超、端っこを縫う。

a0181553_12504833.jpg

ご訪問ありがとうございます。


 '15.11********

 当記事をご覧になっていただくにあたっては、
 以下のお願いをご理解いただき、お守りくださいますようお願いいたします。
 【こちらの記事】 も併せてお目通しただけると嬉しいです。

  ・私個人の縫製に関する記録であり、正しい方法として記したものではないことを
   ご理解ください。
 
    日々、ミシンを踏んでおりますので、
    経験を積むごとに自らの持つ技術も変わってまいります。
    記録当時と現在の進め方が異なるケースもございます。
    また、正しい情報・進め方か否かという確認をしていない情報も含まれております。
    かい離が大きい記事については、情報を追加・修正・削除することもございますが、
    それらをしていない記事もございます。ご了承くださいますようお願いいたします。

  ・個人の方がインターネット環境で閲覧し、参考にするレベルを超えてのご利用は
   ご遠慮ください。
 
    プリントアウトして第三者に配布する、ホームページ等に断りなくリンクを貼る、
    画像を含む記事の一部を無断転載するなど、なさらないようお願いいたします。

 みなさまのご理解とご協力をお願いいたします。

 ********** 




ロックミシンを使わないで服をつくっておりますため、縫い代を袋縫いやバイアスで処理することが多く、
つくった服を記事にあげる際にも処理について付記するようにしております。
a0181553_12593125.jpg
ノースリーブの袖ぐりを、共布のバイアスで包んでいる途中。
この生地は目の詰まった安定性のある綿ローン(リバティタナローン)なので、
さほど気を使わなくても綺麗に進んで行ってくれるのですが、
超端っこを縫い合わせるとき、具体的には5mm以下とか、6~7mmでもガーゼのバイアスを使うとか、
そんなときは少し気を使います。
「縫っているとどんどん生地が逃げていっちゃう」 というメッセージも、時折頂戴します。
きちんと習ったわけではないので、正しいのかどうか分からないのですが、
最近、続けて同様のメッセージをいただきましたので、端っこを縫うときの私なりの進め方を記録します。

使用している生地は綿100%のローン(リバティタナローン)です。

ひとつめは、袋縫い。
縫い代を1cm取っておりますので、端から3mmのところを外表に縫い合わせたあと、
アイロンをつかって中表に整え直し、端から6mmのところを再び縫います。
今回はローンなので、折り返しのロスを1mm考慮。
生地が厚くなれば、それに合わせてロスの分量を多く見積もるのですが、そのハナシはまた別の機会に。
a0181553_13154644.jpg
結論から言ってしまうと 「生地を斜めに進める」。
針からまっすぐ垂直の方向に定規を置いてみました。
このまままっすぐ縫うのではなく、あくまで 「端から3mm」 のところに針が落ちるよう、
手で調節しながら生地を滑らせていきます。
生地を右下から左上に進ませる、と言い切っちゃうと極端なのだけれども、
イメージとしてはそんな感じで、ほんと、指先で軽く押さえたりずらしたりする程度。
ミシンそのものはまっすぐ生地を送るようにできているのだけれども、
生地によってはそうもいかない場合もあるから、
針が正しい場所にきちんと落ちてくれるよう生地の進み具合を見ながら送り方をコントロールしております。
生地自体が少しバイアスの目に裁断されている場合、
生地の特性なのかしら、押さえの圧や布送りとの兼ね合いからなのか、よく分からないのだけれども
「縫いたい」 と思う場所が、左の方にずれていってしまうことがある。
それなら 「右側から斜めに滑り込ませちゃえばどうだ?!」 と思ったのが最初。
少し厚みのあるダブルガーゼとか、織りの甘~い生地など、
なかなかツワモノな生地たちも一部いらっしゃるのだけれども(笑)、
たいていの場合はこのやり方でうまくいきます。
外表の縫い合わせのときだけでなく、中表に返してから縫い合わせるときも、
気付いたら斜めに入れていることがよくありました。今回もね。
a0181553_13284971.jpg
ちなみに、スカートの脇線を縫っているところ。
斜めに入れなくても、まっすぐ進んでくれる程度の箇所なのですけれどもね。

こちらは少し状況が異なるのだけれども、共布バイアスでの端処理も。
a0181553_13331858.jpg
今回の生地はね、逃げるなぁ~と意識したことはないのだけれども、
それでも斜めに差し込んでおりました。もう癖になってるんだね。

袖ぐりをバイアスで包むときの縫い進め方も記録しておきます。
共布のバイアスで処理するときは、無理にのばさず、袖ぐりのカーブに忠実に針を進めます。
a0181553_14284121.jpg
針の落ちているところから3cmくらいのところまで縫う場所を整えて、
待ち針を打ってみました(普段は待ち針は使いません)。
ここまで縫います。
a0181553_13454484.jpg
待ち針の手前まで縫いました。
いったんミシンを止めて、同じように3cmくらい、縫う場所を整えます。
a0181553_13471419.jpg
整えたところにまた、待ち針を打ってみました。
ここまで縫います。
a0181553_13474599.jpg
縫いました。
a0181553_13483614.jpg
ここから先は脇の下の一番カーブが強い部分に入るので、
数針ずつ(1cmくらいかな?)同じことを繰り返していきます。
生地は整えるだけで、伸ばさないよう、少しずつね。
これを続けるとトップから2番目の写真の状態になります。
で、バイアスをくるりと返して整えて、上からステッチして、袖ぐり、完成です♪
a0181553_13512143.jpg
衿ぐりも、また、裏バイアス始末のときも、やり方は同じです。


---------------------------


お盆です。甥と姪が帰省しております。
a0181553_145399.jpg
アンパンマンも、大忙しだね。
甥は折り紙に夢中。うちじゅう 「かぶと」 だらけです。
a0181553_1473262.jpg
穴はね、パンチで甥がね。これにもハマっているんだって。フフフ。

お盆期間中(今週いっぱいくらい)、
メッセージのお返事やメールでのご連絡など、滞りがちになるかもしれません。
申し訳ありませんが、よろしくお願いいたしますm(__)m


きょうも最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。



          にほんブログ村 ハンドメイドブログ 洋服(洋裁)へ
          にほんブログ村
[PR]
by mimi_bonheur | 2015-08-11 14:51 |  ├ 縫い進め方の記録