人気ブログランキング |

a0181553_16323742.jpg

淡く落ち付いたピンクの綿麻に、リバティのエロイーズを合わせてみたら、
何だか優しい雰囲気の仕上がりに。


ご訪問くださいまして、ありがとうございます。


全体はこんな感じです。
a0181553_1643496.jpg
ボートネックタイプのワンピースです。
衿ぐりやポケット、袖口にエロイーズを覗かせております。
スペックは平置きの状態で、着丈96cm、胸囲94cm、肩幅39cm、袖丈45.5cm。フリーサイズです。
素材は柔らかな質感が心地よい綿麻(麻55%・綿45%)。有輪商店さんのファブリックです。
a0181553_1643316.jpg
エロイーズはインポートタナローン(綿100%)をつかっております。


フロント側から詳細ご紹介します。
a0181553_1648144.jpg
くりが浅く、横に広いボートネックタイプ。エロイーズがちょこっと覗きます。
見返しが浮きづらく、着用時にお首の動きを妨げにくいバランスになるよう、
僅かにV字を描くネックラインにしております。
肩は生地をクロスさせたデザインです。
a0181553_16514071.jpg

身頃中程に、小さなポケットを2つ。
a0181553_1655042.jpg
共布の包み釦を縫いつけております。
ポケット上部もエロイーズがチラリ。内側もエロイーズです。
a0181553_1656855.jpg


つづいてバック側です。
a0181553_16564740.jpg
衿ぐりにエロイーズがちょこっと覗く以外は装飾のない、シンプルなスタイルです。

袖は七分丈程度。
a0181553_16574365.jpg
袖口は見返しの仕様で、エロイーズがちょこっと覗きます。
a0181553_16581231.jpg
袖口を折り返して、いっぱい見せてもかわいらしい。
a0181553_16583284.jpg



縫製につきまして、脇・袖下の縫い合わせは折伏せ縫い、裾は三つ折り縫いです。
衿ぐり見返しおよび袖付けの縫い代の端はエロイーズのバイアスで包んでおります。
a0181553_170464.jpg
近付いてみました。
a0181553_1703269.jpg

moon80さんにお送りします('14.5.5訂正しました)。



きょうも最後までお付き合いをくださいまして、ありがとうございました。






          にほんブログ村 ハンドメイドブログ 洋服(洋裁)へ
          にほんブログ村
          にほんブログ村 ファッションブログ 手作り服へ
          にほんブログ村
          にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ
          にほんブログ村
by mimi_bonheur | 2014-04-30 17:08 |  ├ ワンピースとチュニック

いとえらび、糸管理。

a0181553_19335444.jpg

チェックやストライプの生地の糸選びに迷うことがよくあります。
ブラック&ホワイトの、先染めの細かいチェック柄。さて。どの色にしよう。


ご訪問くださいまして、ありがとうございます。


端切れに、手持ちの糸の中から候補を4色、置いてみました。
a0181553_1937383.jpg
薄いグレーみたいな色が案外、馴染んだりすることもありますから。
けれども今回は・・・
a0181553_19402022.jpg
いちばん明るいグレーは浮いているし、その次のグレーは色味のトーンが微妙に違う。
ということで、手前の2種は却下。
のこるは2色。このいずれかで納得いかなければ、シャッペの色見本帳を開くことになります。
a0181553_1941991.jpg
下の色が、相性よさそう。
黒は却下。

このあと、念のため色見本を見てみましたが、バランスがすこぶる良い!というものもありませんでしたので、
今回は198に決めました。
a0181553_19441366.jpg
色見本は以前、お世話になっている知り合いの方に頂いたもの。
「古いのでよかったらあげるよ~」と仰るので、二つ返事でありがた~く頂戴いたしました(^m^)
やっぱり手元にあるととても便利。カットクロスを持って手芸店に走る必要もありませんしね。


糸の管理についてお問い合わせをいただくことがございますので、記録させていただきます。

シャッペの60番の200m巻はスレッドホルダーに置いております。
a0181553_19561190.jpg
で、60番の700m巻と薄地用(90番300m/1,000m巻)、厚地用、ジーンズステッチ糸は「お針箱」に。
ホルダーをもう1個買おうと思った時期もあるのですけれども、
針箱から糸が溢れかえっているという状況でもないですし、極端な不便も感じてもおりませんので
使用頻度の高い60番のみ、ホルダーに立てております。
本格的に服を縫い始めた当初は、この調子で糸が増えたらどうにもならないんじゃ・・・と不安でしたが、
案外増えないもので、普通地用の糸だって、60個収納できるこのホルダーで収まっちゃう。
大巻きはお針箱、ですし。
選ぶ色の好みが偏るというのも、あるのでしょうね。似たような色に統一されてきているような気がします。

ボビンはボビンケースに入れております。
a0181553_208294.jpg
上に並んでいるのが60番、一番下の段が90番。
これ以外の番手の糸は、3段目に入れることにしています。

私ね、あまり良くないかもしれないのですけれども、ボビンに巻いたあとの糸に、あまり執着がないのです。。。
ギャザーを寄せるときの下糸に使っちゃったり、仮縫いするときなんかに使っちゃったり。
糸と一緒に管理されている方が多いようなのですけれども、ボビンがいっぱい必要ですし、
ボビンを一緒に置いておくスペースを考えるのも、当初面倒に感じてしまったこともあり、
ボビンが20個を超えた頃から、糸とは別管理するようになりました。
わりと頻繁に、ボビンに残った糸を使いますので、けっこうボビンケースはガラガラです。
空のボビンを待機させているけど、フルで使ったことはないし、溜まったこともない。
残り3mくらいの糸は、ボビンから抜いて処分してしまいます・・・。
残っていても、ギャザー寄せとかするときに、いつなくなるかハラハラしながら使うのが
あまり好きではなくて。フジックスさん、ゴメンナサイ。。。

ちなみに、新しいミシンのボビンは基本カラーがグリーン。癒されます~♪

お問い合わせをくださいましたみなさま、お待たせしてしまいすみません。
長くお待ちくださいまして、ありがとうございました。



きょうも最後までお付き合いをくださいまして、ありがとうございました。






          にほんブログ村 ハンドメイドブログ 洋服(洋裁)へ
          にほんブログ村
          にほんブログ村 ファッションブログ 手作り服へ
          にほんブログ村
          にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ
          にほんブログ村
by mimi_bonheur | 2014-04-27 20:26 |  ├ ミシンとか道具とか

a0181553_1521119.jpg

お馴染みさまからのご依頼品です。
以前ご紹介したVネックワンピをご覧になり、この生地をとても気に入ってくださって。
イメージはしていたのですけれども、仕上がったのち、確認のためにスーツで試着してみると、
思わず 「ほぉ~♪素敵・・・☆」 って。ホレボレしてしまいました~(*^^*)


ご訪問くださいまして、ありがとうございます。


シンプルな七分袖のジャケットと、やはりシンプルなノースリーブワンピのセットです。
a0181553_15325681.jpg
使用した生地は綿100%のバニランで、汗が気になる季節にも気軽にお洗濯していただける素材。
皺になりづらく、またシンプルなデザインでドレスダウンもしやすいのだけれども、
一緒にお召しになると披露宴やお食事、コンサートなど少しあらたまったお席でも
品良く華やぎを添えてくれるような、素敵な仕上がりになったと思います(^m^)

ジャケットはこれまでにもご紹介したことのあるパターン。
フロントはスプリングホック留めにし、衿元には取り外し可能なグログランリボンのブローチを。
a0181553_15352796.jpg
生地の雰囲気に合わせて、袖口には柔らかいカーブを描くスリットを入れました。
折り返してもかわいらしい。
a0181553_15363792.jpg

ワンピースは、ご依頼主さまのイメージを伺って久々に製図。
a0181553_15384622.jpg
上身頃はダーツを入れてボディに沿うラインに。スカートは大人のOPらしく、少し広がるタックスカートに。
先日スタイルブックの話をしましたが、デザインを紙上に纏めるときのバランスなどをどうしようか、と
モヤモヤしたとき、助け舟を出してくれるのがスタイルブック。
衿ぐりのラインって、ちょっとの違いで雰囲気ががらりと変わってしまうから、
既製品の写真はとても参考になります。今回は角の丸いスクエアネックにしました。
a0181553_15502579.jpg
後ろコンシールファスナー開きの仕様です。
a0181553_15521998.jpg

縫い代の端はすべてバイアスで包みました。ジャケットも、ワンピも。
バイアスは必要な部分のみ使うつもりで当初進めていたのですけれども、
スーツなのに裏の縫製に統一性がないってどうよ?と、物凄く気になり始めてしまい、途中で方針転換。
やっぱり裏側も綺麗に仕上げたいですもの。
2着でバイアス17m。在庫があって良かったです。。。


少し前に、仕上がったスーツをご依頼主さまにお送りしたのですが、
気に入っていただけたご様子で、私も心からホッといたしました(*^^*)
ブログ掲載についてもご了解をくださいました。
ミシン修業などのためお休みをいただくことも快諾してくださり、とても長くお待ちくださいましたこと
心より感謝いたしております。
このたびのご用命、ありがとうございました。



きょうも最後までお付き合いをくださいまして、ありがとうございました。






          にほんブログ村 ハンドメイドブログ 洋服(洋裁)へ
          にほんブログ村
          にほんブログ村 ファッションブログ 手作り服へ
          にほんブログ村
          にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ
          にほんブログ村
by mimi_bonheur | 2014-04-22 16:25 |  └ 受付終了

a0181553_22262798.jpg

もう少し早くお持ちするつもりだったのですけれども、気付けば4月も半ばを過ぎておりました・・・^^;


ご訪問くださいまして、ありがとうございます。


久し振りのナンシーちゃんです。
a0181553_22293597.jpg
裁断はだいぶ前に済ませていたのですが、なかなか手を付けられずにいて。
今回はヨーロッパリネンで仕立ててみました。グレーにパープルを少し混ぜたような、
渋い藤色のような、そんなお色目のリネンです。
スペックは平置きの状態で、着丈50.5cm、胸囲104cm、裄丈76cm。フリーサイズです。
裄丈につきまして、後ろ衿ぐり中心~袖口まで(折らずに伸ばした状態)を計測した値を記しております。


フロント側から詳細ご紹介します。
a0181553_22344172.jpg
肩まで届くような大きな衿がポイントです。
a0181553_2234082.jpg
釦は少しデザイン性のあるダークブラウンのウッドをセレクトしました。
a0181553_22354050.jpg


つづいてバック側。
a0181553_2236027.jpg
タックなどのないシンプルな仕様です。

袖はドロップトショルダースタイルです。
a0181553_22362471.jpg
袖口は広幅の三つ折りです。
a0181553_22371611.jpg
写真は7cm程度折り返した状態。手首が見える8~9分丈くらいの長さです。
お好きな長さに折り上げてお召しになってくださいましたら幸いです。


縫製につきまして、肩・脇・袖下の縫い合わせおよび袖付け位置・見返しの縫い代の端は
すべてバイアスで包んで始末しております。
a0181553_2241228.jpg
ダークブラウンのバイアス(エステル65%・綿35%)をつかいました。
a0181553_22412321.jpg



-----------------------------


先日の父のシャツの記事、メッセージやコメントをたくさんくださりありがとうございました。
メンズシャツのお仕立てのご依頼は、申し訳ないのですけれどもお受けいたしておりません。
縫製につきましては、以前、お問い合わせを多く戴く箇所を中心に記録させていただいております。

 1.父のシャツVol.7 ドレスシャツ  印付け(ポケット)・アイロン定規・上前立て・上衿
 2.父のシャツVol.7 ドレスシャツ 袖口短冊・袖付け
 3.父のシャツVol.7 ドレスシャツ 袖下線~脇線(折伏せ縫い)・カフス

上記ドレスシャツの記事はこちらです。

 父のシャツVol.7 ドレスシャツ/typewriter 


その他お問い合わせをいただいた箇所につきましては、後日改めて記録させていただきます。
少しお待たせしてしまうかもしれませんが・・・スミマセンorz いつもありがとうございます。




きょうも最後までお付き合いをくださいまして、ありがとうございました。






          にほんブログ村 ハンドメイドブログ 洋服(洋裁)へ
         にほんブログ村

by mimi_bonheur | 2014-04-19 23:02 |  ├ ジャケットとコート

a0181553_1555284.jpg

少し前の父の誕生日にプレゼントしました。
釦ホール、今回は合格です(^^)v


ご訪問くださいまして、ありがとうございます。


これまで仕立てた3枚のドレスシャツはいずれも白無地なので、今回は綿のドビーストライプに。
a0181553_15121897.jpg
古稀には少し、派手かな、という気もしたのだけれども、でもね。
最近はネクタイをしないことが多いし、背広を脱いだスタイルだと、
これくらいはっきりした柄の方が、格好良く見えそうだし。
父に高望みしているわけではないのですけれども、やっぱり若々しいおじいちゃんでいて欲しいと思う。
a0181553_15155067.jpg
釦も、少しお洒落な感じのものをセレクトしました。
a0181553_15165830.jpg
この釦、近くの手芸店にいつも置いてあるのですけれども、
シャツの短冊に使う、ちょっぴり小さめサイズも一緒に揃っちゃう。
あまり目立たないけれど、やっぱり短冊の釦は一回り小さい方がバランスがよいように思うのです。
a0181553_15244792.jpg

ドレスシャツにはタックやポケットがないのが通例?らしいのですけれども、
やはりポケットはあると便利だし、背中にもタックが入る方が動きやすいかな、と思って、
いつもタックを入れています。
a0181553_15184259.jpg

父も気に入ってくれたようで、良かったです。


ところで、製図の勉強のために数年前より毎号購入しているスタイルブック
年4回の発行なのですが、これも20冊近く溜まるとけっこう重いし場所も取るしで大変。
けれども、誌上パターン塾とかMAKING NAVIのほかにも
裏地の製図とか、縫製方法とか、そんなネタがちょこちょこ載っていますし、
なにより一番ありがたいのが、既製品の製図を実物と較べて参考にできること。
パターン上だけではどうにも解決しないもたつきとかだぼつきとかの原因を探るのに、
やはり既製品と、その製図を見較べることはとても参考になります。
自分でパターンをひく際も、どう展開すれば同様のすっきりとしたシルエットが出るのか、とか
タックをどう取れば理想のラインが出るのか、なんていう判断もしやすいですし。

で、先日届いた初夏号を見ておりましたら 「シャツのつくり方」 が写真付きで詳しく掲載されておりました。
型紙も、製図も、それから、メンズもレディースも、キッズサイズも。
私も以前、ドレスシャツの縫製について記録させていただきましたが、
スタイルブックの解説は見やすく綺麗な写真で、製作の順を追って解説されております。
もしかするとシャツなどの製作のご参考になるかもしれません・・・




きょうも最後までお付き合いをくださいまして、ありがとうございました。






          にほんブログ村 ハンドメイドブログ 洋服(洋裁)へ
          にほんブログ村
          にほんブログ村 ファッションブログ 手作り服へ
          にほんブログ村
          にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ
          にほんブログ村
by mimi_bonheur | 2014-04-16 15:55 | メンズ服のこと

a0181553_14472430.jpg

ご訪問くださいまして、ありがとうございます。


自分用の、カシュクールワンピースです。
a0181553_14545178.jpg
背丈もスカート丈も少し長くしています。
既製品ですとウエストラインがいつも合わないので、
特にこういったジャストウエストもしくはローウエスト気味に着たいアイテムはたいてい、諦めるしかなくて。
ハンドメイドですと、こういうところだけは融通が利くので嬉しいです。

使用したのはフレンチリネンツイルのグリーン。以前プチサルをつくった生地です。
この生地もお気に入り。今回でほぼ使い切りました~(*^^*)


ペタシャムやグログランなどのリボンが好きで、あまり見かけない色目のリボンなど見付けると
ついつい収集してしまう。このグリーンのペタシャムもそうです。
なかなか使い道に巡り合えなかったのですけれども、
今回使用するリネンとお色目がピッタリ合いましたので 「ワーイ♪」とばかりに、たくさん使いました♪
a0181553_1535135.jpg
ヨーク切替位置にも。
a0181553_1542086.jpg
もちろん後ろ側も。
a0181553_1543597.jpg
使う前に水に通したのですけれども、時間が足りなかったのか、縫い込む際に伸ばし過ぎてしまったのか。
少し皺が寄ってしまいました~(^^;)エヘ。


こちらも、色目に惹かれて購入して以来、一度も出番のなかった、グリーンの接着芯。
a0181553_15121755.jpg
接着芯はいつもアピコタイプのものを使っております。
たいてい黒か白、なのですけれども、別の色が必要なこともあり、
欲しいと思ったとき何処でも見付けられるような感じの、お手軽な副資材でもないものですから、
見付けたら少しずつ購入しています。
でも、グリーンはさすがにね、本当に出番がなかった。今回初めて使えてルンルンです♪


きょうも最後までお付き合いをくださいまして、ありがとうございました。






          にほんブログ村 ハンドメイドブログ 洋服(洋裁)へ
          にほんブログ村
          にほんブログ村 ファッションブログ 手作り服へ
          にほんブログ村
          にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ
          にほんブログ村
by mimi_bonheur | 2014-04-14 15:19 |  ├ ワンピース

a0181553_1702643.jpg

昨夏ぶり、です。


ご訪問くださいまして、ありがとうございます。


お馴染みさまからのご依頼品です、ビエラソフトコットンでお仕立てしました。
どこか柔らかい印象で、控えめな品の良さも漂うファブリックです。
クールでマットなマスタードカラーが、唯一無二で素敵。
a0181553_1763842.jpg


これまで仕立てた同OPはいずれも、リネンや綿麻、綿ダンガリーなど、
どちらかというとナチュラル感・カジュアル感の強い生地でしたから、
この生地だときっと、これまでと異なる表情を見せてくれるだろうな、と楽しみではあったのですが、
イメージはしていたものの、こんなに優しい印象のアイテムに、このパターンが変身してくれるなんて、と
ただただ 「ほぉぉ~っ! ほぉぉ~っ!!」 って。
仕上げのアイロンを当てながら、ニンマリが止まりませんでした(笑)
a0181553_17111327.jpg


ミシン修業などの私的なお休みも快諾してくださり、とても長くお待ちくださいましたこと、
心より感謝いたしております。
お気に召していただけましたら幸いです。
このたびのご用命、ありがとうございました。



きょうも最後までお付き合いをくださいまして、ありがとうございました。






          にほんブログ村 ハンドメイドブログ 洋服(洋裁)へ
          にほんブログ村
          にほんブログ村 ファッションブログ 手作り服へ
          にほんブログ村
          にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ
          にほんブログ村
by mimi_bonheur | 2014-04-11 17:21 |  ├ ワンピースとチュニック

a0181553_16165022.jpg

自分用にもつくってみました。


ご訪問くださいまして、ありがとうございます。


フレンチリネンツイルのアイアンブルー。
a0181553_1623179.jpg
スミクロに藍を少し混ぜたような渋く落ち付いた色目で、
春につくるOPとしては少しトーンが低いかな・・・とも思ったのですけれども、
「このOPには、この色」 と、最初のインスピレーションに忠実に、つくってみたかったのです。

私は背が高いので、着丈も袖丈も長くしました。
a0181553_16241676.jpg
膝が隠れるくらいの丈。袖も8分丈くらいです。
後ろのインタックも、ウエストラインに合わせて長めに。
a0181553_16263826.jpg
お気に入りのデイリーウエアになりました♪


-----------------------


着用画像を、とのご要望を時折、いただきます。ありがとうございます。
1日しっかり着用したあとで思い出して撮ったものですから、容赦なくしわくちゃで・・・スミマセンorz
こんな感じです。
a0181553_1630482.jpg
身長168cm、普段はLサイズを着ることが多いです。
着丈99cm、袖丈51cmで仕立てました。


きょうも最後までお付き合いをくださいまして、ありがとうございました。






          にほんブログ村 ハンドメイドブログ 洋服(洋裁)へ
          にほんブログ村
          にほんブログ村 ファッションブログ 手作り服へ
          にほんブログ村
          にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ
          にほんブログ村
by mimi_bonheur | 2014-04-09 17:02 |  ├ ワンピース

袖付け(袋縫い) vol.2

a0181553_1634171.jpg

ご訪問くださいまして、ありがとうございます。


 '15.11********

 当記事をご覧になっていただくにあたっては、
 以下のお願いをご理解いただき、お守りくださいますようお願いいたします。
 【こちらの記事】 も併せてお目通しただけると嬉しいです。

  ・私個人の縫製に関する記録であり、正しい方法として記したものではないことを
   ご理解ください。
 
    日々、ミシンを踏んでおりますので、
    経験を積むごとに自らの持つ技術も変わってまいります。
    記録当時と現在の進め方が異なるケースもございます。
    また、正しい情報・進め方か否かという確認をしていない情報も含まれております。
    かい離が大きい記事については、情報を追加・修正・削除することもございますが、
    それらをしていない記事もございます。ご了承くださいますようお願いいたします。

  ・個人の方がインターネット環境で閲覧し、参考にするレベルを超えてのご利用は
   ご遠慮ください。
 
    プリントアウトして第三者に配布する、ホームページ等に断りなくリンクを貼る、
    画像を含む記事の一部を無断転載するなど、なさらないようお願いいたします。

 みなさまのご理解とご協力をお願いいたします。

 ********** 





前回の袖付けの記事、たくさんのメッセージやコメントをくださりありがとうございました。

「マールサシ」 につきまして、製図用品を置いている手芸店などでお取り扱いがあると思います。
1,000円くらい、だったと思います。
パターンを引く際、身頃の衿ぐりや袖ぐりを測ってから衿や袖のパターンをつくるのですが、
そのときには必ず使います。脇や袖下、け回しの長さのチェックもこれで。
端が細かいギザギザになっていて、滑らずに生地や紙を噛んでくれます。
曲線部を包むバイアスの長さを決める時にも使っております。
もうひとつ、「いせ込み」 につきまして、私は手縫いではなく粗めのピッチでミシンステッチを入れ、
下糸を引いて入れております。
袋縫いのためのいせ込みミシンを入れた場合は、外表で袖と身頃を縫い合わせたあとで糸を引き抜きます。

お問い合わせをくださいましたみなさま、ありがとうございます。



引き続き、袋縫いでの袖付けに付いて記録します (1回目の記録は 【こちら】 です)。


前回は、外表の状態で端から3~4mmのところを縫い合わせるところまで記録しました。
縫い合わせた直後は、生地端が解れて、糸がぴょんぴょん飛び出ております。
a0181553_1629217.jpg
このまま袋縫いをしますと、本縫いの縫い目の隙間から糸が飛び出し、後処理に手間がかかりますから、
縫い代の端を切り揃えます。
a0181553_16331380.jpg
飛び出た糸を生地端と一緒に1mm程度カットするようなイメージです。
縫い代が3mmくらい残るよう、少しずつ進めます。

端を切り揃えたら、アイロンで縫い代を落ち付かせます。
アイロン台の角などを使って身頃と袖の生地を綺麗に伸ばして置きます。
a0181553_16383476.jpg
袖布をかるく引っ張る感じでキセがかからないよう注意しながら、
袖側に向かってアイロンで縫い代を倒します。
a0181553_16403732.jpg
倒し終わったら、身頃と袖が中表になるよう返します。
a0181553_16414986.jpg
袋縫いの縫い目が角になるよう、アイロンで整えます。
アイロンを当てる前。
a0181553_16423937.jpg
アイロン後は縫い代が綺麗に整います。
a0181553_1645378.jpg
右袖、左袖とも、袖ぐり全体にアイロンを当てて、縫い代を整えます。
a0181553_16451727.jpg


アイロンのあと、中表の状態のまま本縫い線を縫います。
脇下の袖下点のところは、生地どうしが重なり合って分厚くなっています。
a0181553_16482548.jpg
このままですとミシンがうまく進んでくれませんので、ペンチで縫い代を潰します。
a0181553_16493716.jpg
当て布をして、ペンチで挟んで、「ふンぎゅーっっ (><)"」って。いつもしております。
ペンチは先が平らで力を入れやすければ何でもよいのです。私はこんなものを。
a0181553_16542462.jpg
昔、バドミントンのラケットのガット張りに使っていたペンチです。20年くらい前に買った年季モノ。
まさかこのペンチも、布押さえに使われるなんて思っていなかったでしょうね。
袖付け以外でも、縫い代が厚くなるところはペンチで押さえます。
カフスや台衿に釦ホールを開ける時や胸ダーツの入る服の脇を折り伏せ縫いする時、
紐やタブを取り付ける時など、先に潰しておくとミシンがスムーズに進みますので
縫い目が整い、結果的に仕上がりがよくなります。

で、縫い代を潰したあとで、脇と袖下の縫い目を合わせてピン留めします。
a0181553_16592051.jpg
端から5mmくらいのところを縫います。
a0181553_17101020.jpg
今回は綿ローンの縫製ですから、生地の折れ曲がりによるロスを1mm考慮しています。
(端から3~4mmのところで外表のミシン+ロス1mm+本縫いで5mm→縫い代1cm、の計算です)
生地の厚みや特性により、このあたりの尺の判断をしております。
袖下点より6~7cm手前から縫い始めます。力のかかる脇の下の部分を2重縫いするためです。
a0181553_17103993.jpg
写真下の方に写っているピンが袖下点です。
既製服では2重縫いしているものは見かけませんが、ハンドメイド服ですと時折見かけます。
初期は私もしていなかったのですが、ここ2年くらいは脇下のみ2重縫いするようにしております。
ぐるりと袖ぐりを縫って、縫い始めのところまで来ました。
a0181553_17153518.jpg
最初の縫い目の上に重ねるような感じで、そのまま袖下点を通過し、さらに6~7cmくらい縫います。
a0181553_1716816.jpg


袖付けが終わりました。
a0181553_17163640.jpg
おもてに返してみました。
a0181553_17171625.jpg
袖付け位置の縫い目からの糸の飛び出しも、今回はありませんでした。
はじめにピンを打っておいた袖下点も、綺麗に揃いました(^m^)
a0181553_17182952.jpg


縫い代の糸端をきちんと切り揃えても、織りの粗い生地や解れやすい生地などでは
本縫い後に糸が飛び出ることがございます。
こちらもお問い合わせをいただきました。ありがとうございます。
別アイテムですが、飛び出た例です。
a0181553_1602669.jpg
左端から中央にかけて見える直線が、肩の縫い合わせ位置、その右側が袖です。
ちょうど袖山箇所に、ぴょんと。
a0181553_1604890.jpg
こういうこともよくありますが、切り揃えないと全体にぴょんぴょん出てまいりますので、
やはり本縫い線で縫い合わせる前に切り揃えておいた方がいいと思います。

※'14.4.7 「飛び出た例」の画像2枚を、容量を下げたものに差し替えました。



きょうも最後までお付き合いをくださいまして、ありがとうございました。






          にほんブログ村 ハンドメイドブログ 洋服(洋裁)へ
          にほんブログ村
by mimi_bonheur | 2014-04-04 17:44 |  ├ 縫い進め方の記録

a0181553_17531340.jpg

きょうから4月。
「消費税率が上がるので、先々必要となるものは買っておこう」 と、
1か月くらい前から思っていたのですけれども、
生地はその時々に欲しいものをちょっとずつ揃えたいので買い溜めはしたくないですし、
化粧品とかサプリメントとかもまぁ、別にいいか・・・なんて。
のんびり過ごし、特に何も買わず。
なのに先週末になって 「あ、美容院行っておくんだった」 とか
「あ、新しいミシンのアクセサリー類買っておくんだった」 とか思い出す始末です。
順調だったのは、好天に任せてせっせと進めた生地の水通しくらいのもので。
それもとっても大事なことなんだけど。なんだかなぁ・・・


ご訪問くださいまして、ありがとうございます。


新しいミシンに慣れるべく、自分の服を縫っております。
今回はアシンメトリーなフリルの付いたワンピース。
a0181553_18132588.jpg
綿麻のセルヴィッチシャンブレーで仕立てました。
前から見ると、普通のテントラインのOPなのだけれども、うしろ側が 「お!?」 って感じ。
a0181553_1814549.jpg


せっかくかわいいセルヴィッチがあるので、どこかに活かしたいな、と思って、背中心の接ぎの縫い代に。
a0181553_18174434.jpg
ちょっぴり楽しちゃいました(^m^)
後ろのリボン結びの紐にも・・・
a0181553_18184013.jpg






きょうも最後までお付き合いをくださいまして、ありがとうございました。






          にほんブログ村 ハンドメイドブログ 洋服(洋裁)へ
          にほんブログ村
          にほんブログ村 ファッションブログ 手作り服へ
          にほんブログ村
          にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ
          にほんブログ村
by mimi_bonheur | 2014-04-01 18:21 |  ├ ワンピース