Facebookも更新中♪よろしくお願いいたします。



きょうも最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。


お帰りの前に・・・
こちら↓も click! していただけたら、とてもうれしいです。いつもありがとうございます☆

にほんブログ村
(別ウインドウで開きます)



[PR]
by mimi_bonheur | 2017-06-01 14:30 |  ├ トップス



a0181553_01274582.jpg


mimiです。
いつもお越しくださりありがとうございます。


ニワトリさんがお茶目に闊歩する、2016AW・追加柄のジョアンナス・ファーム。
以前にも同柄でシャツをお仕立てさせていただきました。
ツボすぎて、着分を買い足しておりましてね。
ご紹介したものをお気に召していただけて、ご用命いただけるのは、つくり手として純粋に嬉しい。
そういえばこのシャツ、ボディ着用でご紹介したことがございませんでしたので、
今回はヨシコに協力してもらいました。
ヨシコ、肩幅は39cm、胸囲は87cmです。

a0181553_01274436.jpg

シンプルな形の丸衿シャツです。
横からも。

a0181553_01274391.jpg

9号相当を、ご依頼主さまのご希望に合わせて調整しております。
ギャザーやヨーク切替のない、ごくシンプルなデザインで、
カーディガンやジャケットを羽織られても、脇や袖、肩回りのもたつきは気にならないと思います。

a0181553_01274483.jpg

裾は脇に向かって上方にラウンドするシャツテイルです。

a0181553_16000866.jpg

袖口は剣ボ口+ダブル釦カフスの仕様。
分かりづらいのですが、タックが1本入っております。

a0181553_01274588.jpg

少し前にお送りしましたが、お気に召していただけたご様子を伺い、とても嬉しかったです。

「本当に着心地が良い!もう我慢するところはどこもなくて!
 キチンと見える服でこんなにストレスフリーなのは初めてですよ。嬉しくて嬉しくて。。。
 どこもかもピッタリです」

とても嬉しいメッセージをいただきましたので、一部掲載させていただきました。
きちんと見せて、でも楽ちんで。私のおはりごとのテーマでもあります。
もちろんそればっかりじゃなく、ゆるーいお洋服だって好きだけど、
やっぱり歳を重ねるとね、綺麗にすっきり品よく見えると、それだけでワクワク嬉しくなっちゃうのです。
私自身がそうですし、だからこそ、時折袖を通す「ゆるーい服」もより一層新鮮に楽しめるのだろうし。

メンテナンスも楽なリバティのシャツ、様々な面で重宝すると思います。
たくさんお楽しみいただけましたら幸いです。
このたびのご用命、ありがとうございました。

↓Facebookも更新中♪よろしくお願いいたします。



きょうも最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。


お帰りの前に・・・
こちら↓も click! していただけたら、とてもうれしいです。いつもありがとうございます☆

にほんブログ村
(別ウインドウで開きます)



[PR]
by mimi_bonheur | 2017-05-14 16:03 |  ├ トップス


a0181553_00074618.jpg


mimiです。
いつもお越しくださりありがとうございます。


ピンクのペルヴィアンピマ・コットンで、シンプルな丸衿のシャツをつくりました。
このひとつ前にもシャツでした。
ブランク明けのシャツのお仕立て、手慣らしはもちろんしていたものの、やはり緊張いたしました(笑)

a0181553_00074632.jpg

ご依頼のお品です。
こちらの生地のお色違い。
少しビビッドでレトロ感満載な雰囲気にキュンとしてしまいましてね。
地色のピンク以外2色しか使われていないと思えないくらい、表情豊かな素敵な生地です。

a0181553_00074651.jpg

織りが少し、変わっておりましてね。
裏側の方が、織りの感じは分かりやすいかも。

a0181553_00074488.jpg

甘すぎない丸衿です。

a0181553_16254264.jpg

台衿の釦をあけた雰囲気が好きです。

釦は少し厚みのある、メンズシャツによく使う樹脂製にしました。
ちょっぴり個性的に、ぼやっとした印象ではなく軽くスパイスの効いた小粋な感じにしたかったのです。

a0181553_00074412.jpg

裾は両脇に向かってラウンド状に弧を描くシャツテイル。
袖口は剣ボ口+ダブル釦カフスの仕様です。

a0181553_00074481.jpg

今回のご依頼主さま。スピッツがお好きでしてね(*´艸`*)
ご依頼品を手掛けるときは、いつもスピッツを聴くことにしております。
聴いたから何かが変わるというわけではないのですけれども、やはりご依頼主さまを意識しやすいのですね。
意識すると、お召しになっているイメージとか、メールでお話したこととか、思い出しやすくて
笑顔が増えるような気がするのです。

a0181553_16002616.jpg

少し前にお送りしましたが、お気に召していただけたご様子を伺い、とても嬉しかったです。
頂戴したご感想、とても嬉しかったので、一部記録させていただきます。

『いつも着る人のことを考えて縫って下さるのだなって思います。
 折伏せ縫いや前身ごろの重なる部分の模様をきちんと合わせるところとか
 既製品と比べると格段に違います。
 そういうシャツを着る幸せって他にはありません』

ご依頼主さまにとっての1着は、私にとっても個々の、かけがえのない1着にしたいのです。
たくさん縫っているうちの1着、ではなくて、
あの土地の太陽と風を感じている1着なんだなって、しっかり認識したい。
自分で縫ったものは当たり前ですが一目で分かるし、見なくても概要をお伺いすると「あ、あれね」と思い出す。
あのときあんなお話したっけ、って、ふっと思い出してクスッとしたり、ウルッとしたり。
いつまでも、脳をそういう状態に無理なく保ちながらお仕立てを続けたい、というのが私の理想です。
その意味でも端処理用ミシンを使わないという選択は私にあっているのかな、と思ったり。
手間と時間がかかる分、たくさんは縫えないし、1着に浸る時間も多くなりますしね。

これからも一つ一つ丁寧に、笑顔で進めてまいります。
レトロ感の漂う今回のシャツも、たくさんお楽しみいただけましたら幸いです。
このたびのご用命、ありがとうございました。


↓Facebookも更新中♪よろしくお願いいたします。



きょうも最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。


お帰りの前に・・・
こちら↓も click! していただけたら、とてもうれしいです。いつもありがとうございます☆

にほんブログ村
(別ウインドウで開きます)



[PR]
by mimi_bonheur | 2017-04-19 16:32 |  ├ トップス


a0181553_04223316.jpg


このところ、シャツ、続いておりますね(笑)


ご訪問ありがとうございます。


今回のシャツは、リバティ2016AWのビーナス・ヴァインズ仕立て。
網目状の弦柄です。
地色が何とも言えない素敵なブルーなのです。鮮やかでシャキッとしていて、けれどもどこか優しい青。
南仏の、プロヴァンス地方の風や香りを感じるような、なんだかそんな印象を私は持ってしまったのだけれども。

a0181553_04223489.jpg

これね、女の子が笑っているように見えませんか?
私も 「あぁ言われてみれば」 って感じだったのだけれども、だんだんそれにしか見えなくなってきましてね。
縫ってる間じゅう、何度この少女たちと目が合ったことか(笑)


丸衿のシンプルなシャツ。ご依頼のお品です。

a0181553_04223435.jpg

同じものを生地違いで、とのご用命をいただくことが最も多いアイテムのひとつです。
「いつもシャツばかりですみません」 なんておっしゃってくださるお馴染みさまもいらっしゃるのですけれども、
シャツは工程が多いうえ、細部まできっちり確認しながら縫い進めないと、
特にリバティなど柄を見るケースでは辻褄が合わなくなりますので、縫うごとに経験値や精度を上げることができます。
なのでね、私の方がお礼を申し上げたいくらい。

今回のお馴染みさまも、何着かお仕立てさせていただいておりますが、
心から楽しんでいつも素敵に着こなしてくださって、とっても嬉しい。
少し前にご紹介したニワトリ柄のシャツ もそうだったけれど、
今回のビーナス・ヴァインズも、自分用に欲しくなってしまいました。
敢えてVネックのピタッとしたセーターとかと合わせて、
クロップド丈のパンツに革のスニーカーとかローファーみたいなブリティッシュっぽいコーデ。
昨秋から気になっているのですよ。
濃色無地のシンプルトップスの衿元にスパイシーな柄を覗かせる感じね。
ゆったり肩落ちとかビッグシルエットとか、着心地も楽だし嫌いじゃないんだけど、
背が高いこともあるし、年齢的にも 「なんか似合わないかも」 と感じるようになってきて、
原点回帰じゃないけど、いわゆるトラディショナルな服装が増えてまいりましてね。
今春は20年前のトレンチを久し振りに着てみようかな~、なんて妄想中です(笑)

a0181553_04223411.jpg

ギャザーや切替などのない、本当にシンプルな形。
その分、微細なズレも目立ちます。
裁断と前立て付けが終わると、よしっっ! 8割完成♪ みたいな、個人的にはそんな感じです、このシャツ(笑)
今回の生地は連続柄で一見難しくなさそうなのだけれども、微妙に細部が異なるので、
柄の位置確認、意外と時間がかかりました(笑)
釦は黒系のシェルです。

a0181553_04223413.jpg

裾は両サイドに向かって緩やかな弧を描くシャツテイル風。
セーターの裾からちょこっと覗くと、かわいいですよね。

a0181553_04223396.jpg

袖口は剣ボ口+ダブル釦カフスの仕様です。

a0181553_04223563.jpg


少し前にお送りしましたが、お気に召していただけたご様子を伺い、とても嬉しかったです。
これまでお仕立てさせていただいたものと少しテイストが異なり、
また新たなシャツコーデを発見していただけそうな1着になったと思います。
たくさんお楽しみいただけましたら幸いです。
このたびのご用命、ありがとうございました。


↓Facebookも更新中♪よろしくお願いいたします。



きょうも最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。


お帰りの前に・・・
こちら↓も click! していただけたら、とてもうれしいです。いつもありがとうございます☆

にほんブログ村
(別ウインドウで開きます)



[PR]
by mimi_bonheur | 2017-02-19 17:20 |  ├ トップス


a0181553_22285626.jpg

早起き、確定です♪(笑)


ご訪問ありがとうございます。


これだけニワトリさん、いたらね。
賑やかで、お寝坊はできないでしょう。
のんびりなワタクシにピッタリな柄でございます。

a0181553_22285719.jpg

2016AW追加柄のジョアンナス・ファーム。
「やん、お茶目で超カワイイ☆ 来年は酉年だし、ニワトリさん、ウンウン、いいかも~(*´艸`*)」
な~んてウキウキしながら即決してしまったリバティでございます。
それでなくてもね、2016AWはツボな柄が多くて散財してしまったというのにね。

そんなお気に入りのシーズン柄で、お馴染みさまのシャツをお仕立ていたしました。

a0181553_22285680.jpg

間近で見るととってもお茶目なのだけれども、少し離れると、お色味の影響もあるのでしょうね。
ハンサムクールな印象すら感じるほど。
想像以上に小粋な仕上がりになってくれて、とっても嬉しい。

a0181553_22285772.jpg

丸衿のシンプルなシャツです。
ご希望に沿って袖丈・着丈など調整いたしております。
袖丈とか着丈とか 「この上なくピッタリ」 なモノってなかなか出会えなかったりする。
袖が短いとか長いとか、着丈も然り。
シャツがお好きな、今回のお馴染みさま。
これまで何着かおつくりしておりましてね。
既製品のシャツもたくさんお持ちとのことなのですけれども、
私がお仕立てさせていただいたシャツは 「着心地が良くて着ていて安心できる」 と仰ってくださいます。
とても嬉しいです。いつも本当に、ありがとうございます。

カッコよくスタイリッシュに、ときには女性らしくすっきりと。
1枚で決めたいシャツだからこそ、丈にはとことん拘って、
ピッタリなものをお召しになって、自信溢れるキラキラな笑顔でお過ごしいただきたいなぁって、いつも思うのです。

a0181553_22285607.jpg

既製品のシャツって、お衿にはステッチが入っていることが多いのだけれども、
個人的に、特に丸衿は、ステッチがない方が好きなのです。
なので、裏衿と表衿の大きさを調整し、ステッチを入れなくても裏衿が無理なく控えられるようにしております。

裾は両脇に向かってラウンド状に上がるシャツテイル。

a0181553_22285515.jpg

袖口は剣ボ口+ダブル釦カフスの仕様です。

a0181553_22285487.jpg

釦は正統派のシェルにしました。

a0181553_22285511.jpg

どこかハンサムで個性を感じる印象の仕上がりになりましたので、
釦もちょっぴりこだわって、厚みのあるシェルをセレクトしてみました。

a0181553_22285560.jpg

・・・って、見てもね、正面からだとあまり (というかゼンゼン)分からないのだけれども(笑)
でもね、触ると 「あっ」 って、違いがわかるのですよ。
普通のシェル(私が使っているもの)は1.5mm前後で、今回のは2.5mm。
貝殻からつくられる釦ですから、当然ながら貝殻がその厚み以上に成長しているものからしか成形できないわけです。
ここまでよく育ってくれたね~って、いつもとは異なる愛着も沸いてしまう、肉厚釦。
お召しになるご本人にしか分からない、指先で感じるちょっぴりな贅沢です。


少し前にお送りしましたが、お気に召していただけたご様子を伺い、とても嬉しかったです。
可愛らしさ、ハンサムさ、小粋さ、個性が絶妙なバランスで融合する
唯一無二の仕上がりになったと思います。
今回の1着も、たくさんお楽しみいただけましたら幸いです。
このたびのご用命、ありがとうございました。


↓Facebookも更新中♪よろしくお願いいたします。



きょうも最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。


お帰りの前に・・・
こちら↓も click! していただけたら、とてもうれしいです。いつもありがとうございます☆

にほんブログ村
(別ウインドウで開きます)



[PR]
by mimi_bonheur | 2017-02-11 16:33 |  ├ トップス


a0181553_17153431.jpg


思わず見とれてしまう、まさに息をのむ美しさです(*´艸`*)


ご訪問ありがとうございます。


リバティ・イルマのシャツ。
イルマではワンピースをおつくりする機会が圧倒的に多く、シャツは今回初めてでございます。
これまで何度となく想像していたイルマのシャツを、こうして間近に見られるなんて。

a0181553_17153520.jpg

丸衿のシンプルなシャツ。
ご依頼のお品です。
イルマに最初に出会ったのは3年以上前、限定柄での発表時でした。
デジタルプリントにより精巧に再現された、水彩タッチの緻密で柔らかなボタニカル柄。
虜になるのに寸分の時間も必要なかったなぁ。

a0181553_17153423.jpg

何度も復刻され、今でも一目置かれるリバティの人気柄です。
ほんとにね、着ていても誇らしくなり、自然と背筋が伸びてしまうほど、美しいプリントなのですよ。


シンプルな丸衿のパターンは、もともと自分用に引いたものでございます。
背高族ですから、既製品のシャツはたいてい袖も丈も短くて。
それでも 「こんなもんだ」 と思って、昔はフツーに気に入って購入していたのだけれども、
いまはね。好きな袖丈のシャツをつくれちゃうという、この幸せといったら♪
きっと、当ブログをご覧になってくださっているみなさまの中にも
「心地よい丈のシャツがない!」 という方、いらっしゃると思う。
私自身の経験ゆえ、シャツこそハンドメイドに限る。そう、常々思うのです。

丸衿が好きです。柔らかく見えるような気がするのね。
甘く見えすぎない、男性のドレスシャツのような少しきりりとした印象の衿です。

a0181553_17153598.jpg

釦はシンプルなシェルに。

a0181553_17153557.jpg

あぁシェル釦。ストックがなくなってしまったんだった。忘れないうち、早めに買い足さなくちゃ。

前身頃は柄合わせをするようにいたしております。
一部の大きな柄では、これまでの用尺では足りないケースも出てきたものだから、
最近は柄により、少し多めに生地をご準備するようにしております。
生地代のご負担が増えてしまうから申し訳ないのだけれども、
自分でお仕立てしていても気になって気持ち悪くて仕方ないし、
きっとね、ご依頼主さまも、柄がきっちりあっている方が、お召しになっていて誇らしく嬉しいと思うのです。
今回のご依頼主さまも、少し多めの生地のご準備にご理解くださり、
お陰さまで私自身、満足のいく配置ができて、とても嬉しかったです。

袖口は剣ボ口+ダブル釦カフスの仕様です。

a0181553_17153452.jpg


少し前にお送りしましたが、お気に召していただけたご様子を伺い、とても嬉しかったです。
お受け取りいただいたあとの、感激のお気持ちが伝わるご連絡に、
この生地を思い切ってお選びいただけて、また、柄合わせも綺麗にできてよかった、と
心から思いました。
ご旅行に、また、普段のお出掛けにも、たくさんお供させてくださいましたら幸いです。
このたびのご用命、ありがとうございました。


↓Facebookも更新中♪よろしくお願いいたします。



きょうも最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。


お帰りの前に・・・
こちら↓も click! していただけたら、とてもうれしいです。いつもありがとうございます☆

にほんブログ村
(別ウインドウで開きます)



[PR]
by mimi_bonheur | 2017-01-27 17:59 |  ├ トップス