久し振りに

a0181553_14175184.jpg

自分の服をつくりました。
以前ご紹介したことのある、ウエストにあるラウンド状の切替がデザインポイントのシンプルワンピ。
最近、このアイテムのオーダーを頂いた際、補正を加えてほしいとのご要望も頂戴しましたので、
パターンを引き直したのですが、そのパターンの確認のために試作していたものです。
結局、補正を加えたパターンでは納得がいかず、再度引き直して本番には臨んだのですけれどもね。
やっぱり試作してみてよかった。。。

生地は綿麻混紡のシャンブレーで、明るめのグリーンカラー。
ちょうどこのアイテムを自分用にもつくりたいなと思って、前々から準備していた生地なので、
ちょうどよい機会でした。
これからの季節、薄手の綿麻は気持ちの良い素材。ヘビロテの予感です。

------------------------

きょうでゴールデンウィークも終わり。皆様いかが過ごされましたか?
私は、後半に突入するや否や「目ぱちこ」が悪化してしまい、大変不細工なお顔に・・・(涙)
とてもお外には出られません。いい天気なのにな。

散々な連休でしたが、いいことも♪
a0181553_14553343.jpg
連休に入る前に戴いた「リップブラシ」。
こんな素敵なブラシを拝見するのは初めてのことで、
ちょうど新調したいと思っていたところでしたので、ダブルで感激してしまいました。
ルージュをひくときに、鏡に映ってキラキラして。エヘッ♪



きょうも最後までお付き合いをいただきまして、ありがとうございました。
[PR]
# by mimi_bonheur | 2012-05-06 15:14 |  ├ ワンピース

a0181553_07768.jpg

久し振りの更新になってしまいました。メッセージをくださいましたみなさま、ありがとうございます。
先日の爆弾低気圧には本当にびっくりいたしました。窓を閉めておりましても風の音が聞こえ、
時折家が揺れるような突風もあり、自宅の2階でミシンを踏んでおりました私は、
オズの魔法使いのように家が飛ばされるのでは、なんてちょっぴり不安になったりして・・・

数日ほど、テーブルファブリックをせっせと縫っておりました。
a0181553_0181835.jpg
高校時代の友人へのプレゼントです。
いろいろな柄のリバティで、とのご要望をいただいておりましたので、いろいろと考えた挙句、
パッチワークのようなボーダーアクセントを加えた、シンプルなデザインにようやく落ち着きました。
トップの写真はプレースマットなのですが、このマットに使用しているリバティを使って
パッチワークボーダーをつくり、一緒に使用したときに統一感がでるように。
ブレックファストやランチ、ティータイムには華やかな方がいいけれども、
ディナータイムは落ち着いた色目の方がいいかなと思いましたので、リバーシブル仕様にしました。
a0181553_0381730.jpg

日頃はほとんど服ばかり縫っておりますし、元来小物系は苦手としておりますので、
服を仕立てるよりも時間がかかってしまい、自信もあまりないのですが、
ひとまず形になりホッとしております。

ご依頼をいただいたのは2月のことですから、2カ月もお待たせしてしまったことになります。
ゆっくりでいいよ、と気遣ってくれた彼女の優しい気持ちに、少し甘え過ぎてしまいました。
お待ちいただいただけのキラキラを、彼女が感じてくれるととても嬉しい・・・そんな風に思いながら
針を進めておりますと、自然と口角が上がり、ほっこりした気持ちになったりして、
あぁこういうのって、いいなぁ・・・って、改めて感じたり。
こうしたキラキラなひとときのお手伝いができるアイテムをつくるのも、いいものですね。


きょうも最後までお付き合いをくださいまして、ありがとうございました。
[PR]
# by mimi_bonheur | 2012-04-07 00:06 | 小物のこと

a0181553_1711106.jpg

庭の山茱萸(サンシュユ)の黄色い蕾が目立ち始めると、あぁ春が近いんだなぁと感じます。
今年は冷え込みが厳しかったものですから特に、なんだかホッとした気持ちになります。

春の柔らかい陽射しの下で、思いっきり背伸びをするイメージのアイテムをつくりたくなり、
生成り色のハーフリネンをつかって、シャツをつくってみました。
a0181553_17165470.jpg
去年かおととしの春ごろに、日本のあるブランドで似た形のシャツが発表されておりまして、
それは台衿のないフラットカラーのアイテムだったのですけれども、お日さまや空気と
仲良しになれそうな白いそのシャツの雰囲気が素敵だなぁと感じ、スクラップをしておりました。
似た形のパターンに巡り合えて「わーい!」って感じです。
スペックは平置きの状態で、着丈68cm、胸囲およそ120cm、袖丈65cm、M~Lサイズ相当です。
袖丈につきまして、このアイテムはラグランスリーブで、肩線にあたる部分の台衿の付け根から
袖先までを採寸した値を記しております。
私にはほんの少し短いのですが、普通の方が着用されますと、手首まで隠れる
長袖の丈になると思います。

前身頃と後ろ身頃にはそれぞれギャザーを寄せていて、着心地はゆったりとしております。
a0181553_1725960.jpg
上の写真がフロント側、下の写真がバック側です。

衿はスキッパータイプになっており、胸元にあるひとつ釦を閉じて着用していただくデザインです。
途中で止まる前立てには、リネンのテープを縫いつけて少しアクセントに。
そのテープの雰囲気に合わせ、釦も文字入りのココナツ釦にしてみました。
a0181553_17312813.jpg


袖はラグランスリーブです。
a0181553_17395662.jpg
ちょうど二の腕のあたりで切り替え、少しギャザーをよせてあります。
袖口は開きがあるタイプです。
a0181553_17422599.jpg
写真では閉じた状態ですが、カフスの釦を外してお召しいただいても
軽やかで良いのではないかと思います。

ご紹介したシャツは近いうちにお持ちします。

---------------------------

ところで、気付いてくださった方もいらっしゃるかもしれないのですが、
少し前から、洋服に付けさせていただいているタグのパターンを変えました。
こういう雰囲気、好きなのです。
a0181553_17482996.jpg
テープ自体はかなり以前に購入したもので、もう何の目的で買い求めたのかすら忘れてしまい、
ずっとお蔵入りしたままでした。
テープとして使うには薄手で頼りない感じなのですが、タグとして使うにはもってこいの薄さと織目。
そのテープに合うように、ゴム印をつくっていただきました。
これまでは自作の消しゴムはんこでしたから、自分のハンコ、ちょっぴり嬉しかったりもして。


きょうも最後までお付き合いをいただきまして、ありがとうございました。
[PR]
# by mimi_bonheur | 2012-03-05 18:11 |  └ 受付終了

ネックレス5点

a0181553_21431093.jpg

少し前に、アクセサリーを何点かつくったのですがその際、チャームを眺めながら
ちょっぴり閃いたデザインがありましたので、そのうちのいくつかを形にしてみました。

いずれもネックレスです。1つめは "half-hunter" です。
a0181553_2234424.jpg
窓付きの蓋がついた懐中時計のチャームをつかったネックレスです。
ケースの直径がおよそ4cmあり、存在感たっぷり。蓋のフィリグリー模様も綺麗なのですが、
裏側やボウの部分にも細かい彫り模様が施されており素敵です。
その時計の上で、少し色目の明るいアンティークゴールドの小鳥のチャームがゆらゆら揺れます。
ちょっぴり春を意識して、コードの片側にケミカルレースをあしらってみました。
ケース上部に竜頭があり、その竜頭を押すとふたが開きます。

懐中時計のチャームをつかったものはもう1点あります。こちらは "fob watch" です。
a0181553_22242819.jpg
蓋の王冠の模様が目を引く懐中時計。
ケースの大きさはおよそ2.5cmと、ひとつ前にご紹介したものより小さめです。
ちいさなかわいらしい時計の雰囲気に合わせて、木の実のケミカルレースと小さめのキーチャームを
あしらってみました。

懐中時計はご紹介した2点とも共通するのですが、
チャームとして販売されていたものを購入しておりますため、通常の時計についているような
「保証書」の類はもともと付いておりません。
私がネックレスに仕上げた時点では、きちんと動くことを確認しておりますが、
電池の消耗や経年劣化などにより動かなくなる可能性もございます。
(電池の消耗を防ぐため、竜頭はあげた状態にしてあります)
購入したお店のお話では、電池交換はいずれも可能とのことですので、
その際はお手数ですが専門店にご相談ください。

つづいて3つめ。"phial & key" です。
a0181553_2237181.jpg
チャームの小瓶は委託先さんで見つけたもの。高さがおよそ2cmの、とってもちいさなガラス瓶です。
あまりにかわいらしかったので、思わず購入してしまいました。
その小瓶の中に、パープルのガラスビーズとお花の形をしたケミカルレースモチーフ、
明るいアンティークゴールドのキーチャームを閉じ込めました。
小瓶だけでは少し物足りなかったので、鍵のプリントが施されたレザータグと、やはり小さな
フィリグリーチャームをゆらゆらさせてみました。

ここまでご紹介した3点とも、コードはダークブラウンのスエード調コードを使用しております。
長さはおよそ100cm。お好みの長さに蝶々結びをして装着していただくスタイルにいたしました。
a0181553_2250505.jpg


4つめは "number pin 167" です。
a0181553_22361773.jpg
ピンの形のチャームに、丸いレザータグと小さなキーチャーム。少しシンプルに仕上げてみました。
ピンの長さはおよそ7cm、リアルレザーのコードの長さはおよそ73cmです。

さいご、5つめは "spoon & fork" です。
a0181553_2250285.jpg
スプーンとフォークの形のチャームに、レザータグと木の実のケミカルレースを合わせております。
こちらもリアルレザーのコードをつかっているのですが、
そのコードとレザータグを、リネンのレース糸で結んで固定しております。
スプーンとフォークのチャームの長さはいずれもおよそ5cm、コードの長さはおよそ78cmです。

-------------------------

きょうは、4年に1度の2月29日。
4年前のきょうはどんなだったかな・・・と少し思い出してみました。
その頃はまだ体調が芳しくなく、それでもかなり快復をして、日々のウォーキングや週3日程度のバイトも
こなせるようになり、ようやく気持ち的にも元気になりかけていた頃でした。
3月から新しい会社で契約社員として働けることになり、多少安堵しながらも、
フルタイムでの仕事をこなせるかどうかという不安でいっぱいでした。

あれから1,400日以上経ったんだなぁと思うと、なんだか不思議な気がいたします。


Happy moments, happy days, happy life.

随分昔のことですが、友人が私に贈ってくれた言葉です。
キラキラな時間がキラキラな日々をつくり、キラキラな人生となる。
私はそう解釈しております。素敵な言葉だなと思います。
小さな幸せとか、小さなわーいって、それほど一生懸命探そうとしなくても、案外あるものだと思います。
上を見ればもちろん、きりはないのですが、求めるもののハードルを自分レベルに引き下げる勇気が
あるかどうかだと思うのです。

The true secret of happiness lies in taking a genuine interest
in all details of daily life.
ウィリアム・モリスの言葉です。
本当にその通り、小さなこと、ものに目を向け、
すべてにおいて純粋に感動したり、意欲を沸かせたり、わーいって思ったり・・・
そんなことの繰り返しが、幸せって感じることに一番、近づけるのだと思います。
そう感じられないのは、どこかで自分に合わない基準や価値観のラインを設定してしまってて、
気付かないうちに、純粋になれない自分にしてしまっているから。
世間体とか、自分の思う「常識」とか、プライドとか。
それらが自分にとって、本当に正しい基準なのかということもよく解らなくなって、
分不相応なハードルを理想ととらえ、維持しようと無理をしたり、出来なくて悩んだり落ち込んだり。
4年前の私にも、取り去る勇気はありませんでした。どこかで高いものを望んでいたと思います。
というより、それまでのあらゆることのレベルを下げるなんて絶対イヤ!という、ある種傲慢な欲も
あったのだと思います。

今思えばまったく恥ずかしい限りで、まだまだ青かったなぁ、私・・・と思うのですが、
それは時間が経った今だからこそ初めて思えるわけで、やはり今そう思うようになったのは
過去の青かった私の存在があったからこそ。
どんな昔でも今の自分を形成させるに必要なネジだったんだなと改めて思います。
過去への反省は未来への戒めを生みますし、過去の悲しみは未来の笑顔に繋がる。
そう思うと、どんなことでも乗り越えられるような気がいたします。
きっと、今の悲しみや辛さを笑って思い出せるような日がやってくる。今の自分がそうであるように。

次の2月29日は、どんな日になっているのだろう。何を考え、どう過ごしているのだろう。
分からないけれど、等身大のキラキラに幸せを感じられる、平凡だけれどもほっこりな1,460日を
積み重ねて行けるといいな、なんて思っております。
そうすればきっと、次の2月29日もキラキラな1日になると思うから。

みなさまの次の2月29日も、キラキラで溢れた素敵な1日となりますように・・・。



きょうも最後までお付き合いをいただきまして、ありがとうございました。
[PR]
# by mimi_bonheur | 2012-02-29 23:56 | mimiのこと

a0181553_1857418.jpg

スモッキングデザインのチュニックワンピース。
「スモッキング」についてお問い合わせをいただくことが多いのですが、
普通の生地に糸を使って皺を寄せ、規則的な凹凸模様を作りだす技法で、私がご紹介している
アイテムは、普通の生地に私が手縫い糸で刺して作っております。
使用させていただいているパターンに予めスモッキング刺繍をする位置が示されておりまして、
そのしるしの通りに刺していくと出来上がります。
しるし付けはちょっぴり時間がかかってしまうのですが、刺していくこと自体は難しいものではなく、
スポーツ観戦中など手持無沙汰な時にちょうどよい手仕事になるものですから、
時折作っております。
きのう、きょうとご紹介しているものは、プレーオフやプロボウル(いずれもNFL)観戦中に
ちくちく刺していたものです。

そのスモッキングデザインのアイテム。
きのうのパープルカラーに引き続き、きょうは淡いグレーカラーのご紹介です。

全体はこんな感じです。
a0181553_19165485.jpg
身頃上部にスモッキング刺繍を施した、七分袖のチュニックワンピースです。
今回使用した生地は、コットン100%のスラブシャンブレー。淡いグレーカラーのお色目です。
スペックは平置きの状態で、着丈85cm、胸囲99cm~、肩幅47cm、袖丈40.5cm。
Lサイズで仕立てております。
胸囲につきまして、自然な状態で平面に置いて採寸をしておりますので、実際にはもう少し
ゆとりがあります。
また、肩幅が少し広めなのは、このアイテム自体が少し肩の下がったドロップトスリーブになって
いるためでして、それにより肩幅が広くなっております。実際に着用しますと七分袖程度になります。
a0181553_19252481.jpg
ドロップトスリーブは肩周りが広くゆったりしておりますので、腕が動かしやすいと思います。

フロント・バックそれぞれの身頃上部にはスモッキング。
a0181553_19212049.jpg
この写真ですと少し色が識別しにくいのですが、今回はグレーの糸で行っております。
この記事のトップに持ってきた、少し大きな写真ですと、糸の色目が分かりやすいと思います。
ヨーク部分は上端・下端とも、端から1mm程度のところにステッチを入れております。
そのヨーク部分の見返しは、今回も縫いしろを内側に折り込みました。
a0181553_19311521.jpg


袖口は三つ折り縫いのノーマルな仕様です。
a0181553_19285586.jpg
裾も袖口と同様、三つ折りして縫っております。

ご紹介した箇所以外の縫い代は、前後身頃の肩の縫い合わせのみ折伏せ縫いで、
それ以外は袋縫いで行いました。

このチュニックワンピは、きのうご紹介したパープルカラーのものと一緒にきょうお持ちしてきました。


きょうもお付き合いをいただきまして、ありがとうございました。
[PR]
# by mimi_bonheur | 2012-02-12 19:49 |  ├ ワンピースとチュニック