ナンシージャケット tweed/black


a0181553_03160833.jpg


ご訪問ありがとうございます。


ほんのりボーダー柄のコットンツイードで、ナンシーちゃんをつくりました。
たくさんお仕立てしているこのジャケット。
生地が変わるたび、さまざまなお顔を見せてくれるので本当におもしろい。

今回の生地は、綿主体のツイード。
全体の印象としては薄いグレー系なのだけれども、太さの異なるオフ白×クロの糸で織られておりましてね。
見た目の印象よりもずっと柔らかく軽やかな生地です。
おそらくタテ方向に一部通っている・・・ファンシーヤーン? ネップヤーン?
なんかそんな感じの光沢のある糸が、おそらくレーヨンではないかと・・・

a0181553_03160827.jpg

反物で拝見したときには 「私のスーツにしてもいいわ♪」 くらい気に入ってしまいましてね。
品の良い、かといって畏まり過ぎない軽やかな印象の生地なのですよ。

そんな生地でお仕立てしたナンシーちゃんは、
コーディネート次第で 「よそ行きコーデ」 も叶ってしまいそうな仕上がりとなりました。

a0181553_03160926.jpg

肩まで届くような大きな衿が特徴のショートジャケット。
ご依頼のお品です。
肩が落ちるドロップショルダースタイルで、肩回りがゆったりしており、身幅も少しゆったりめ。
今回の素材は柔らかいので、カーディガンジャケットのような軽い着用感です。

お首から少し離れた位置でふわりと立つようなお衿がポイントです。
上品なかわいらしさが漂います。

a0181553_03160993.jpg

肩が落ちるような着用感です。

a0181553_03160906.jpg

袖口は伸ばしても、こんな風に折り返して手首をほっそり見せても◎。
手首が見えるくらいの長さが、個人的にはお気に入りです。

a0181553_03160946.jpg

散々迷った釦です(笑)
ひとつ前の スロウアイコート もそうだったのだけれども、
アウターは特に、釦で全体の印象が大きく左右されますから、ほんと、迷うのです。
迷わずに決まることの方が少ないかも。
このジャケット、お仕立て前に 「これかな~」 って選んでいた釦は、オフ白系でした。
軽やかな印象が出て、カジュアルダウンしやすそう、って思っていたのです。
けれども、実際に仕上がってみて、当ててみると、
「うーん。・・・なんか、軽すぎ?」 って。
春夏のカジュアル系がメインなら白でもいいのだけれども、
今回のご依頼主さまの印象や、これまでお仕立てしたお洋服、お選びいただく生地のお色目や素材感、
お話の中でイメージできるご着用シーンなどを考えると、濃色の釦の方がいいかも・・・ってね。

a0181553_03160882.jpg

少し重さが出て、通年お召しになっていただけそうな印象になったんじゃないかな。


外出時の着脱の機会も多いジャケット・コートなどは、内側の縫い代端をバイアスで処理いたしております。

a0181553_03190109.jpg

ライトグレーのバイアスで包みました。

a0181553_03160709.jpg

少し前にお送りしましたが、お気に召していただけたご様子を伺って、とても嬉しかったです。
ご着用のお写真をお送りくださいましてね(*´艸`*)
とても素敵にお召しになってくださっていて、嬉しすぎてテンションめちゃ上がりました(笑)
長く楽しみにお待ちくださいましたこと、心より感謝いたしております。
今回のジャケットも、たくさんお楽しみいただけましたら幸いです。
このたびのご用命、ありがとうございました。


↓Facebookも更新中♪よろしくお願いいたします。



きょうも最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。


お帰りの前に・・・
こちら↓も click! していただけたら、とてもうれしいです。いつもありがとうございます☆

にほんブログ村
(別ウインドウで開きます)



[PR]
by mimi_bonheur | 2017-02-05 17:15 |  ├ ジャケットとコート