人気ブログランキング |

a0181553_17281472.jpg

ちょっぴり低めのウエスト切替にドロストデザインがかわいいワンピース。
オフホワイト×ブラックのストライプ柄コットンで。


ご訪問ありがとうございます。


ニュアンスのある細かいストライプ柄が、シャープでオトナな雰囲気を醸し出してくれました。
a0181553_181511.jpg
お馴染みさまからのご依頼のお品です。
このOPはこれまでたくさんお仕立てをしているのですが、
細いストライプ柄ではそういえば、つくったこと、なかったかも。
ご提案に含めることはあるし、実際、細いストライプとの相性もいいなぁと思っていて、
今回もね、ほら、オトナ女子に心地よい落ち着きと、ナチュラルな抜け感と、
ちょっぴりのかわいらしさがうまく融合したと思う。


衿ぐりの見返しには、コーマヴィンテージワッシャーのチャコールグレーをつかいました。
a0181553_18104530.jpg
別アイテムを裁断したあとの端切れがございましてね。
お片付けしないまま、アイロン台の 「ちょい置き棚」 にポンって置いたままだったのだけれども、
共布の見返しよりも、こっちの方がなんだか、お洒落に仕上がるんじゃないかと思って。
着ちゃうと見えない部分なのだけれども、
ハンガーにかかっているとき、締まって見える気がして好きなのです。
お洋服って、着ている時間よりも見つめている時間の方が、圧倒的に多いと思いますしね。

少し低めのウエストラインについたドロストデザインがポイントです。
お好みで、クシュッとさせて。
a0181553_18151659.jpg
スカートにはギャザーを寄せており、裾幅も結構あるのですが、
おもて側に出したドロストがギャザーをソフトに落ち着かせ、控えめな広がりをキープしてくれます。
ゆるくクシュってしたり、腰に添うくらいタイトにクシュってしたり。
小さな変化ですが、雰囲気を変えてお楽しみいただけると思います。
デニムと合わせて大人ナチュラルに、たくさんお召しになっていただけましたら嬉しいです。
長く楽しみにお待ちくださいましたこと、心より感謝いたしております。
このたびのご用命、ありがとうございました。



きょうも最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。



          にほんブログ村 ハンドメイドブログ 洋服(洋裁)へ
          にほんブログ村
by mimi_bonheur | 2015-08-30 18:56 |  ├ ワンピースとチュニック

a0181553_14274045.jpg

暑い暑いと思って過ごしていたけれど、お盆を過ぎた頃からキュ---ッとトーンダウンして、
気付けば蝉の鳴き声が消え、かわりに虫の合唱が聞こえるようになって。
夏服、つくろうと思っていたけれど、なんかもう、秋だね(笑)


ご訪問ありがとうございます。


あたらしい服は増えなかったけれど、昨夏つくったOPがけっこうあったせいか
「服がない!」 「飽きた!」 という日もなかったし、
夏前に少し服を整理して減らしていたので、新たに必要なものは何か、見直すこともできました。
いつものように、無計画に、好きなようにつくって服を増やしていたら、
きっとそういう思考回路には至らなかっただろうと思う。
増やさないことが、結果としてスタイルコンセプト構築の役に立つなんてね。


でね。
秋のストールがあるといいな、と思って、カモフラ柄のリネンガーゼでストールをつくってみたわけ。
a0181553_14535799.jpg
こちらは母に。
カモフラ=秋、ってわけじゃないのだけれども、シックなお色目のアイテムがお首周りにあるだけで
秋風と仲良くなれそうでしょ?

つくりはシンプルです。
両サイドを三つ折り縫いして、両端にフリンジをつくりました。
a0181553_14595343.jpg

私のは、こっち。
a0181553_1502039.jpg
なんだかね、秋によく着る無地のアイテムを見返してみたら、暗い色目が多くてね。
明るい色の方が使いやすそうな気がしたのです。
a0181553_1582538.jpg
リネンっていうのがね。シブイね。
装飾のないシンプルな、大人のリネンワンピが、欲しくなります。
持っていないのです、ワタクシ。そういうの。
あり得ません。 とりあえずリストに加えておこう。



きょうも最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。



          にほんブログ村 ハンドメイドブログ 洋服(洋裁)へ
          にほんブログ村
by mimi_bonheur | 2015-08-29 15:24 |  ├ ストールほか

a0181553_1753766.jpg

ご訪問ありがとうございます。


フワパフッとした裾のラインが個性的でかわいらしい、バルーンスカート。
ピュアリネン・グレースのブルーパープルで仕立てました。
a0181553_1784896.jpg
お馴染みさまからのご依頼のお品です。
少し薄手で柔らかく肌触りのよいピュアリネンに、
ブルーとパープルのローズ柄が水彩画タッチで描かれています。
ぱっと目を引く印象的なブルーですが、全体的に落ち着きある雰囲気に纏まっており、
女性らしい甘さを備えつつもどこか凛とした佇まいは唯一無二。
今回おつくりしたスカートの愛らしいラインと相まって、素敵に仕上がりました(*´艸`*)
a0181553_17133062.jpg
両脇裾の、ふんわりしたラインが印象的。
a0181553_17173630.jpg
ストンと下に落ちるので、着用すると両サイドが少し長くなります。
透けが少し気になるかも、と思いましたので、コットンの裏地をお付けしました。
a0181553_17192634.jpg


長く楽しみにお待ちくださいましたこと、心より感謝いたしております。
晩夏~仲秋まで、カーディガンなどと合わせてたくさんお楽しみいただけましたら嬉しいです。
このたびのご用命、ありがとうございました。



きょうも最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。



          にほんブログ村 ハンドメイドブログ 洋服(洋裁)へ
          にほんブログ村
by mimi_bonheur | 2015-08-27 17:31 |  ├ ボトムス

小さい服の型紙。

a0181553_22483834.jpg

甥が2歳のころにつくった、プルオーバーシャツ
なんだか、懐かしいね。


ご訪問ありがとうございます。


小さい服についてお問い合わせをいただくことがございます。
これまでUPした服の型紙はすべて、パターン本のものです。
トップのアンパンマンが、これまで一番お問い合わせが多いのだけれども、
こちらもオリジナルではなく、書籍掲載の型紙を使わせていただいております。
アレンジといっても、前立てとワッペンをつけたくらい。
縫製上の都合で、パターンに影響のない(と思われる)範囲で少しだけ調整しております。

こちらの本から。

シンプル&ちょこっとデザイン おんなの子服おとこの子服

polka drops / 日本ヴォーグ社

ポルカドロップスさんが出されているパターン本です。
プルオーバーシャツは生地を変えて、何着かつくりました。
a0181553_237463.jpg
これは100サイズでつくったもの。綿のネルでつくりました

下のパンツも、やはりポルカドロップスさんの本から。

かんたんすっきり おんなの子服おとこの子服 (Heart Warming Life Series)

ポルカドロップス / 日本ヴォーグ社

コーデュロイでつくった ほそパンツ です。サイズは100。
この2冊からは、他にもシャツやパンツなどいくつかつくりました。
いずれの本も90~130cmまでの実物大型紙がついているので、しばらくの間、楽しめます♪


一番最初に購入した本は、尾方裕司さんの、こちらでした。

小さくてもきちんとした服―ニューヨークの子ども服6か月から3歳まで

尾方 裕司 / 文化出版局

オトナ服と同じ仕立ての、本格的なシャツとジャケットが掲載されていて、
わお! って即決しちゃった本です(笑)

甥にはスモックとシャツ、パンツなどを。姪にも何着か。
a0181553_231978.jpg
ノースリーブドレスとショートブルーマーズ
a0181553_23212312.jpg
スモックとブルーマーズ
甥にたくさんつくっているスモックも、すべてこの本のパターンを使用しております。

尾方さんが出されているこの本、6か月(65cm)から3歳(100cm)までの型紙がついているのですが、
たくさんつくってみて、とても気に入りましたので、
もうちょい大きな子ども服ヴァージョンも購入しようかな、と思っております。


最近よくお問い合わせをいただく姪の服は、こちらのパターン本から。

かわいいベビーと小さな子の服 (Heart Warming Life Series)

朝井牧子 / 日本ヴォーグ社

80cm~95cmまでの、少しデザイン性のあるかわいらしいお洋服が載っています。

フリル袖ブラウス、80cm
a0181553_23314688.jpg
お問い合わせの多かったうしろリボンのノースリTU
a0181553_23324035.jpg
ドルマンなOP
a0181553_23331353.jpg
おとこの子の服もつくれます。
甥のセーラーカラーPO
a0181553_23342157.jpg



甚平ちゃんの型紙もお問い合わせを多くいただいているのですが、
こちらは雑誌のパターンです。

Cotton friend 2012夏号(6月号)Vol.43

ブティック社

最近つくった姪の甚平も。
a0181553_23385833.jpg
100サイズです。大きすぎて、今夏は見送りになりました(笑)

甥と姪、ふたりにつくるだけなので、そんなに本を持っていてもなぁ・・・というのもあり、
ご紹介したものくらいです。
サイズ感がイマイチわかっていないので、アレンジといっても大したことはできないのですが、
それでも生地を変え、ちょこっと細部をいじるだけで充分変化は楽しめますしね。
甥や姪の具体的な好みなどが出てくればまた、状況や考えも変わるのかもしれませんが、
とりあえず今はいいかな。
それにしても、1mあれば好きなモノがつくれちゃうという、子ども服の世界は純粋に興味深いです。
キャンバスが小さいので、バランスを考えるトレーニングにもなっているような気がするし、
シンプルな中に煩くない程度のオリジナリティを加えることが楽しくも思えるし。
子ども服ってオトナ服よりも (あくまで私が手掛けているオトナ服と較べて、という意味で)
自由だなぁって思うのです。
ワッペンやタグ、テープなどでポイントっていうのも、オトナ服だと 「う---ん」 って感じちゃうことが多いし。
冒険に際限を設けなくてよいというのがなんだか、心地よくも思えたり。
オトナ服だってもちろん自由でいいと思うし、むしろそうでなくちゃ、って思うのだけれども、
例えば自分がしたいと思うスタイルにその要素を取り入れる余地はあるかと自問すると、
やっぱり 「う---ん」 って思うことが多いのです。
たぶん、私自身の好みもだいぶ昔と変わってきたこともあるのだと思うのだけれども。
逆に、甥や姪につくっていて、オトナ服にもこれってアリじゃないか? と閃くことも、ね。
そういう既成に囚われない部分も、オリジナルで提案できたら、って思ったり。
もっと、自由でいいんじゃないか。もっとシンプルでいいんじゃないか。
なんとなくそんなことも、最近、考えたりしています。


お話が逸れました。
小さい服の型紙についてお問い合わせを多く頂戴しましたので、
簡単で恐縮ですが記録させていただきました。
お問い合わせをくださいましたみなさま、ありがとうございました。
もうひとつ、小さい服のオーダーにつきまして、
ブログ掲載のものは書籍掲載パターンをつかっておりますため、申し訳ないのですがお受けできません。
ご理解くださいましたら幸いです。



きょうも最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。



          にほんブログ村 ハンドメイドブログ 洋服(洋裁)へ
          にほんブログ村
by mimi_bonheur | 2015-08-23 00:39 | 小さい服のこと

a0181553_16385657.jpg

姪のお洋服をお披露目しておりましたら、
甥が 「☆☆ちゃん(=甥)も、○○ちゃん(=ワタクシ)の服が欲しいな」 って。
かわいらしいことを言ってくれるじゃないの。
そんなん言われたらね。少々バタバタしていても、よぉし! って、張り切っちゃうでしょ、ねぇ(*´艸`*)


ご訪問ありがとうございます。


もちろん、そんなことを甥が言うのは初めてです。4歳、凄いね。
甥の服もつくるつもりで、けれども8月のお仕立てが終わってから・・・と思っていたのですけれども
先に手掛けることにいたしました。
お出かけまでに揃えて、姪と一緒に 「あたらしいお洋服」 で行けたらいいなと思って、
ちょっぴり、いやけっこう頑張りました、ワタクシ。
a0181553_16481925.jpg
セーラーカラーのついた、プルオンタイプのシャツです。
ちょっぴりオトナなコットンのダンガリーストライプで、身頃を。
ネイビーのお衿はフレンチリネンワッシャーです。
胸あての端っこに付いたスナップあきを使って着脱します。
a0181553_16495363.jpg
両脇裾に、スリット。
a0181553_16535756.jpg
なんとなく、マリンなアクセントも。
a0181553_16542347.jpg
バックスタイルです。
a0181553_16545041.jpg
後ろ衿側、リネンの渋さが際立ちます。
うん。こういう感じ、好き♪
a0181553_1656860.jpg


型紙をトレースして、縫製手順を検討して、布を選んで、裁断して、芯を貼って、縫う―
1日で、完成。ふぅ、間に合った(^^)v

その翌日、甥は気に入っているかなぁと下階にまいりましたら、
「☆☆ちゃん、それは着ないの!」 と、ご機嫌ななめ。
母と妹が言うには、おそらく姪の華やかなOPのイメージで妄想していたんじゃないか、と。

え、、、甥よ。ピンクが良かったんですか???

服へのこだわり (センスという意味ではなくて) が最近、オニほど強いのだそうで
その日着るものを選ぶのだけでも毎朝大変なんだって。
へ? って思ったけれど、多かれ少なかれ、このお年頃、みんな通る道だものね。

とまぁとりあえずお気に召さなかったということで、私も軽くショックを受け、
「欲しいって言ってくれたから、○○ちゃん、頑張ったんだけどなぁ。もうつくるのやめよかな」
その日はとりあえず、別の服を着て出かけて行きました。

後日、きょうはおうちに帰るよという日。
「☆☆ちゃんきょうはこれ着る~!」 と、私のつくった服を持ってきて、
着用後。
「○○ちゃん、もう怒ってないかな、許してくれるかな」 って、ママに一言(笑)

いや、もともと怒ってないし。ちょっぴりガックリきただけなのよ。
でもきっとず---っと、気にしてくれていたんだろうね。
私をがっかりさせちゃったって、なんとなく、わかったんだろうね。
ごめんね、気遣ってくれて。いやほんと、凄いね、4歳。
a0181553_17105187.jpg
着たら、まんざらでもなさそうでした。
後ろも見たいなぁ~ って言ったら、即行。
a0181553_17125611.jpg
よく似合ってるよ。サイズもぴったりだね。

こんな小さな子に気を遣わせちゃったら、いけないよね。
ちょっぴり反省しました、ワタクシ。
これからは言葉も、ちゃんと選ばなくちゃね。伯母の心得もちょっぴり学んだ、2015・お盆でした。



きょうも最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。



          にほんブログ村 ハンドメイドブログ 洋服(洋裁)へ
          にほんブログ村
by mimi_bonheur | 2015-08-20 17:32 | 小さい服のこと

a0181553_1847314.jpg

ご訪問ありがとうございます。


ちっちゃな服、2着目です。姪のノースリーブチュニック。
こんなに小さいのに、ちゃんと綺麗なフレアなのね。
超カワイイ。おぉ~って、感動しちゃった。
何となくイメージで 「これだけあれば余裕でしょ」 と思い込み、
この生地を選んだのだけれども、
めちゃギリギリ、というか一方向裁ちはできず、プリント地なのにまさかの差し込み。
あまり目立たない花柄でよかった。
a0181553_18522264.jpg
いつどこで買ったのかしら。
「ブロード 0.7M 400円」 ってメモしてあるのだけれども、70cmに微妙に満たないしね(笑)
綿100%の、少しハリのある生地です。

これね、うしろがかわいいの。
a0181553_192877.jpg
大きくあいたお背中に、大きなリボン。
小さな子が着たら、間違いなくかわいい。
そう思ってね、けっこうルンルンで縫ったのです。急カーブの袖ぐりにもめげずに。
で、完成した翌日。
姪は気に入ってくれているのかな~と思いつつ下階に行きますと、
母と妹が 「これね~、アタマが入らないの、がんばってみたんだけど、ダメなのorz」 と。
え、そんなはずはない! と思って、状況確認後に本を見てみたらね、
リボン用の別布は、ニット ってね。
え、フツーに綿麻使ってたよ。
完全にすっ飛ばしておりました^^; そりゃ、アタマ入らんわね。スミマセンm(__)m

これはもうボツにして、新しくつくり直そう(というか、そっちの方が早い)と思ったのだけれども、
かわいらしい生地なのにもったいないよ~と言われ。まぁ、そうだよね。

で。
20cm買ってきました。ピンクのコーマスムース。
はじめからつくるのと同じくらいの時間がかかりましたが、無事お直し終了。
a0181553_19132246.jpg
ちゃんとアタマも入りました。
a0181553_19145578.jpg
アンパンマンに夢中です。テレビからもうちょっと、離れてほしいんだけどね。



きょうも最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。



          にほんブログ村 ハンドメイドブログ 洋服(洋裁)へ
          にほんブログ村
by mimi_bonheur | 2015-08-16 19:20 | 小さい服のこと

a0181553_18444073.jpg

大事にしまっていたお気に入りのローンで、姪のOPを。


ご訪問ありがとうございます。


メリーゴーラウンドみたいな花火みたいな、いや観覧車?
なんだかそんな楽しい雰囲気も感じちゃう、かわいらしくも上品なプリントの綿ローン・シャルマン。
a0181553_18575549.jpg
やわらかくて、ハリ控えめで、小さな女の子のお洋服にはぴったりなファブリックだから、
姪がもうちょっと大きくなるまで・・・と思って、とっておいていたの。


ドルマンなお袖のついたワンピースです。袖口にゴムを通して、パフッと。
a0181553_192997.jpg

衿ぐりは共布のバイアスで包んでおります。
先日記事にあげた 「端っこ縫い」 の要領でね。
a0181553_1955950.jpg

後ろ釦あきの仕様です。
a0181553_19105022.jpg
ココナツのハトメ釦を並べてみました。
a0181553_19125544.jpg
おしゃれ同盟を結んでいる割に、あまり手掛けていない、姪の服。
よちよち歩きにはちょっぴり大きかった90サイズ。80でつくった方が良かったのかな。
そのブカブカ感も、なんだか妙にカワイイお年頃。まぁいいや。来年も着ようね。


きょうも最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。



          にほんブログ村 ハンドメイドブログ 洋服(洋裁)へ
          にほんブログ村
by mimi_bonheur | 2015-08-14 19:23 | 小さい服のこと

超、端っこを縫う。

a0181553_12504833.jpg

ご訪問ありがとうございます。


 '15.11********

 当記事をご覧になっていただくにあたっては、
 以下のお願いをご理解いただき、お守りくださいますようお願いいたします。
 【こちらの記事】 も併せてお目通しただけると嬉しいです。

  ・私個人の縫製に関する記録であり、正しい方法として記したものではないことを
   ご理解ください。
 
    日々、ミシンを踏んでおりますので、
    経験を積むごとに自らの持つ技術も変わってまいります。
    記録当時と現在の進め方が異なるケースもございます。
    また、正しい情報・進め方か否かという確認をしていない情報も含まれております。
    かい離が大きい記事については、情報を追加・修正・削除することもございますが、
    それらをしていない記事もございます。ご了承くださいますようお願いいたします。

  ・個人の方がインターネット環境で閲覧し、参考にするレベルを超えてのご利用は
   ご遠慮ください。
 
    プリントアウトして第三者に配布する、ホームページ等に断りなくリンクを貼る、
    画像を含む記事の一部を無断転載するなど、なさらないようお願いいたします。

 みなさまのご理解とご協力をお願いいたします。

 ********** 




ロックミシンを使わないで服をつくっておりますため、縫い代を袋縫いやバイアスで処理することが多く、
つくった服を記事にあげる際にも処理について付記するようにしております。
a0181553_12593125.jpg
ノースリーブの袖ぐりを、共布のバイアスで包んでいる途中。
この生地は目の詰まった安定性のある綿ローン(リバティタナローン)なので、
さほど気を使わなくても綺麗に進んで行ってくれるのですが、
超端っこを縫い合わせるとき、具体的には5mm以下とか、6~7mmでもガーゼのバイアスを使うとか、
そんなときは少し気を使います。
「縫っているとどんどん生地が逃げていっちゃう」 というメッセージも、時折頂戴します。
きちんと習ったわけではないので、正しいのかどうか分からないのですが、
最近、続けて同様のメッセージをいただきましたので、端っこを縫うときの私なりの進め方を記録します。

使用している生地は綿100%のローン(リバティタナローン)です。

ひとつめは、袋縫い。
縫い代を1cm取っておりますので、端から3mmのところを外表に縫い合わせたあと、
アイロンをつかって中表に整え直し、端から6mmのところを再び縫います。
今回はローンなので、折り返しのロスを1mm考慮。
生地が厚くなれば、それに合わせてロスの分量を多く見積もるのですが、そのハナシはまた別の機会に。
a0181553_13154644.jpg
結論から言ってしまうと 「生地を斜めに進める」。
針からまっすぐ垂直の方向に定規を置いてみました。
このまままっすぐ縫うのではなく、あくまで 「端から3mm」 のところに針が落ちるよう、
手で調節しながら生地を滑らせていきます。
生地を右下から左上に進ませる、と言い切っちゃうと極端なのだけれども、
イメージとしてはそんな感じで、ほんと、指先で軽く押さえたりずらしたりする程度。
ミシンそのものはまっすぐ生地を送るようにできているのだけれども、
生地によってはそうもいかない場合もあるから、
針が正しい場所にきちんと落ちてくれるよう生地の進み具合を見ながら送り方をコントロールしております。
生地自体が少しバイアスの目に裁断されている場合、
生地の特性なのかしら、押さえの圧や布送りとの兼ね合いからなのか、よく分からないのだけれども
「縫いたい」 と思う場所が、左の方にずれていってしまうことがある。
それなら 「右側から斜めに滑り込ませちゃえばどうだ?!」 と思ったのが最初。
少し厚みのあるダブルガーゼとか、織りの甘~い生地など、
なかなかツワモノな生地たちも一部いらっしゃるのだけれども(笑)、
たいていの場合はこのやり方でうまくいきます。
外表の縫い合わせのときだけでなく、中表に返してから縫い合わせるときも、
気付いたら斜めに入れていることがよくありました。今回もね。
a0181553_13284971.jpg
ちなみに、スカートの脇線を縫っているところ。
斜めに入れなくても、まっすぐ進んでくれる程度の箇所なのですけれどもね。

こちらは少し状況が異なるのだけれども、共布バイアスでの端処理も。
a0181553_13331858.jpg
今回の生地はね、逃げるなぁ~と意識したことはないのだけれども、
それでも斜めに差し込んでおりました。もう癖になってるんだね。

袖ぐりをバイアスで包むときの縫い進め方も記録しておきます。
共布のバイアスで処理するときは、無理にのばさず、袖ぐりのカーブに忠実に針を進めます。
a0181553_14284121.jpg
針の落ちているところから3cmくらいのところまで縫う場所を整えて、
待ち針を打ってみました(普段は待ち針は使いません)。
ここまで縫います。
a0181553_13454484.jpg
待ち針の手前まで縫いました。
いったんミシンを止めて、同じように3cmくらい、縫う場所を整えます。
a0181553_13471419.jpg
整えたところにまた、待ち針を打ってみました。
ここまで縫います。
a0181553_13474599.jpg
縫いました。
a0181553_13483614.jpg
ここから先は脇の下の一番カーブが強い部分に入るので、
数針ずつ(1cmくらいかな?)同じことを繰り返していきます。
生地は整えるだけで、伸ばさないよう、少しずつね。
これを続けるとトップから2番目の写真の状態になります。
で、バイアスをくるりと返して整えて、上からステッチして、袖ぐり、完成です♪
a0181553_13512143.jpg
衿ぐりも、また、裏バイアス始末のときも、やり方は同じです。


---------------------------


お盆です。甥と姪が帰省しております。
a0181553_145399.jpg
アンパンマンも、大忙しだね。
甥は折り紙に夢中。うちじゅう 「かぶと」 だらけです。
a0181553_1473262.jpg
穴はね、パンチで甥がね。これにもハマっているんだって。フフフ。

お盆期間中(今週いっぱいくらい)、
メッセージのお返事やメールでのご連絡など、滞りがちになるかもしれません。
申し訳ありませんが、よろしくお願いいたしますm(__)m


きょうも最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。



          にほんブログ村 ハンドメイドブログ 洋服(洋裁)へ
          にほんブログ村
by mimi_bonheur | 2015-08-11 14:51 |  ├ 縫い進め方の記録

a0181553_1842538.jpg

ご訪問ありがとうございます。


国産のローンレースで、ノースリーブのワンピースをつくりました。
お馴染みさまからのご依頼品です。
ピュアホワイトのローン地に、甘さをおさえた控えめな刺繍が規則正しく施されています。
おもてと裏を 「あれ?」 って、間違っちゃいそうになるくらい、裏側も綺麗。
a0181553_1882268.jpg

やっぱり、白レースのOPは、潔くて素敵。
a0181553_18152926.jpg
角を丸くしたスクエア型の衿ぐりが特徴の、シンプルなワンピースです。
上半身はボディにやさしく添い、スカートは程よくふわり。
そんなデザイン。
今夏、さんざん迷って結局買わなかった純白のOPがあったのだけれども、
このOPお仕立てしているうち、やっぱり白OP、欲しいなぁ・・・って思いが復活しちゃったくらい。
どうせなら、買うんじゃなく、つくろう、と。
いえ、前々から 「つくりたい」 と思っているOPのパターンがあって、それをレース地で、って思って
生地も準備してあったりするのです。
そうなのね、ただ進んでいないだけなのね。今夏じゅうにできるのかしら、私のレースのOP。。。

ウエストには、薄い水色のサテンリボンをお付けしています。
手芸屋さんに行くと、もうワントーン薄い水色と、この水色とあって、
ん~どっちがいいかなと迷っていたら、
お店のスタッフさんや、居合わせたお客さま (もちろん、初対面の方ばかり) が
いつの間にか加わってくださって、選ぶの、手伝ってくださいました(笑)
私ひとりじゃ、きっと決め切れなかったと思う。
偶然の出会いとアドヴァイスに、心から感謝です(*^^*)
a0181553_18302418.jpg
スカート部分だけ、綿ローンの裏地を。
a0181553_1830552.jpg

後ろはコンシールファスナーあきです。
a0181553_18314439.jpg

レース地でOPをつくる機会というのはあまりなく、特に今回は清楚な純白のレースで、
長いお馴染みさまからのご依頼ということもあり、ブログ掲載のご許可をいただくことにいたしました。
長くお待ちくださり、また快く承諾してくださいましたこと、心より感謝いたしております。
素敵な夏をお過ごしいただけましたら嬉しいです。
このたびのご用命、ありがとうございました。


--------------------------


9月お仕立て予定のオーダー受付につきまして、
予定数に達しましたため、8月6日にクローズさせていただきました。
9月のお洋服の生地選び。今からとても楽しみです♪
いつも本当に、ありがとうございます。



きょうも最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。



          にほんブログ村 ハンドメイドブログ 洋服(洋裁)へ
          にほんブログ村
by mimi_bonheur | 2015-08-07 18:41 |  ├ ワンピースとチュニック

a0181553_2223883.jpg

ご訪問ありがとうございます。


ランダムなピンタックを身頃全体に配したプルオーバーをつくっています。
最近だと こちら
今回はね、地模様がさりげなくお洒落な綿麻のヘリンボン。ご依頼のお品です。
長方形にカットした生地を、前身頃用と後ろ身頃用に2枚用意して、
それぞれにしるしをつけ、5mm幅のタックを無心に縫い縫い。
a0181553_2232511.jpg
タックの幅が狂わないようにゆっくり進めて、アイロンで生地を整えたところ。
このあと、身頃の形に裁断して、服のカタチにしていきます。

生地のご提案をするときに、仕上がりの感じはある程度予想しているから、
こんな感じになるだろうなぁ~ っていうイメージはできているのだけれども、
それでもやはり、実際に仕上がっていくのを見るのはいつも新鮮です。
イメージだけでは気付かなかった、生地の新たな魅力を見つけちゃうこともあるし。
今回も、タックを入れてみたら、鈍い艶にかすかな凹凸が生まれることで、
表情が増した気がするの(*^^*)
この生地を候補に入れて、良かった♪ って、思える瞬間です。

---------------------------


9月お仕立て分のオーダー受付を、きょう(8/3)より開始いたしました。
お受けできる着数が限られておりますため、早々にクローズさせていただく場合がございます。
お問い合わせ、お申込みはこちら→message formよりお願いいたします。
いつも本当にありがとうございます。

※'15.8.6
9月お仕立て分のオーダー受付は、いっぱいになりましたのでクローズさせていただきました。
心より感謝申し上げます。ありがとうございました。



きょうも最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。



          にほんブログ村 ハンドメイドブログ 洋服(洋裁)へ
          にほんブログ村
by mimi_bonheur | 2015-08-03 22:56 | そのほかのこと