Vネックワンピース navy



a0181553_22454601.jpg


mimiです。
いつもお越しくださりありがとうございます。


お袖の流れるようなフリルが素敵な、深Vネックのワンピース。
希少コットンのペルヴィアン・ピマでつくりました。
少し変わった織りの生地に載せられているプリントは、
たった2色でしかないというのが俄かに信じられないくらい。
薄いブルーグレー系の生地に、ほんと、紺とスミクロみたいな色だけでプリントされているのですよ。

a0181553_22454881.jpg

過去に、お色違いの同生地で同OPをお仕立てしました。

今回は、特に渋さとクールさが光る、落ち着いた大人の仕上がりになりました。

a0181553_22454751.jpg

ご依頼のお品です。
普段、柄の入ったお洋服はお召しにならないお馴染みさまなのですけれども、
これくらいならどうかしら? と思ってご提案に加えた生地だったので、
ご興味をお持ちくださって、最終的にお選びいただけて、とっても嬉しかったのです。

a0181553_22454616.jpg

深いV字あきの衿ぐりに、ひらひらお袖がついたような形のワンピースです。
お袖は身頃と一続きになっており、前側・肩に近い箇所のみ、部分的にギャザーを寄せております。

a0181553_22454663.jpg

このお袖の脇部分、広くあいております。
タンクトップなどと一緒に、レイヤードスタイルでお楽しみいただく仕様です。
前はフレアが多く入るので、後ろ側の方が分かりやすいかな。

a0181553_22454764.jpg

脇のあき・一番底の部分はこんな感じ。

a0181553_22454713.jpg

バスト下に切替があり、スカートにギャザーを寄せております。

a0181553_22454633.jpg

バックスタイルです。

a0181553_22454864.jpg

後ろ側の切替はウエスト位置くらいです。
前側同様、ギャザーを寄せて。

a0181553_22454702.jpg

少し前にお送りしましたが、とてもお気に召していただけて、本当に嬉しかったです。
「お気に入りのお洋服がまた1着増えました」 と。
いつも本当にありがとうございます。
キレイ目にも、カジュアルにもコーディネートしていただける1着になったと思います。
夏場のみならず、長袖のインナーやカーディガン、ジャケット等と合わせて、
長いシーズンお楽しみいただけましたら幸いです。
このたびのご用命、ありがとうございました。


↓Facebookも更新中♪よろしくお願いいたします。



きょうも最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。


お帰りの前に・・・
こちら↓も click! していただけたら、とてもうれしいです。いつもありがとうございます☆

にほんブログ村
(別ウインドウで開きます)



[PR]
# by mimi_bonheur | 2017-07-26 21:00 |  ├ ワンピースとチュニック

自転車と夕焼け。


a0181553_21314018.jpg

mimiです。
いつもお越しくださりありがとうございます。


港から臨む来島海峡大橋です。
湿度が高く、軽くもやがかかったようなとても暑い日の、19時少し前くらいかな。
幻想的な夕景に、いっとき暑さも忘れ、海風に乗る潮の香りを全身で感じながら
しばらくぼーっと眺めておりました。


自転車に乗り始めてから、以前にも増して夕景が好きになりました。
梅雨時期は雲が多かったり、もやがかかっていたりして、
そのせいか、雲や大気を味方につけた魅惑的な夕焼けに出会える機会が多くて。

a0181553_21314009.jpg

この日の夕焼けは、太陽が大きくて本当に綺麗でした。
川沿いに整備されているサイクリングロードから。
身近にこんな場所があることも、自転車に乗らなければ知らないままだったんだろうな。

a0181553_21314163.jpg

単車両の電車がちょうど通過。カワイイでしょ(笑)

a0181553_21314100.jpg

これも同じ日の夕焼け。
いえほんとに、歩道が狭い橋の上でなけりゃいつまででもぼーっと佇んでいたくなるような、
本当に綺麗な夕焼けでした。

a0181553_21422277.jpg

別の日。
このオレンジっぽい色の花が群生している場所がいくつかございましてね。
緑は多いけど花は少なめなサイクリングロードの中でも癒し系の、女子ゴコロをくすぐられる場所です。

a0181553_21423158.jpg

サイクリングロードはけっこうな距離整備されておりまして、
この日はこれまで未開拓だった東側を走りました。
河川敷のコースなので、景色が大きく変わるわけでもなく、その意味ではわりと単調なのですが、
だんだん日が落ちてくると体感的に涼しくなり、気持ちよさだけに包まれてしまうのです。
自ら切る風の音と、川のせせらぎ、鳥の囀り、虫の声。
ほんと、それだけしか聞こえなくて、
いい感じてほんのり疲れて無の感覚に近い脳に、その音だけが響いて、
ふわぁ~っとしたとてもいい気分に浸れます。

で、この日は調子に乗って遠くまで行きすぎて、帰り、ヘロヘロに疲れました(笑)


運動不足だし、ゴルフだけじゃ限定的だし、と思って足を踏み入れてみたサイクリング。
自転車もレンタルできるし、やってみて、まぁ興味があればその後も続けてもいいかもね~くらいの
本当に軽い気持ちでのスタートだったのですけれども、
こんなに小さくて軽い、かつアナログな乗り物なのに、見せて・感じさせてくれる世界は想像をはるかに超えていて
同じ二輪のバイクともまた少し違う、めっちゃ汗かいて自力で進んだぞーみたいな達成感的なものもあって
せっかくサイクリングの聖地に住んでいるのに、楽しまないなんてもったいない! と思うまでになりました。
ほんと、人生万事、塞翁が馬。

a0181553_21315785.jpg

最後のおまけ。これは自転車絡みではないのですけれども。
高層階から撮った夕景です。
気付くのが遅くて日没しちゃっておりましたが、それでもとっても綺麗でした。
この写真の範囲よりも右側だと思うのですが、この場所、肉眼ではお城がはっきり確認できるのですよ。
中心部にある観覧車も、夜になるとお城とともにライトアップされて、なかなかよい眺めなのです。

さて。
あしたはどんな夕焼けが待っているのだろう。


↓Facebookも更新中♪よろしくお願いいたします。



きょうも最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。


お帰りの前に・・・
こちら↓も click! していただけたら、とてもうれしいです。いつもありがとうございます☆

にほんブログ村
(別ウインドウで開きます)



[PR]
# by mimi_bonheur | 2017-07-24 20:13 | mimiのこと



a0181553_00062143.jpg


mimiです。
いつもお越しくださりありがとうございます。


夏になると、ちょっぴり大胆で個性的なプリント柄が恋しくなります。
今回のこの生地も、そんな私の 「夏ゴコロ」 をくすぐってくれましてね。
グリーンとブルーがあったのだけれども、少しクラシカルな印象も漂うブルーをお招きしたのです。

a0181553_00062222.jpg

先染のボーダー柄に大きな水玉柄が乗せられた、凝った印象の生地です。
表面にうっすら光沢がございましてね。
いえもうほんとにね、一目惚れ(笑)
やや想定外だったのが、想像以上に繊細 & 生地端が鬼のようにほつれやすい。
慌てて針を変え、極力そぉ~っと動かして生地端を死守いたしました(笑)

クラシカルに 「モード」 がガツンと融合したような、素敵な仕上がりになりました。

a0181553_00062036.jpg

ご依頼のお品です。
生地表面の光沢や、滲み出るようなリュクス感が写真では伝わりづらいのだけれども、
唯一無二感満載の、本当に素敵な仕上がりなのです。

上身頃、開衿・ノースリーブのワンピースです。

a0181553_00071680.jpg

前身頃に計4本のダーツが入っており、すっきり女性らしいラインに見せてくれます。
クラシカルなデザインなのだけれども 「いま」 を地で行くワンピースです。
そう感じさせる最大のポイントはお衿かなと、個人的には思います。
少し前、70年代からの開衿の製図を時系列に引いていて、初めて気付いたのだけれども、
時代により、同じ開衿でも角度や幅や長さの取り方が微妙に違うのね。
流行が巡り巡って 「これ、今着られそうじゃない!?」 って若干ウキウキしつつ袖を通してみる。
けれども着てみると 「あぁなんだかやっぱ、昭和だね」 とガックリしちゃう。
「昔」 と 「いま」 の微妙な違いって、なんだかよく分からなかったのだけれども、
開衿という1テーマでも表れちゃう時代感、あぁなるほど、「古い」と「レトロ」の違いって、こういう感じなのかぁと。

a0181553_00062145.jpg

釦、迷いましたが最終的に共布に。
このブルー系生地には、同系濃色のブルーがやはり一番合うように感じたのです。
シェル釦、ばっちり合いそうなのにね。合わせてみると 「・・・。」 なのね。ほんと、釦ってオモシロイ。

a0181553_00062196.jpg

ウエスト位置に上下身頃の切替がございます。
下スカートにはギャザーを。

a0181553_00062318.jpg

バックスタイルです。

a0181553_00062223.jpg

肩回り・ヨーク切替がございます。

a0181553_00062261.jpg

ウエスト・後ろ側のみゴムが通っております。
ほどよく緩めに、綺麗な女性らしいラインをキープしてくれます。

a0181553_00062133.jpg

透けやすい生地なので、キュプラの裏地をお付けしました。

a0181553_00062307.jpg

少し前にお送りしましたが、お気に召していただけたご様子を伺い、ホッといたしました。
涼しげで都会的な印象の、とても素敵な仕上がりで、私もお仕立てできて嬉しかったです。
川辺や海辺の、キラキラ光る水面との美しい調和が目に浮かぶようです。
この夏、涼しくお洒落に、楽しい時間をお過ごしいただけましたら幸いです。
このたびのご用命、ありがとうございました。


↓Facebookも更新中♪よろしくお願いいたします。



きょうも最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。


お帰りの前に・・・
こちら↓も click! していただけたら、とてもうれしいです。いつもありがとうございます☆

にほんブログ村
(別ウインドウで開きます)



[PR]
# by mimi_bonheur | 2017-07-21 19:54 |  ├ ワンピースとチュニック


a0181553_04431983.jpg


mimiです。
いつもお越しくださりありがとうございます。


ブラックレースに黒のコーマローンを合わせて、夏のブラウスをつくりました。
ちょっぴりガーリーなテイストも漂う、オトナの半袖ブラウスです。

a0181553_04432006.jpg

春夏になると、レース地が恋しくなります。
レース地のトップスは、必ずと言っていいほど毎年どこかのブランドさんで見かけますし、
今年の春先にも、とあるラグジュアリーブランドさんでプチサークルレースのセットアップをお見掛けして
「やん、カワイイ」 とその場から動けなくなり、店員さんに試着を強く薦められちゃったくらい。
何とかその場は我慢したけど、感化されて後日カラーレースの生地を買っちゃったり。。。笑

白のレースは間違いなく、清楚さ、美しさ、可憐さにおいて王道を征くと思うし、
イメージに違わず実際に着てみてもその通りだと思う。
それが、黒のレースになると、凛とした女性らしさというのかしら、
白のレースにはない力強さとか、芯の強さとか、官能的な美しさというか、
そういう魅力が現れてくるような気がするのですね。

a0181553_04431873.jpg

今回の黒レース、素材はコットンです。
6mmくらいの小さなサークルレースの中に、大小の水玉が規則正しく浮かんでいるような、そんな柄。
生地にほぼ万遍なく糸が通っているので、皺がほとんど分からない。
これ、暑い夏にはとっても嬉しい♪
刺繍だらけのレース地はそんな、メンテナンスが楽なところも魅力のひとつです。

a0181553_04431975.jpg

ご依頼のお品です。
ご依頼主さまのご身長を考慮し、着丈のほか、袖丈と袖口リボンの長さも微調整いたしております。
パターン上可能な範囲内にはなりますが、丈感は極力意識しています。
せっかく生地を裁つところから始めるんですもの。とことん 「ぴったり感」 には拘りたい。

少し横に広めのラウンドネック、身頃はシンプルです。
お袖は少し長めの半袖くらい。袖口のリボン結びがポイントです。

a0181553_04431942.jpg

衿ぐり見返しと袖口あき&リボンには、黒のコーマローンを使用しました。
今回のレース地はベースがローンですし、刺繍の厚みからしてもリボンを共布で取れなくはないのだけれども、
多分、無地の方がすっきりスマートに見え、かつ、可愛らしいと思うのです。

バックスタイルです。

a0181553_04432087.jpg

タックやギャザーなどのない、シンプルなスタイルです。


少し前にお送りしましたが、お気に召していただけたご様子を伺い、とても嬉しかったです。
お子さまの大切なコンクールの日にお召しになってくださるのだそうです。
特別な日にお供をさせていただけるのって、本当に嬉しい。
今回のお馴染みさまに限らず、
「旅行に」「同窓会に」「パーティーに」「コンサートに」「お出かけに」とご着用の場をお知らせいただくたび、
みなさまの笑顔にダイレクトに寄り添える 「おはりごと」 という仕事って、素敵だなぁ、幸せだなぁと感じ、心が震えます。
いつも本当にありがとうございます。
忙しい毎日も、いろんな出来事でいっぱいいっぱいなときも、
お気に入りの1着に身を包むご自身と目を合わせると、なんだかホッとする。口角が上がる。
そんなお洋服のつくり手でありたいなと思うのです。

お忙しい日々で大変なことも・・・と思いますが、
お元気で、笑顔でお過ごしになれますよう、いつもお祈りしております。
きょうもあしたもあさっても、キラキラ溢れる素敵な1日でありますように。
このたびのご用命、ありがとうございました。


↓Facebookも更新中♪よろしくお願いいたします。



きょうも最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。


お帰りの前に・・・
こちら↓も click! していただけたら、とてもうれしいです。いつもありがとうございます☆

にほんブログ村
(別ウインドウで開きます)



[PR]
# by mimi_bonheur | 2017-07-20 16:12 |  ├ トップス


a0181553_21102685.jpg


mimiです。
いつもお越しくださりありがとうございます。


赤味を抑えたマスタードのグランドカラーに白抜きの花々が散りばめられた、
控えめな可愛らしさが印象的なコットンブロードで、
シンプルなシャツをつくりました。

a0181553_21102796.jpg

写真ではやや赤味を感じますが、実際は赤味はなく、
僅かに黄緑み傾いてるかな? みたいな印象の、クールなマスタードです。
大きなお花は白抜きで、小さなお花にはほんのり薄い色付けがされていて、
愛らしいのだけれども甘すぎない、そんな雰囲気に纏まっています。

a0181553_21102873.jpg

ご依頼のお品です。
シャツのお仕立てはローン地が多いので、袋縫いですべて仕上げることが多いのですけれども、
今回はブロード。ということで、折伏せ縫いでお仕立てしました。
袋縫いが不可能というわけでもないのですが、縫い代が重なり合う部分はどうしても厚く固くなりがちなので、
同じアイテムでも、生地により縫製を変えております。

a0181553_21102868.jpg

切替などのない、シンプルな丸衿のシャツです。

a0181553_21102731.jpg

裾は両サイドに向かって上方にラウンドするシャツテイル。
裾を出してお召しになっても重たい印象になりづらいです。
上にセーターやカーデをお召しになって、ラウンドした裾をちょこっと覗かせるのも可愛らしいです。

a0181553_21102772.jpg

袖口は剣ボ口+ダブル釦カフスの仕様です。

a0181553_21102890.jpg

釦は白のシェルをセレクトしました。

a0181553_21102731.jpg


少し前にお送りしましたが、お袖の長さも丁度良いなど、
お気に召していただけたご様子を伺い、とても嬉しかったです。
前回ご依頼の折にしてくださった地元のお祭りのお話や、お送りくださったお写真を思い出しつつ、
今回も楽しく進めさせていただけましたこと、とても感謝いたしております。
たくさんお楽しみいただけましたら幸いです。
このたびのご用命、ありがとうございました。

↓Facebookも更新中♪よろしくお願いいたします。



きょうも最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。


お帰りの前に・・・
こちら↓も click! していただけたら、とてもうれしいです。いつもありがとうございます☆

にほんブログ村
(別ウインドウで開きます)



[PR]
# by mimi_bonheur | 2017-07-18 22:07 |  ├ トップス