思い。


a0181553_13512113.jpg


ご訪問ありがとうございます。


少し前、畑にまいりましたら、コスモスがまだ咲いておりました。
秋ももうすぐ終わり。
今年のコスモスもそろそろ終わりかな、と思ったら、青空の下で風に揺れるコスモスが愛おしくなりましてね。
少しだけ、摘んでまいりました。

庭のバジルや千日小坊とともに、玄関に。
余った数輪は、以前飼っていたウサギのお墓に活けました。


コスモスが風に揺れる景色が好きなので、
毎年、どこかしら 「コスモスがいっぱい咲いている場所」 に行っては
一緒に秋風を感じつつ愛でていたのだけれども、
今年の秋はそういえば、畑のコスモスしか見ておりませんでした。
いえ、いつも通る川沿いや公園や空き地の一角に、きっと変わらず咲いていたはずなのです。
だけれども、気付かず、或いは感じることなく、通り過ぎていたのかな。

感覚や、想いや、幸せに、ありのままに心に正直に、丁寧に向き合うということが
おろそかになっていた自分に気付きました。
一歩前へ、と踏み出し、ゆっくりと歯車を回しはじめて、
きしみながらも回りはじめて、毎日がキラキラ温かく感じて。
それがいつの間にか、少し油をさしてみようか、もっと順調に回転するかもしれない、という、
必要以上の欲というのかしら、 そういうものに成り代わってしまっていたように思います。
私が大切にしたいもの、こと、思い―。
それらを丁寧に見つめ切れていなかった。
綺麗な空や、逞しく可憐に咲く花々や、日々僅かに感じる「どこか気持ち悪い感覚」 は、
私にサインを送ってくれていたのに、私は感じ切れていなかった。
知らない間に独りよがりな思いに支配され、自分らしさを見失ってしまっておりました。


私が大切にしたい思い。
相手の笑顔や幸せを感じること。そして私自身も幸せを感じること。
自分が満たされているという感覚を丁寧に大切に感じ切ると、おのずと日々の平穏に感謝の気持ちが生まれます。
そして、その満たされた感覚を私に与えてくれたすべてに、ありがとうと思います。
私が心から望んでいたことは、そんな、とてもシンプルなものでした。


先日 リリーOP をご用命くださったご依頼主さまが、
お受け取りに際し、ご自身の思いを伝えてくださいました。
激動の1年を過ごされたその方は、
その変化を受け入れ、これからに目を向けようと思われて、
お気に入りの服を私に・・・と思ってくださったのだそうです。

ちぎれんばかりに吹き付ける風にも、やさしいそよ風にも、
しなやかに応じる柳のように、自分の足場に堅く立っていたい、と。

とても心に沁みました。
私も、激動だったから。

だけれども、そんな日々の中にも、必ず自分自身に気付かせてくれるサインはあって、
それを素直に丁寧に感じ取れるか、受け取れるか、それだけなんだなと思います。
自分は何を求めているのか、本当に本当に望んでいることは何なのか、
堅い殻を砕き、お掃除しても残っている幾重にも重なった薄い薄いヴェールを丁寧にめくって、
その奥にある魂のようなものを、しっかりと見つめ続けたい。
それに気付き、自分の思いを偽ることなく、背伸びすることなく、シンプルに過ごし、丁寧に感じれば
ほんわかとあったかい、本当に無重力なゼロの感覚に包まれます。
「あぁこれが、満たされているという感覚なんだ」 と思います。

日々、いろんなことが起こります。
びっくりもするし、落ち込みもするし、時には悲しいこともあるし、怒りが湧くこともある。
楽しく嬉しいことばかりじゃない。当たり前ですよね、1人で生きてるんじゃないんだから。
けれども、そんなときは、この感覚を再現しようと思います。
満たされる幸せを感じ切る感覚。
大丈夫、ぶれずに前を見つめられる。勇気を出して、正直に生きよう。


↓Facebook、はじめました♪どうぞよろしくお願いします。



きょうも最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。

お帰りの前に・・・
こちら↓も click! していただけたら、とてもうれしいです。いつもありがとうございます☆

にほんブログ村
(別ウインドウで開きます)



[PR]
by mimi_bonheur | 2016-11-17 15:12 | mimiのこと