原点

てしごとのことを綴っているブログですが、きょうは少し違います、すみません。

16年前のきょう、近畿地方で起こった大きな地震。
震災後の混乱や惨状を、毎年、この日になると思い出します。

当時、私は大阪に住んでおりましたが、神戸に住んでいる友人も多くいました。
2人の友人が亡くなり、数人と連絡が取れなくなりました。

毎年、朝5時46分が近付くと、目覚まし時計もなっていないのに目が覚めて、
そのまま黙とうのようなことをしていましたが、
今年は土日の仕事続きで少し疲れていたのか、7時まで目が覚めませんでした。
私の知人を含め、亡くなられた方々のご冥福を、その時間にお祈りできなかったことが
とても悔やまれる、1日になりました。

過ぎた時間のことを悔やんでも仕方ないので、会社からの帰りに、少しだけ
神社にお参りしてきました。

震災が、というより、震災のあとに経験したさまざまなことが、その後の私の人生の原点に
なっているように思います。
いろんなことを経験するたび、しゃんと生きなあかん、と何度も思ったものです。

アクセサリーづくりや、かぎ針の編み物や、縫い物なども、
もともと好きではありましたが、作ってどなたかに差し上げたり、お売りしたりし始めたのも
震災後のボランティア活動がきっかけです。
私が使うチャームや布の中にも、当時、ボランティア活動で使うために購入したものも
あったりして、普段はそんなことはあまり気に留めていないのですが、
ふと思い出すこともあったりします。

16年経って、時代も私の置かれている状況も私自身も大きく変わり、
当時思い描いていたような計画どおり進められなかったところもたくさんありますが、
しゃんと生きなあかんな、と、改めて思いました。

震災で亡くなられた方に、心よりお悔やみ申し上げます。

お付き合いいただき、ありがとうございました。
[PR]
by mimi_bonheur | 2011-01-17 22:00 | mimiのこと