トワイライトライド。



a0181553_02305940.jpg




mimiです。
いつもお越しくださりありがとうございます。


夕刻の、来島海峡大橋です。
「いつかやってみたいなぁ」 と思っていた 「自転車で橋を渡るぞ!」 を、ちょびっと叶えてまいりました(笑)
ほんと、ちょびっとです。
三連吊橋の一番四国側・第三大橋までの往復ね。

a0181553_17202222.jpg

夕方から夜にかけて走行する、全行程30kmくらいのツーリング。
瀬戸内海の夕焼けと橋のライトアップが楽しめる、何より、橋を渡れる~(*´艸`*)とあって、
ウキウキ度、半端ないこと言うまでもなく(笑)

しまなみ海道に精通しているインストラクターさん案内のもと、
王道から穴場まで存分に堪能してまいりました。

a0181553_17202331.jpg

尾道に自転車で行けるということをリアルに感じた道路標示。
既成事実としてアタマにインプットはされているものの、感覚的に理解はできていなかったのですね。
70km走破に臨む勇気も体力も、いまはございませんが、いつか必ず・・・!!!

そうこうしているうちに、橋が近付いてまいりました。

a0181553_17202371.jpg

ボケボケな写真なのでレタッチして遊んでみる(笑)

a0181553_17202355.jpg

ここまで緩い上りなので 「いよいよ渡るよ!」 ってころには軽く疲れていたのです(笑)
でも、陽射しのきつさが幾分和らいだこともあり、橋の上はほんと、風が気持ちよくて。
疲れはどっかに吹っ飛んで、風と景色に酔いしれながらルンルンでペダルを踏みました。
ときどき休憩もしつつ。

a0181553_02305849.jpg


造船が盛んな街です。
何年か住んだこともあるので、見慣れている(というか、さほど特別な印象がない)風景なのですけれども、
時を経て大人になって、こうして改めて見つめてみると、特異でもあり、軽く懐かしくもあり。
ちょうど夕陽が綺麗に重なって、なんだか素敵でした。

島も船もいっぱいな光景は、瀬戸内特有ではないかしら。
写真には一隻しかございませんが、大きな船が何隻も航行しておりました。

a0181553_02413153.jpg

少し時間があるとのことで、橋を降りて島さんぽ、することに。

a0181553_02413103.jpg

ここだけらしいのですけれども、エレベーターで自転車ごと橋→島に降りられるのです。
島内の 「ひみつの場所」 (笑)から対岸・四国を臨む。
左端の方からずっと自転車で、ここまで来たと聞いて、二度びっくりです。
こんな遠くまで来たんだ~‼ ってね。

a0181553_02413186.jpg

薄暗くなってきたころ、帰路につきました。

a0181553_03003209.jpg

橋から降りて帰る途中の、とある海岸で・・・

a0181553_17202128.jpg

・・・(*´艸`*)♪
分かりますか!?

a0181553_17202144.jpg

うみほたる です。
中央の、少し透明っぽい感じの丸いの、2つ。
私、多分、間近で、じかに見るのは初めてじゃないかと。暗くするとね、青くしっかり光っているのですよ。
どんどん暗くなっていくと、砂浜や波打ち際のあちらこちらに、ほのかな青いキラキラが増えていって。
ツアー最後の幻想的な青の世界に、ほんと 「うわぁ~!!!」 って、感動しちゃいました。


ほんの3時間足らずのツアーだったのですけれども、
人生観が変わってしまいそうなくらい刺激的で有意義なものでした。
単なる人生の 「一通過点」 にこの土地をやり過ごしちゃうのは惜しい、
もっと楽しもう、慈しもう、潤そう、って、感じました。


そのためにも。
いまを大切に、感謝の心で見つめ、キラキラを愛で、すべきことに真摯に向き合うこと。
やっぱりこれが基本なんだわ、と、改めて思ったりもした、7月末でした。

早くも8月で、少々びっくり。もうすぐお盆だよ。ひえー。


---------------------------------------


9月お仕立て分のご依頼受付は、8/7(月)21時ごろ開始いたします。
詳細は当日の記事でご確認くださいますようお願いいたします。
(8月と大きくは変わりません)


↓Facebookも更新中♪よろしくお願いいたします。


きょうも最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。


お帰りの前に・・・
こちら↓も click! していただけたら、とてもうれしいです。いつもありがとうございます☆

にほんブログ村
(別ウインドウで開きます)



[PR]
by mimi_bonheur | 2017-08-05 00:52 | mimiのこと