Vネックワンピース LIBERTY/Jess and Jean

a0181553_14475357.jpg

ご訪問くださいまして、ありがとうございます。


リバティ・2014SSのジェスアンドジーンで。
a0181553_1504390.jpg
化粧品売り場のコスメで描かれているのだそうです。
真ん中に写っている鳥が、5円玉くらいの大きさ。細かいです、そして、地味にカワイイ。


こんな感じに仕上がりました。
a0181553_1543338.jpg
うしろはこう。
a0181553_15495565.jpg
布山縫製道場・YoTeCaさんにお譲りいただいたパターンです(*^^*)

実は、迷って、迷っての、購入でした。
ブログのお写真を拝見する限り、いつもの縫製でクリアできるかどうか分からなくて。
というよりむしろ、これは厳しいなぁ・・・って。
私はロックミシンを持っておりませんので、折伏せ縫いとか袋縫いとかいった方法を用いるのですけれども、
自分でパターンをつくるときはもちろん、購入したパターンを使わせていただくときも、
縫いやすいよう、かつ歪みや無理が生じないよう、パターンを調整しております。
それはつまり、調整できそうにないパターンは、扱えないということ。
このパターンをいつもの縫製で仕立てるのは厳しい、駄目かもしれないと想像はついていたのですけれども、
それでもチャレンジしてみたい!!!って、思って。

見返しの形や付け方、お袖のパターンの分解など、今の私のショボい知識をフル稼働させて
あれこれ試してみたけれど、YoTeCaさんが引かれた繊細なラインを完璧に再現させようとすると
どこかに歪みがでてしまって。
それは、皺であったり、ひらひらお袖の絶妙なカーブであったり。

最終的に、いらんことせずパターンに忠実に仕立てるべきだと。
なので、肩と脇の縫製以外は、オーバーキャストステッチで端処理です。。。


けれどもね、とても勉強になりました。今の縫製の限界を、はっきりと認識することができた。
綺麗に確実に仕立てるということを、自身の持つ設備や未熟な腕の範疇でも普通にこなしていくために、
自身の限界を知るということはとても大切なことだと思っています。
そして、そうした機会というのは意外と、出会えないものでもあります。
日々の仕立ての中ではどうしても、苦手なパターンや生地は敬遠しがちだから。
わざわざその領域に足を踏み入れなくても済むような服を、つくり続けてしまう。
でもそれだと、いま以上にはなれない。縫うのは慣れるかもしれないけれど、幅は広がらない。
幅を広げていくためには、限界を知った上で、その限界のちょこっと手前の、クリアできそうなところまでを
完璧にすべく精進する。
繰り返しチャレンジして、解決策を見付けていく。
ないものねだりをしたり、ないことを嘆いたりするのではなく、
自身の持つものの中で最高のパフォーマンスができるように考え、選び、工夫する。
そんな気付きを改めて得られたことが、とても嬉しかった。
未熟な完成品だけれども、自分にとって記念となり、そして目標ともなった1着です。
a0181553_1548399.jpg


もうひとつ、とても嬉しかったというか、ありがたかったこと。YoTeCaさんの優しいお心遣い。
縫製のことを案じているというお話をしたら、とても丁寧なお返事を頂けて。
こんな縫い方で服をつくっておりますので、心配や不安も、常々あります。
けれども、豊富な経験や知識で的確にお答えをくださって、驚きましたし、嬉しくてウルッと来ちゃいました。
届いたパターンも、YoTeCaさんが綺麗に手書きされたもの。
あまりに綺麗であったかくて、切っちゃうのが勿体なくて、手持ちの製図用紙に写しちゃいましたもん。
YoTeCaさんの綺麗なパターンは、大切にしまっておきたいと思います。
素敵なパターンをありがとうございました。


「そういえば、1着目はオーバーキャストとか使ったりしてたよね~」 なんて、
いつか笑い話になるような日が来るよう、精進しますp(^^)q"


きょうも最後までお付き合いをくださいまして、ありがとうございました。



          にほんブログ村 ハンドメイドブログ 洋服(洋裁)へ
          にほんブログ村
          にほんブログ村 ファッションブログ 手作り服へ
          にほんブログ村
[PR]
by mimi_bonheur | 2014-08-10 16:24 |  ├ ワンピース