クロスタックのフレアスカート green×brown



a0181553_03012285.jpg


mimiです。
いつもお越しくださりありがとうございます。


スイス製のコットンボイルでのお仕立てです。
一目惚れして、触れてさらにキュンとして、即決してしまった生地。
一風変わったチェックの雰囲気も、色使いも然ることながら、
これはなんと形容したらよいのだろう。
これまで触れたことのある薄手のコットンやボイル地とは明らかに異なるとろみというか、
しっとり・くたりとした、やや重量感のあるドレープ性。
再生繊維系に似てるんだけど、リヨセルやテンセルよりは明らかに軽いんですね。
あぁやっぱり基本は綿ボイルだわ、って感じで。

a0181553_03012161.jpg

ダックスとかトラサルディとかのショーウインドウでお見掛けできそうな、
トラッドを貫きつつも、背筋を伸ばして粋に「いま」を闊歩するような、存在感のある生地だと思うのです。
なかなかお値段も素敵でしたから(笑)、着分しか購入できなかったのだけれども、
でもほんと、そんな生地に、遂に鋏を入れるときが来たんだ~ってね。
やや緊張&興奮の中での裁断でした。

a0181553_03012296.jpg

楽にキレイ目を叶えてくれる、タックの入ったフレアラインのスカート。
ご依頼のお品です。
ひとりのご依頼主さまに何着かお仕立てしていると、
「こういう柄はお好みじゃないかしら?」 とか
「もしかすると、これくらいなら挑戦してみようって思われるかも」 とか
そういう視点で生地をご提案する頻度も多くなってまいります。
今回も、ご依頼を頂いたときに、
「少し伺っていたご希望とは違うテイストだけれども、お好きなのでは・・・?」 と思って
ご提案に含めたのがこの生地だったものだから、
お選びいただけて、とっても嬉しかったのです。
いえほんと、ひとつ前にご紹介した スザンナのパンツ のお仕立て時期とも近かったですし、
テンションあがりまくりでした。

a0181553_03012145.jpg

フロント側・中心に、重なり合うようなタックが入っております。

a0181553_03012197.jpg

中縫いのボックスタックよりも、こちらの方が
気になるお腹部分をほんのりカモフラージュしてくれるような気がするのです。
真ん中以外のタックは中縫いして片側に倒しております。
タックごとに中縫いの長さやタック分量を微妙に変えて、フレアですっきりなラインが自然にでるようにしております。

a0181553_03012167.jpg

バックスタイルです。

a0181553_03012212.jpg

フロント側とあまり変わり映えしないのだけれども(笑)
後ろ側は、中心のタックは普通のボックスタック。中縫いして広がらないようにしております。

a0181553_03012228.jpg

オフホワイトのキュプラ裏地をお付けしました。

a0181553_03012280.jpg

このスカート。
実はセットアップのボトムス側でしてね(*´艸`*)
トップスはまた次回に。
合わせると、ほんと、リュクス感満載なのですよ。


↓Facebookも更新中♪よろしくお願いいたします。



きょうも最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。


お帰りの前に・・・
こちら↓も click! していただけたら、とてもうれしいです。いつもありがとうございます☆

にほんブログ村
(別ウインドウで開きます)



[PR]
by mimi_bonheur | 2017-06-22 14:07 |  ├ セットアップとか