フレアパンツ black


a0181553_03080722.jpg


ご訪問ありがとうございます。


ウール混紡のストレッチリネンで、フレアラインのパンツをつくりました。
妹へのプレゼントです。
「ラインとしてはガウチョっぽいパンツだよ」 と話しましたら
「ガウチョいいね~♪ 欲しい~♪ 黒がいい~♪」 と言うものですから。
妹用としてつくるのって考えてみればかなり久々で、ちょっとびっくり。ごめんなさいね。

麻特有のシャリ感がある平織の生地です。
厚みは普通地程度ですが、少し肉を感じます。
横方向に伸縮性がございましてね。ある程度の重みもあり、ハリもあり、落ち感もあり。
レーヨンやテンセルとは異なる、シャープな落ち感というのかしら。
麻のようなナチュラル感や 「くたり」感は皆無。キレイ目に装えちゃう、絶妙なバランスの生地だと思います。

a0181553_03080867.jpg

裾に向かって緩やかなフレアラインを描くパンツです。
脹脛が完全に隠れるくらいの丈にセットしました。

a0181553_03080760.jpg

腰回りのゆとりを極力削り、ウエストゴム仕様でありながらすっきりとお召しになっていただけるパンツ。
トップスをインしても野暮ったい印象になりづらい、太幅のゴムを通しております。

a0181553_03080711.jpg

両サイドにポケット付き。

a0181553_03080708.jpg

あぁ今シーズンも終わってしまった。毎年のことながら、この 「NFLロス」。しばらく続きます。。。
とはいえね、今シーズンのピッツバーク、健闘してくれましてね、
かなり長く楽しむことができました(*´艸`*)
ベン、お疲れ様です、今シーズンもワクワクをありがとう☆

ウール混ですが薄めの生地なので、防寒と透け防止のため、キュプラの裏地を付けました。
ストレッチ素材に普通の裏地を付けたら意味ないじゃん、って感じなのだけれども(笑)
まぁ今回はね、質感重視でおもて地を選びましたのでね。

a0181553_03080813.jpg

光でお色が飛んでいるわけじゃなく、チャコールグレーの裏地。
黒、切らしておりましてね(笑)
キュプラの裏地はお洗濯すると見事なまでに 「くっちゃくちゃ」 になることが多くて、
以前はご依頼品への使用を躊躇ってしまうほどでした。
ほら、キュプラの裏がつくような既製品ってたいていの場合、ドライクリーニング扱いなのですよ。
だから、くっちゃくちゃな状態を目にすることってほとんどなくて。
初めてベンベルグ(アサヒカセイさんのキュプラ裏地の商標名)の裏を付けたスカートを洗濯したときには、
まぁほんとに、めっちゃびっくりしました(笑)
えーこれ、ご依頼品には絶対ムリなレベルじゃん! みたいなね。
それでもやっぱり、自分で着ていて一番心地よいと感じるベンベルグ。
くっちゃくちゃになりますが、キュプラを用いるときは今後もベンベルグが比較的多くなると思います、スミマセン。
あ、でもね、アイロンをあてると、ちゃんと伸びます。

a0181553_03080864.jpg

半乾きくらいの状態でアイロンをあてると、裏地に限らず麻でも綿でも気持ちよく皺が伸びてくれます。
全体に軽くウエットな状態ですからスチームも必要ないですしね。
私が普段仕立てる際は、洗濯後にご指定の丈に仕上がっているかどうかを確認する必要がございますので、
ほぼ完全に乾いた状態になるまで待つのですけれども、
自分の衣類でアイロンが必要なものはたいてい、6~7割乾いたらアイロンかけちゃいます。


脹脛が完全に隠れるくらいだと綺麗じゃない? って話になって、その丈に設定したのだけれども、
妹の感想は・・・
「もう少し短くてもいいかなって感じだけど、脹脛が完全に見えなくなるくらいだからいいのかな」 だって(笑)
真夏以外はイケそうな素材感ですし、薄手で軽いですし、何てったって、楽ちん嬉しいウエストゴム。
ヘビロテさせてくださいませ。


↓Facebookも更新中♪よろしくお願いいたします。



きょうも最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。


お帰りの前に・・・
こちら↓も click! していただけたら、とてもうれしいです。いつもありがとうございます☆

にほんブログ村
(別ウインドウで開きます)



[PR]
by mimi_bonheur | 2017-02-13 14:34 | プレゼント服のこと